過負荷とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 負荷 > 過負荷の意味・解説 

か‐ふか〔クワ‐〕【過負荷】

読み方:かふか

機械の可動部電気回路電子回路などに許容以上の負荷加わる状態。また、その負荷


負荷

(過負荷 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 06:58 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

負荷(ふか)

  • 人が、任務や責任を自ら負うこと。負担。英語のdutyに相当。
  • 物体の動きと接触によって起こる各種の物性値物理量の変化。転じて、それをもたらすおよびエネルギー。英語のloadに相当。負荷が過大にかかった状態や、その数値的評価を「過負荷」と呼ぶ。
  • 電力において、電源に対して、電力を消費する側。負荷回路。electrical load。
    • 電気回路において、電力を消費する回路あるいは素子の呼称(例: 抵抗器)。
      • 負荷インピーダンス ⇒ 入力インピーダンス
      • 負荷 - 電気回路のための測定の仕組みのひとつ。負荷装置とも。一定の電流値を設定し、電源などの動作チェックに用いる。
  • コンピュータにおいて、動作時間を占有するプログラム。または、プログラムによる占有時の、コンピュータの処理能力が低下した状態。
  • 統計における指標・数値。以下は一例。

関連項目



過負荷(マイナス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 02:59 UTC 版)

めだかボックス」の記事における「過負荷(マイナス)」の解説

欠点にしかならない特異な才能わかりやすく言えば害にしかならないような特殊能力。過負荷はいわばマイナスの利点であり、めだかのような能力完成させても無意味で、むしろ完成させればさせるほど負荷増大させてしまう。「殺人衝動のような欠点たり得る異常性との違いは、異常性持ち主はそのスキル意志制御しているのに対し、過負荷の持ち主制御するつもりがないこと。年月とともに過負荷がマイナス成長遂げ、過負荷は増大していく。異常性違い後天的発現するスキルなので、環境状況によって性質決まる。

※この「過負荷(マイナス)」の解説は、「めだかボックス」の解説の一部です。
「過負荷(マイナス)」を含む「めだかボックス」の記事については、「めだかボックス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「過負荷」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「過負荷」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



過負荷と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

過負荷のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



過負荷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの負荷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのめだかボックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS