マイナス成長とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > マーケティング > 成長 > マイナス成長の意味・解説 

マイナス成長(まいなすせいちょう)

国内総生産 (GDP) が前期比べ減少すること

経済成長率は、国内総生産 (GDP) の伸び率として定義される。したがって、GDP増えることをプラス成長といい、反対にGDPが減ることをマイナス成長という。

例えば、500兆円だった国内総生産510兆円に増えれば、2%プラス成長となる。反対に490兆円に減れば、2%のマイナス成長だ。通常は、これら名目成長率から、物価変動分などを差し引いた実質成長率が主に使われている。

予算作成する政府は、国内総生産 (GDP) の総額増やすことをひとつの目安として、経済政策を進めている。高度経済成長期の頃には10%台の経済成長率記録し、ほとんどすべての年度でプラス成長実現している。マイナス成長となった例外は、1974年度の石油危機オイルショック)のあおりを受けたときと、1998年度の不況のときだけだ。

小泉首相は、構造改革にともなうマイナス成長も覚悟する必要がある主張して首相就任した。しかし、周辺には、マイナス成長だけは避けるべきだと考え抵抗勢力があることも事実で、これから進める構造改革船出予想以上に難しくなりそうだ。

関連キーワード「GDP

(2001.06.13更新


マイナス成長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/27 16:03 UTC 版)

マイナス成長(マイナスせいちょう)とは、経済学に於ける用語専門用語)の一つである。




「マイナス成長」の続きの解説一覧



マイナス成長と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「マイナス成長」に関係したコラム

  • CFDのココア取引とは

    ココアは、カカオ豆から作られる食品です。チョコレートもカカオ豆から作られます。カカオの生産は、赤道の南緯20度、および、北緯20度以内の高温多湿な地域で栽培されます。カカオの主な生産地域は西アフリカや...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マイナス成長」の関連用語

マイナス成長のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マイナス成長のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマイナス成長 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS