参考文献とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 文献 > 参考文献の意味・解説 

さんこう‐ぶんけん〔サンカウ‐〕【参考文献】

調査・研究などの参考資料にする書物など。


参考文献

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 19:42 UTC 版)

参考文献(さんこうぶんけん、: reference, works cited, bibliography など)とは、記事書籍・学術論文執筆など、著述を行う際に参考にした図書や文献、新聞記事、またはその書誌事項を記したもの。参考や引用を行った出所を出典(しゅってん、: source, citation)という。


  1. ^ CiNii. “論文詳細表示画面の使い方”. CiNii マニュアル. 2020年3月6日閲覧。
  2. ^ Howard 2012, pp. 199–220.
  3. ^ 村上 2019, pp. 31–79.
  4. ^ 村上 2019, pp. 167–182.


「参考文献」の続きの解説一覧

参考文献(参照文献)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 22:06 UTC 版)

論文執筆にあたって参照した文献論文最後に一覧として明記されている必要がある引用した場合脚注の覧にページ数まで記すが、参考文献の場合は必ずしも要求されない脚注引用参照した文献をすべて明記することで、参考文献の一覧を設けない場合もあるが、脚注執筆用いた文献明記されている場合でも、参考文献リストがついていた方親切である

※この「参考文献(参照文献)」の解説は、「論文」の解説の一部です。» 「論文」の概要を見る


参考文献(参照文献)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 22:06 UTC 版)

論文執筆にあたって参照した文献論文最後に一覧として明記されている必要がある引用した場合脚注の覧にページ数まで記すが、参考文献の場合は必ずしも要求されない脚注引用参照した文献をすべて明記することで、参考文献の一覧を設けない場合もあるが、脚注執筆用いた文献明記されている場合でも、参考文献リストがついていた方親切である

※この「参考文献(参照文献)」の解説は、「論文」の解説の一部です。» 「論文」の概要を見る


参考文献(書籍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 14:11 UTC 版)

Ahmed, Sami Said (2018). Southern Mesopotamia in the time of Ashurbanipal. Walter de Gruyter GmbH & Co KG. .mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg")right 0.1em center/12px no-repeat}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}ISBN 978-3111033587. https://books.google.com/?id=ibF6DwAAQBAJ&dq=Sin-apla-iddina (『アッシュルバニパル時代南部メソポタミア』(著:サミ・セッド・アーメド、ウォルター・ド・グルーター出版ドイツ)、2018年)) Brinkman, John A. (1973). “Sennacherib's Babylonian Problem: An Interpretation”. Journal of Cuneiform Studies 25 (2): 89–95. doi:10.2307/1359421. JSTOR 1359421. (『楔形文字研究誌』第25第2冊1973年シカゴ大学出版)p.89~95収録されている『センナケリブバビロニア問題:その解釈』(著:ジョン・A・ブリンクマン)) Dubovský, Peter (2006). Hezekiah and the Assyrian Spies: Reconstruction of the Neo-Assyrian Intelligence Services and Its Significance for 2 Kings 18-19. Gregorian & Biblical Press. ISBN 978-8876533525. https://books.google.com/?id=hVEJ07Vl8oEC&pg=PA141&lpg=PA141&dq=ahat+abisa#v=onepage (『ヒゼキヤアッシリアスパイ新アッシリア帝国情報機関再建と列王記下第1819章における意義』(著:ピーター・ドゥボフスキー、2006年グレゴリアン聖書出版)) Elayi, Josette (2017). Sargon II, King of Assyria. SBL Press. ISBN 978-1628371772. https://books.google.com/?id=TsctDwAAQBAJ&pg=PP1&dq=%22Sargon+II%22#v=onepage (『アッシリア王サルゴン2世』(著:ジョゼット・Elayi、2017年聖書文学学会米国)) Frahm, Eckart (2003). “New sources for Sennacherib's "first campaign"”. Isimu 6: 129–164. https://www.academia.edu/1011924. (ISIMU(マドリード自治大学古代中東エジプト専門誌第6号2003年)p.129-164に収録されている『センナケリブ最初の軍事遠征に関する新たな史料』(著:エッカート・フラーム)) Frahm, Eckart (2008). “The Great City: Nineveh in the Age of Sennacherib”. Journal of the Canadian Society for Mesopotamian Studies 3: 13–20. https://www.academia.edu/1011995. (「カナダメソポタミア研究協会誌第3巻2008年)p.13-20に収録されている『偉大な都市センナケリブ時代ニネヴェ』(著:エッカート・フラーム)) Frahm, Eckart (2014). “Family Matters: Psychohistorical Reflections on Sennacherib and His Times”. In Kalimi, Isaac. Sennacherib at the Gates of Jerusalem: Story, History and Historiography. Leiden: Brill. ISBN 978-9004265615. https://books.google.com/?id=bF_bAgAAQBAJ&dq=esarhaddon+%22paranoid%22 (『エルサレムの門におけるセンナケリブ物語歴史編纂』(著:アイザック・カミリ、セス・リチャードソン(Seth Richardson)、2014年ブリル出版オランダ))収録されている『家族に関すること:センナケリブその時代について、心理歴史学考察』(著:エッカート・フラーム)) Harmanşah, Ömür (2013). Cities and the Shaping of Memory in the Ancient Near East. Cambridge University Press. ISBN 978-1107533745. https://books.google.com/?id=hzQgAwAAQBAJ&pg=PA120&lpg=PA120&dq=sin-ahhi-eriba#v=onepage (『古代近東における都市記憶形成』(著:オマー・ハーマンサー、2013年ケンブリッジ大学出版)) Healy, Mark (1991). The Ancient Assyrians. Osprey. ISBN 1-85532-163-7 (『古代アッシリア人』(著:マーク・ヘンリー1991年オスプレイ出版英語版脚注では米国ニューヨークとしているが、英国オックスフォード)) Holloway, Steven W. (2003). “The Quest for Sargon, Pul and Tiglath-Pileser in the Nineteenth Century”. In Chavalas, Mark W.. Mesopotamia and the Bible. A&C Black. ISBN 978-0567082312. https://books.google.com/?id=60fmNZQzwjYC&pg=PA68&dq=Dynasty+of+Tiglath-Pileser#v=onepage (『メソポタミア聖書』(著:マーク・チャヴァラス、2003年A&Cブラック社英国))収録されている『19世紀におけるサルゴンプルティグラト・ピレセル探索』(著:スティーブン・ホロウェイ) Hurowitz, Victor Avigdor (2010). “Name Midrashim and Word Plays on Names in Akkadian Historical Writings”. In Horowitz, Wayne. A woman of valor: Jerusalem Ancient Near Eastern Studies in Honor of Joan Goodnick Westenholz. CSIC Press. ISBN 978-8400091330. https://books.google.se/books?id=Wz5yupgO6cUC&pg=PA93&lpg=PA93&dq=%C5%A0arru-ukin+the+king+is+legitimate&source=bl&ots=S2UjCtDnw6&sig=ACfU3U0LbwAIhXW3YiE7b-otdvG_BDiRcA&hl=sv&sa=X&ved=2ahUKEwi1tIDC88LnAhUEpIsKHQ4PCYUQ6AEwAHoECAkQAQ#v=onepage&q=%C5%A0arru-ukin%20the%20king%20is%20legitimate&f=false (『勇敢な女性エルサレム古代近東研究 ~ ジョアン・グッドニック・ウェステンホルツに捧ぐ』(著:ウェイン・ホロウィッツ、2010年科学研究高等評議会出版スペイン))収録されている『アッカド歴史的文書中の人名におけるミドラーシュ奥義と言遊び』(著:ヴィクター・アヴィグドール・ハーヴィッツ)) Jakubiak, Krzysztof (2004). “Some remarks on Sargon II's eighth campaign of 714 BC”. Iranica Antiqua 39: 191–202. doi:10.2143/IA.39.0.503895. https://www.researchgate.net/publication/250134176. (学術誌古代イラン』(第39号2004年ベルギー)p.191-202に収録されている『紀元前714年サルゴン2世第8回軍事遠征についての所見見解』(著:クリストフ・ヤクビアク)) Karlsson, Mattias (2017). Assyrian Royal Titulary in Babylonia. https://www.semanticscholar.org/paper/Assyrian-Royal-Titulary-in-Babylonia-Karlsson/2cfd46ae324d0804179abf4092c92569ae485500?navId=references. (『アッシリアによるバビロニア王位戴冠』(著:マティアス・カールソン、2017年論文インターネット上確認可能)) Luckenbill, Daniel David (1924). The Annals of Sennacherib. University of Chicago Press. https://oi.uchicago.edu/sites/oi.uchicago.edu/files/uploads/shared/docs/oip2.pdf (『センナケリブ年代記』(シカゴ大学オリエント研究所刊行物 第2巻)(著:ダニエル・デーヴィッド・ラッケンビル、シカゴ大学出版1924年)) Luckenbill, Daniel David (1927). Ancient Records of Assyria and Babylonia Volume 2: Historical Records of Assyria From Sargon to the End. University of Chicago Press. https://oi.uchicago.edu/research/publications/misc/ancient-records-assyria-and-babylonia-volume-2-historical-records-assyria (『アッシリアとバビロニア古代の記録第2巻サルゴンから滅亡までの期間におけるアッシリア史料』(著:ダニエル・デーヴィッド・ラッケンビル、1927年シカゴ大学出版)) Melville, Sarah C. (2016). The Campaigns of Sargon II, King of Assyria, 721–705 B.C.. University of Oklahoma Press. ISBN 978-0806154039. https://books.google.com/?id=tGe2DAAAQBAJ&pg=PA209&lpg=PA209&dq=Ahat-abisha#v=onepage (『アッシリア王サルゴン2世軍事遠征紀元前721~705年)』(著:サラ・C・メルヴィル2016年オクラホマ大学出版)) Parker, Bradley J. (2011). “The Construction and Performance of Kingship in the Neo-Assyrian Empire”. Journal of Anthropological Research 67 (3): 357–386. doi:10.3998/jar.0521004.0067.303. JSTOR 41303323. (『文化人類学研究誌』第67第3分冊2011年シカゴ大学)p.357-386に収録されている『新アッシリア帝国における王権の確立功績』(著:ブラッドレイ・J・パーカー)) Radner, Karen (2010). “The stele of Sargon II of Assyria at Kition: A focus for an emerging Cypriot identity?”. In Rollinger, Robert. Interkulturalität in der Alten Welt: Vorderasien, Hellas, Ägypten und die vielfältigen Ebenen des Kontakts. Harrassowitz Verlag. ISBN 978-3447061711. https://www.academia.edu/444981/2010_The_stele_of_Sargon_II_of_Assyria_at_Kition_A_focus_for_an_emerging_Cypriot_identity_In_R._Rollinger_et_al._ed._Interkulturalit%C3%A4t_in_der_Alten_Welt_Vorderasien_Hellas_%C3%84gypten_und_die_vielf%C3%A4ltigen_Ebenen_des_Kontakts._Philippika_34_Wiesbaden_2010_429-449 (『古代近東・ギリシア・エジプトにおける異文化間相互作用及び様々なレベルでの接触』(著:ロバート・ローリンジャー、2010年、ハラソヴィッツ社(ドイツ)に収録されている『キティオン島におけるアッシリア王サルゴン2世石碑キプロスのアイデンティティの出現焦点を当てる』(著:カレン・ラドナー)) Van Der Spek, R. (1977). “The struggle of king Sargon II of Assyria against the Chaldaean Merodach-Baladan (710-707 B.C.)”. JEOL 25: 56–66. https://www.academia.edu/857590. (古代アジア・エジプト協会年報東洋の光」第25号(1977年)p.56-66に収録されている『アッシリア王サルゴン2世カルデアのメロダク・バルアダンの戦い紀元前710707年)』(著:ロバルタス・ヨハネス・ファン・デル・スペック)

※この「参考文献(書籍)」の解説は、「サルゴン2世」の解説の一部です。» 「サルゴン2世」の概要を見る


参考文献(Web)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 14:11 UTC 版)

Mark, Joshua J. (2014年). “Sargonid Dynasty”. Ancient History Encyclopedia. 2019年12月9日閲覧。 (『サルゴン王朝』(著:ジョシュア・J・マーク古代史百科事典)) Mark, Joshua J. (2014年). “Sargon II”. Ancient History Encyclopedia. 2020年2月9日閲覧。 (『サルゴン2世』(著:ジョシュア・J・マーク古代史百科事典)) Radner, Karen (2012年). “Sargon II, king of Assyria (721-705 BC)”. Assyrian empire builders. 2020年2月9日閲覧。 (『アッシリア王サルゴン2世紀元前721~705年)』(著:カレン・ラドナー、ウェブサイトアッシリア帝国建国者たち」(ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン))

※この「参考文献(Web)」の解説は、「サルゴン2世」の解説の一部です。» 「サルゴン2世」の概要を見る


参考文献(ニュース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 14:11 UTC 版)

Romey, Kristin (2016年11月10日). “Iconic Ancient Sites Ravaged in ISIS's Last Stand in Iraq”. National Geographic. https://www.nationalgeographic.com/news/2016/11/iraq-mosul-isis-nimrud-khorsabad-archaeology/ 2020年2月9日閲覧。 (『イラクにおけるISIS最後の抵抗により破壊された古代遺跡』(著:クリスティン・ローメイ、ナショナルジオグラフィック))

※この「参考文献(ニュース)」の解説は、「サルゴン2世」の解説の一部です。» 「サルゴン2世」の概要を見る


参考文献(Web)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 19:41 UTC 版)

Esarhaddon”. Encyclopaedia Britannica. 2019年11月22日閲覧。(『エサルハドンブリタニカ百科事典Mark, Joshua J. (2014年). “Esarhaddon”. Ancient History Encyclopedia. 2019年11月23日閲覧。(『エサルハドン』(「古代史百科事典」に収録記事ジョシュア・J・マークによる)) Parpola, Simo (1980年). “The Murderer of Sennacherib”. Gateways to Babylon. 2019年12月14日閲覧。(『センナケリブ殺害者』(シモ・パラポラ))

※この「参考文献(Web)」の解説は、「アルダ・ムリッシ」の解説の一部です。» 「アルダ・ムリッシ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

参考文献

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 06:00 UTC 版)

名詞

参考文献さんこうぶんけん

  1. 何かをするにあたって参考された文献
  2. 参考にしうる文献情報知識がまとめられ文献

類義語

語義1

語義2


「参考文献」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



参考文献と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

参考文献のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



参考文献のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの参考文献 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの論文 (改訂履歴)、論文 (改訂履歴)、サルゴン2世 (改訂履歴)、サルゴン2世 (改訂履歴)、サルゴン2世 (改訂履歴)、アルダ・ムリッシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの参考文献 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS