オポチュニティとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > オポチュニティの意味・解説 

オポチュニティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/14 03:23 UTC 版)

オポチュニティ (Opportunity)、正式名称マーズ・エクスプロレーション・ローバーB (Mars Exploration Rover B, MER-B)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) の火星探査車で、マーズ・エクスプロレーション・ローバープログラムで使用された2台の探査車のうちの2号機である。2004年1月25日午前5時5分 (UTC) に、火星メリディアニ平原に無事着陸した。このちょうど3週間前には1号機のスピリットが平原の反対側に着陸していた。これらの探査車の名前は、NASAが主催した学生のエッセイコンテストで最優秀賞を取った9歳の女の子の案によるものである。




  1. ^ “Jun. 21, 2013-Jun. 24, 2013: Opportunity Exceeds 37 Kilometers of Odometry!”. JPL. (2013年6月24日). http://marsrovers.jpl.nasa.gov/mission/status_opportunityAll.html#sol3345 2013年7月6日閲覧。 
  2. ^ a b “NASAの火星探査車、地球外での最高走行記録を塗り替え”. マイナビニュース. (2014年7月31日). http://news.mynavi.jp/news/2014/07/31/315/ 2014年8月30日閲覧。 
  3. ^ “火星に新たな水の痕跡、米探査車オポチュニティーが発見”. ロイター. (2014年1月24日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYEA0N04V20140124 2014年2月18日閲覧。 
  4. ^ “10周年を迎えた火星探査車オポチュニティ”. アストロアーツ. (2014年1月27日). http://www.astroarts.co.jp/news/2014/01/27opportunity/index-j.shtml 2014年2月18日閲覧。 
  5. ^ a b “NASAが約2億キロ離れた火星探査機のフラッシュメモリを遠隔でフォーマットする予定”. GIGAZINE. (2014年9月2日). http://gigazine.net/news/20140902-nasa-format-opportunity-flash/ 2014年10月12日閲覧。 
  6. ^ “NASA's Opportunity Mars Rover Finishes Marathon, Clocks in at Just Over 11 Years”. NASA. (2015年3月24日). http://www.nasa.gov/press/2015/march/nasas-opportunity-mars-rover-finishes-marathon-clocks-in-at-just-over-11-years/ 2015年5月3日閲覧。 
  7. ^ “動かなくなった火星探査機にNASAが毎日送っている、珠玉の目覚まし曲プレイリスト”. ギズモード. (2018年8月19日). https://www.gizmodo.jp/2018/08/plaaylist-for-opportunity-wakeup.html 2018年8月22日閲覧。 
  8. ^ “砂嵐に巻き込まれた火星探査ローバー「オポチュニティ」、残電圧低下の試練に直面”. Engadget. (2018年6月14日). https://japanese.engadget.com/2018/06/14/opportunity-mars-storm/ 2018年8月22日閲覧。 
  9. ^ NASA's Opportunity Rover Logs 15 Years on Mars” (英語). NASA (2019年1月24日). 2019年1月27日閲覧。


「オポチュニティ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オポチュニティ」の関連用語

オポチュニティのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オポチュニティのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオポチュニティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS