アポロ10号とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > アポロ10号の意味・解説 

アポロ10号

分類:宇宙飛行


名称:アポロ10号(Apollo 10)
小分類:アポロ計画
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1969年5月18日
帰還年月日:1969年5月26日
打ち上げロケット:サターンV
宇宙飛行士:トーマス・P・スタフォード/ジョン・W・ヤング/ユージン・A・サーナン
飛行時間:192時間3分23
国際標識番号:1969043A

アポロ10号では、月着陸のための最終的飛行テスト本番さながら行われました。トーマス・P・スタフォードユージン・A・サーナン月着陸船乗りこんで、月軌道上をまわりながら「静かの海」の月面から1万4447mのところまで近づいていきました。
司令船に戻る準備をしかけたとき、スイッチ設定ミスから異常事態がおきて、月着陸船激し揺れにみまわれましたが、二人宇宙飛行士のみごとな操縦大事故をまぬがれました。そのトラブルおかげで月着陸船耐久性と優秀な性能証明される結果となりました。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能持っているの?
アポロ宇宙船司令船と機械船から構成されています。司令船は円錐形をした居住カプセルで、全長3.23m、底辺直径3.91m、重量5.56tです。円筒形機械船は司令船に酸素電力供給したり、推進ロケット役割をする部分です。全長7.37m、直径3.91m、重量23.2tになりますまた、月着陸船全長7m、重量15.1tで、「上昇段」と「降下段」の2段に分かれ構造をしています。月面から離陸するときに切り離され、上昇段だけで飛び立つ仕組みです。


2.ロケットはどんな形をして、どのような性能持っているの?
サターンVロケットは3段式の液体燃料ロケットで、宇宙船をふくめた全長が111m、重量は2941tです。第1段に推力694tのエンジンが5基、第2段に推力93tのエンジンが5基、第3段に推力93tのエンジンが1基ついています。


3.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
第1段、第2段の推力で第3段とアポロ宇宙船地球軌道に乗せ、再点火した第3段のエンジン宇宙船を月に向かわせます。途中で宇宙船月着陸船ドッキング作業行ない月軌道に乗ったあと着陸船を月に近づけます。地球へ帰るときには着陸船は切り離されます。

4.宇宙飛行目的は?
月着陸船最終テスト着陸予定地の確認です。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
月着陸予行演習行ない成功させました。


参考文献:アラン・シェパード,ディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、竹内均監修/Newton Collction II 宇宙開発(教育社)、野田昌宏編著/NASA これがアメリカ航空宇宙局だ(CBS・ソニー出版)、Newton別冊 月のミステリー/教育


アポロ10号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/01 14:35 UTC 版)

アポロ10号アメリカ合衆国アポロ計画における四度目の有人宇宙飛行である。この飛行はアポロ計画の中で「F計画」に分類されるもので、その目的は次のアポロ11号のためのリハーサルであり、月面着陸のためのすべての手順と機器を、実際にに着陸することなしに検証することであった。この飛行では、史上二度目となる有人月周回飛行 (史上初の月周回飛行は アポロ8号が行った) と、月着陸船の全機器の試験が月周回軌道上で行われた。またこのとき着陸船は、月面から8.4海里 (15.6km) まで接近した[2]




  1. ^ Richard W. Orloff. “Apollo by the Numbers: A Statistical Reference (SP-4029)”. NASA. ...
  2. ^ Mission Report: Apollo 10”. NASA (1969年6月17日). 2012年9月11日閲覧。
  3. ^ Replicas of Snoopy and Charlie Brown decorate top of console in MCC”. NASA (1969年5月28日). 2013年6月25日閲覧。 Photo description available here.
  4. ^ Holtkamp, Gerhard (2009年6月6日). “Far Away From Home”. SpaceTimeDreamer. SciLogs. 2011年9月20日閲覧。
  5. ^ Glenday 2010, p. 13
  6. ^ Chaikin 2007, pp. 347–48
  7. ^ Slayton & Cassutt 1994, p. 236
  8. ^ Brooks, Courtney G.; Grimwood, James M.; Swenson, Loyd S., Jr. (1979). Apollo 10: The Dress Rehearsal”. Chariots for Apollo: A History of Manned Lunar Spacecraft. NASA History Series. Foreword by Samuel C. Phillips. Washington, D.C.: Scientific and Technical Information Branch, NASA. ISBN 978-0-486-46756-6. LCCN 79001042. OCLC 4664449. NASA SP-4205. http://www.hq.nasa.gov/office/pao/History/SP-4205/ch12-7.html 2008年1月29日閲覧。. 
  9. ^ Eyles, Don (February 6, 2004). “Tales From the Lunar Module Guidance Computer”. NASA Office of Logic Design. http://klabs.org/history/apollo_11_alarms/eyles_2004/eyles_2004.htm. 
  10. ^ a b Apollo 10”. NASA. 2013年6月26日閲覧。
  11. ^ Orloff, Richard W. (September 2004) [First published 2000]. “Launch Vehicle/Spacecraft Key Facts”. Apollo by the Numbers: A Statistical Reference. NASA History Series. Washington, D.C.: NASA. ISBN 0-16-050631-X. LCCN 00061677. NASA SP-2000-4029. http://history.nasa.gov/SP-4029/Apollo_18-12_Launch_Vehicle-Spacecraft_Key_Facts.htm 2013年6月25日閲覧。.  Statistical Table 18-12.
  12. ^ Nelson 2009, p. 14
  13. ^ NASA公史では、着陸船スヌーピーには着陸するチャンスや、また再び離陸できるチャンスは全くなかったと明確に説明している。「月面が目前に迫ってきたら、飛行士は誘惑にかられて着陸してしまうのではないかという推測は確かにあった。だが仮にそうしようと思っても、実際には10号の着陸船では月面に降り立つことはできなかった。スヌーピーは初期型のモデルで、月面に着陸するには重すぎた。より正確に言うと、上昇段は司令船まで戻るには重すぎたのだ。それは試験機であり、月面着陸の予行演習のためにのみ作られたものだった。一方でアポロ計画では、飛行士はいかなる状況においても勝手にそのような決定をしてはならないという懲罰規定があった。」
  14. ^ Cernan, p.184
  15. ^ a b "Astronaut Gene Cernan Interview on Apollo 10 - (December 23, 2009)" - YouTube
  16. ^ Thompson, Mark (2011年9月19日). “The Search for Apollo 10's 'Snoopy'”. Discovery News (Discovery Communications). http://news.discovery.com/space/apollo-10-search-snoopy-astronomy-110919.html 2013年6月26日閲覧。 
  17. ^ Shinabery, Michael (2012年9月30日). “Young Takes Rover for a Spin”. moonandback.com (Sacramento, CA: Moonandback Media LLC): p. Part 2 of 3. http://moonandback.com/2012/09/30/young-takes-rover-for-a-spin-this-week-in-space-history/ 2013年7月11日閲覧。 
  18. ^ Sisson, John (2010年12月13日). “Apollo 16 poster with Casper the Friendly Ghost (1972)”. 2013年7月11日閲覧。
  19. ^ Saturn S-IVB-505N - Satellite Information”. Satellite database. Heavens-Above. 2013年9月23日閲覧。
  20. ^ Hengeveld, Ed (2008年5月20日). “The man behind the Moon mission patches”. collectSPACE. 2009年7月18日閲覧。 "A version of this article was published concurrently in the British Interplanetary Society's Spaceflight magazine." (June 2008; pp. 220–225).


「アポロ10号」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アポロ10号」の関連用語

アポロ10号のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

日本の人工衛星

火星探査

2001マーズ・オデッセイ

マーキュリー6号

アリアン4

月探査

水星探査

NGC5194





アポロ10号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2018 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアポロ10号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS