地震計とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 装置 > 地震計の意味・解説 

じしん‐けい〔ヂシン‐〕【地震計】

読み方:じしんけい

地震による地表振動記録する器械振り子用い地面動きに対する相対運動記録するもの。

地震計の画像

地震計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/24 00:34 UTC 版)

地震計(じしんけい)は、地震の際の揺れを計測する機器である。


  1. ^ やや時代が下がるが、132年には張衡が、酒樽のような形の壷のまわりに8つの竜をあしらった地震計、地動儀を作っている。地震動を検知すると竜の口から玉が落ち、下に置かれた蛙型の容器に落ちて音が鳴る仕組みであった。張衡は138年3月1日には無感地震を検知している。地震学会(1979)
  2. ^ a b c d e f 増田徹. “地震と私たち(5)”. 一般社団法人東北地質調査業協会. 2019年11月26日閲覧。
  3. ^ 大迫正弘. “ユーイングの円盤記録式地震計について”. 国立科学博物館. 2019年11月29日閲覧。
  4. ^ 震災と復興を巡る一考察藤尾直史、土木史研究講演集25号、2005年
  5. ^ 教育品製造合資会社『東京案内. 下巻』東京市市史編纂係 編 (裳華房, 1907)
  6. ^ 幻燈使用法 屋井琢編、教育品製造会社、明22.12
  7. ^ 屋井の乾電池『少年日本科学史. 進歩の巻』神田丈三 著 (畝傍書房, 1942)
  8. ^ 宇津(2001)、pp.15-18。
  9. ^ 宇津(2001)、pp.19-20
  10. ^ 宇津(2001)、pp.20-23
  11. ^ 新潟県中越地震の震源隣接域における微小地震観 産総研 地質ニュース607号,34―38頁,2005年3
  12. ^ 平成16年(2004年)新潟県中越地震 -臨時観測点設置後の震源分布- 京都大学防災研 地震予知研究センター
  13. ^ 気象庁 1.震度計と震度観測体制 (1)震度の観測について
  14. ^ 防災科学研究所 強振動の基礎 1.3.1 地震動の周期区分
  15. ^ 10.今村式2倍強震計 (PDF)”. 岐阜県博物館 (2011年9月). 2015年9月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月6日閲覧。
  16. ^ 田中館の地震計”. 理工学研究部 電子資料館. 国立科学博物館. 2004年8月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年8月22日閲覧。
  17. ^ 濱田信生「地震計の写真に見る気象庁の地震観測の歴史 (PDF) 」 『験震時報』第63巻3・4号、気象庁、2000年3月、 97頁、 ISSN 134256842018年8月22日閲覧。
  18. ^ 2008年岩手・宮城内陸地震のKiK-net 一関西における大加速度記録の成因の推定 日本地震工学会論文集 Vol.11 (2011) No.1 P 1_32-1_47



地震計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 16:46 UTC 版)

京阪本線」の記事における「地震計」の解説

早期地震警報システム導入すると共に直下型地震対策のために中之島変電所中之島線)・蒲生変電所枚方変電所・淀変電所旧東福寺変電所三条受電変電所に地震計を設置している。

※この「地震計」の解説は、「京阪本線」の解説の一部です。
「地震計」を含む「京阪本線」の記事については、「京阪本線」の概要を参照ください。


地震計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 23:05 UTC 版)

振り子」の記事における「地震計」の解説

棒を水平にく形式の振り子はその重り慣性により早い振動に対し位置保とうとする。これを利用して初期の地震計として用いられた。

※この「地震計」の解説は、「振り子」の解説の一部です。
「地震計」を含む「振り子」の記事については、「振り子」の概要を参照ください。


地震計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/17 16:01 UTC 版)

DONET」の記事における「地震計」の解説

東南海・南海地震想定震源域では、超低周波地震発生している事を防災科学技術研究所高感度地震観測網捉えていたが、震源から離れた陸上観測点あるため滑り箇所断層)の特定までは行えていなかった。この超低周波地震発生する周期50秒から1秒の長周期帯域地震波観測を、想定震源近く複数観測行い高品位データ採集することが必要とされたが、従来から海底地震計として使用されてきた自己浮上海底地震計OBS)は、長周期帯域地震波観測能力が無いほか、海底広帯域地震計海底水流影響で揺り動かされるため、観測データノイズ埋もれ高品位データは得ることが出来なかった。この問題を解決するため、地震計は海底下を約1m掘削し埋設される。特に、水深1,500mよりも浅い海域では、底引き網からケーブル観測機器を守る必要性生じる。 強震計 - Metrozet TSA-100S

※この「地震計」の解説は、「DONET」の解説の一部です。
「地震計」を含む「DONET」の記事については、「DONET」の概要を参照ください。


地震計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/17 14:17 UTC 版)

強震観測網」の記事における「地震計」の解説

配備開始年と型式 1996年:K-NET95型(SMAC-MDK型と同等性能)、2000galまで計測可能。 2004年:K-NET02型及びK-NET02A型、4000galまで計測可能。 2008年:KiK-net06型、4000galまで計測可能。(2008年岩手・宮城内陸地震際に一関西観測点では、3成分合成最大加速度 4022galを記録した2013年:K-NET11型及びKiK-net11型、8000galまで計測可能。 2020年:K-NET18型及びKiK-net18型。 2020年時点では、K-NET02・KiK-net06・K-NET11・KiK-net11・K-NET18・KiK-net18の合計1700台により観測実施

※この「地震計」の解説は、「強震観測網」の解説の一部です。
「地震計」を含む「強震観測網」の記事については、「強震観測網」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「地震計」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

地震計

出典:『Wiktionary』 (2021/08/17 13:22 UTC 版)

名詞

地震 じしんけい

  1. 地震揺れ測定する計器

翻訳


「地震計」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



地震計と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地震計」の関連用語

地震計のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地震計のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2022 (社)日本民営鉄道協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地震計 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの京阪本線 (改訂履歴)、振り子 (改訂履歴)、DONET (改訂履歴)、強震観測網 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの地震計 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS