古地震とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 古地震の意味・解説 

古地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/30 00:25 UTC 版)

古地震(こじしん)とは、昨日まで過去に起きた全ての地震のこと。地震史料として使用する場合、日本では太陽暦が使用され、地震計による観測が開始された明治5年(1872年)頃以前の史料を示す場合が多い[1]。なお地震(歴史地震学)としての古地震は歴史地震を参照のこと。




  1. ^ 浅田敏 編著『地震予知の方法』東京大学出版会 1978年 p.12, ISBN 9784130610322
  2. ^ 今村明恒、「増訂大日本地震史料序」、文部省震災予防評議会編 『増訂大日本地震史料 第一巻』 文部省震災予防評議会、1941年4月30日頁。NDLJP:1070653 
  3. ^ 『日本地震史料』は『増訂大日本地震史料』の第4巻として刊行される予定だったものが、戦争悪化などのために出版できなくなり、戦後になって出版されたものである。武者金吉、「日本地震史料完成に際して」 『日本地震史料』 毎日新聞社1951年4月20日http://wwweic.eri.u-tokyo.ac.jp/dl/meta_pub/G0000002erilib_L000966 
  4. ^ 「地震史料」編纂にご協力くださったみなさまへ」別紙「地震史料」一覧 (PDF)
  5. ^ 浅田敏 編著『地震予知の方法』東京大学出版会 1978年 pp. 12-15.
  6. ^ 「地震史料」編纂にご協力くださったみなさまへ」より (PDF)


「古地震」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「古地震」の関連用語

古地震のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



古地震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古地震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS