免震とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > 免震 > 免震の意味・解説 

めん‐しん【免震】

地震による振動が伝わるのを軽減すること。「免震構造」→耐震


免震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/24 00:02 UTC 版)

免震(めんしん)は、構造設計(とくに建築構造)の概念であり、一般的に建物の固有周期を伸ばし、建物が受ける地震力を抑制することによって構造物の破壊を防止することを意味する。目的は同じだが類似の用語の制震耐震とは区別される。




  1. ^ 古くは神社仏閣等で敷石上に柱を配置することで縦揺れで跳ね上がる事により地表の揺れから絶縁される例がある。また、現在では空気浮上磁気浮上で浮上する方法が開発されている。
  2. ^ したがって、このAIR断震を採用した建築物は違反建築物となる(そもそも建築確認の段階で不適合となり、確認済証の交付が受けられないため、工事に着手することができない)[要出典]
  3. ^ 近年では縦揺れにも効果のある空気浮上式磁気浮上式免震もある。


「免震」の続きの解説一覧



免震と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「免震」の関連用語

免震のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



免震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの免震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS