前震とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 前震の意味・解説 

前震

読み方:ぜんしん

巨大地震において、最も規模大きな本震」が発生する前に前兆的に発生する場合があるとされる地震。「予震」とも言うが、「余震」と区別する場合に前震の呼称を用いる。

ある程度規模大きな地震は、最大規模揺れを示す「本震」の前後に、相対的に小さな規模地震を伴うことが多い。最初に本震発生し、余震を伴うタイプ地震を「本震・余震型地震」といい、本震前に相対的に規模小さな地震発生するタイプのものを「前震・本震・余震型地震」という。

2011年3月11日発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)では、本震から2日ほど前にマグニチュード7クラス地震観測されており、本震の前震に当たると見られている。

前震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 23:25 UTC 版)

前震(ぜんしん、: foreshock)とは、特定の時間と地域でバラツキと群れをなして発生する一連の地震活動において、発生した地震の最も大きな揺れを本震とした際に本震に先だって起こっていた地震のことである[1]。しかし、定義は明確で無く[1]現在の科学技術では活動の最中に前震か本震かは判断できず[2]、解析後に判明する。






「前震」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「前震」の関連用語

前震のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



前震のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの前震 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS