地震警報システムとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 地震警報システムの意味・解説 

地震警報システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/02 07:07 UTC 版)

地震警報システム(じしんけいほうシステム)とは、地震が起こった後に、震源要素[注 1]地震動の分布を迅速に解析し、その情報をいろいろなユーザー(防災関係者、電気、ガス、水道、電話、交通、報道、個人)に伝えて防災に役立てること[1]」であり、地震の際に警報を発して被害を最小限に抑えるための安全管理システムである。




注釈

  1. ^ 震源の経緯度、深さ、マグニチュードを指す。断層のパラメータ(走向、傾斜角、すべり量)を含める場合もある。

脚注

  1. ^ 菊池正幸(2003)リアルタイム地震学、東京大学出版会、pp.2022
  2. ^ 地震動の予報業務許可についてよくある質問と回答」気象庁、2013年10月18日閲覧
  3. ^ 旧・国鉄鉄道技術研究所
  4. ^ 「緊急地震速報の本運用開始に係る検討会」中間報告 (PDF) (気象庁)
  5. ^ 「緊急地震速報を適切に利用するために必要な受信端末の機能及び配信能力に関するガイドライン」。許可事業に係る基準も含まれている。
  6. ^ 緊急地震速報 関連事業者の紹介」緊急地震速報利用者協議会(許可事業を行う事業者も含まれている。)
  7. ^ 予報業務の許可事業者一覧(地震動)」気象庁
  8. ^ 上越新幹線でも採用されていた。
  9. ^ 一部在来線システムにも連動
  10. ^ Christina Nyquist "The USGS and Partners Work to Develop an Earthquake Early Warning System for California" U.S. Geological Survey, 2012-04-17,2013年10月18日閲覧
  11. ^ "CISN: EEW Project" California Integrated Seismic Network
  12. ^ 『J-RISQ地震速報』を実験的に公開~地震発生直後に揺れの状況や震度遭遇人口の情報をコンパクトに提供 (PDF) 防災科学技術研究所
  13. ^ 地震防災情報システムの整備(内閣府)
  14. ^ 技術概要(共同開発者による紹介)、システムを利用した有料サービス(東京ガスの関連会社のサイト)
  15. ^ 横浜市における地震システムについて(横浜市)
  16. ^ 川崎市震災対策支援システムについて(川崎市)
  17. ^ "PAGER", "PAGER - Background", U.S. Geological Survey,2013年10月29日閲覧
  18. ^ しばしば、P波を雷光に、S波を雷の音にたとえて説明がなされる。このたとえに従えば、雷光があったらすばやくそれを伝えることで、ゴロゴロという音に備えることができるというわけである。
  19. ^ 緊急地震速報の本運用に当たって 福和伸夫, 新井伸夫, 『予防時報』231号, pp.21-27, 2007.
  20. ^ 緊急地震速報の有効性と限界 吉井博明
  21. ^ a b c d 緊急地震速報の本運用に当たって 福和伸夫, 新井伸夫, 『予防時報』231号, pp.21-27, 2007.
  22. ^ 緊急地震速報の有効性と限界 吉井博明
  23. ^ 南カリフォルニア地域におけるリアルタイム地震情報システム利用現況と今後の利用 第1回日米地震防災政策会議, 内閣府(防災部門)。
  24. ^ 緊急地震速報の試験運用開始について (PDF)
  25. ^ 乗客犠牲者一人もなし、新幹線の地震対策は?


「地震警報システム」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「地震警報システム」の関連用語

地震警報システムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



地震警報システムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地震警報システム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS