補間とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 関数 > 補間 > 補間の意味・解説 

内挿(補間)

ある系列数値を、より大きな規則性を示す他の系列によって置き換えることが望ましい場合がある。この過程補整 1として知られ、一般的には、時系列やあるいは申告年齢別人口分布のような別種類の系列観察された複数数値の間に、滑らかな曲線当てはめることによって行われるフリーハンド曲線が描かれた場合グラフ補整 2と呼ばれ、分析的数学的方法が用いられた場合曲線の当てはめ 3呼ばれる最小二乗法 4によって数学的曲線データ当てはめられることがあるが、それは元の系列平滑化された系列の間の差異最小化するような方法である。他の方法としては、移動平均 5有限差異の微積分 6使用するものがある。これらの手法の一部は内挿(補間) 7、すなわち所与数値の間にある数値推定するために用いられたり、外挿補外) 8、すなわち所与範囲外側にある数値推定するために用いられたりする。


内挿

(補間 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/02 21:10 UTC 版)

内挿(ないそう、: interpolation)や補間(ほかん)とは、ある既知の数値データ列を基にして、そのデータ列の各区間の範囲内を埋める数値を求めること、またはそのような関数を与えること。またその手法を内挿法: interpolation method)や補間法という。対義語は外挿や補外。




「内挿」の続きの解説一覧




補間と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「補間」の関連用語

補間のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



補間のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内挿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS