オープンソースとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > オープンソースの意味・解説 

オープン‐ソース【open source】

読み方:おーぷんそーす

ソフトウエアソースコードインターネットなどで公開し誰もが改良機能追加再配布できるようにすること。⇔クローズドソース


オープンソース

別名:OSS
【英】open source

オープンソースとは、プログラムソースコード無償公開しソースコード改良再配布の自由を認め姿勢概念のことである。

オープンソースは、Open Source Initiativeによって策定された定義によればプログラムソースコード入手可能であること、ソフトウェア変更派生品許可すること、特定グループ差別したり利用分野制限したりしないこと、などの条件を満たす必要があるパブリックドメインソフトウェアとは異なり制作者著作権そのもの保持される

オープンソースの思想では、プログラムソースコード多くの人々吟味させ、改良拡張促すことで、ソフトウェア機能・性能が向上していくことが期待されている。

オープンソースで開発されソフトウェアは、オープンソースソフトウェアOSS)と呼ばれるオープンソースソフトウェアは、多くの場合有志によって組織された開発プロジェクトコミュニティにおいて議論改良進められる代表的なオープンソースのプロジェクトとして、リーナス・トーバルズ開始したUNIX互換オペレーティングシステムであるLinux挙げることができる。


参照リンク
The Open Source Definition - (英語)
オープンソースの定義 - (The Open Source Initiative
オープンソースのほかの用語一覧
GNU:  コピーレフト  LGPL
オープンソース:  AIGLX  オープンソース  オープンソースコミュニティ  FLOSS  フリーソフトウェア

オープンソース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:20 UTC 版)

オープンソース: open source)とは、コンピューターソフトウェアバイナリプログラムのみの配布ではなく、プログラムの設計図であるソースコードが入手でき、目的を問わず利用、修正、頒布できることの明示的な許可および、それを利用する個人や団体の努力、利益を遮ることがないライセンスを適用したコンピューターソフトウェアと、そのソフトウェア開発の手法。


  1. ^ Richard Stallman. “GNUシステムとフリーソフトウェア運動”. 2018年3月1日閲覧。
  2. ^ 吉田智子「第3章 インターネット文化と商業主義のバトルの歴史」 『ネット社会を変える! オープンソースの逆襲』(初版)出版文化社、2007年9月10日、135頁。 
  3. ^ a b Tiemann, Michael (2006年9月19日). “History of the OSI”. Open Source Initiative. 2002年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月23日閲覧。
  4. ^ Karl Fogel (2016年). “Producing Open Source Software - How to Run a Successful Free Software Project”. O'Reilly Media. 2016年4月11日閲覧。
  5. ^ History of the Open Source Initiative
  6. ^ Technology In Government, 1/e. Jaijit Bhattacharya. (2006). p. 25. ISBN 978-81-903397-4-2. https://books.google.com/books?id=0BIJ69iZyZ0C&pg=PA25 
  7. ^ Open Source Summit”. 2013年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月1日閲覧。
  8. ^ Eric S. Raymond. “Goodbye, "free software"; hello, "open source"”. catb.org. 2015年8月11日閲覧。
  9. ^ Open Source Initiative (1999年6月). “Open Source Certification:Press Releases”. 2018年3月1日閲覧。
  10. ^ オープンソースグループ・ジャパン (2003年). “オープンソース商標について”. 2018年3月1日閲覧。
  11. ^ a b Open Source Initiative (2007年3月22日). “The Open Source Definition”. 2018年2月9日閲覧。
  12. ^ annr (2017年5月16日). “What is open source, and what is the Open Source Initiative?”. 2018年2月9日閲覧。
  13. ^ Dana Blankenhorn (2006年12月7日). “Is SugarCRM open source?”. 2018年2月15日閲覧。
  14. ^ Tiemann, Michael (2007年6月21日). “Will The Real Open Source CRM Please Stand Up?”. Open Source Initiative. 2008年1月4日閲覧。
  15. ^ 見て、聞いて、触って学ぶ! 人型ロボット「iCub」を公開――STマイクロ (1/3)” (2014年11月19日). 2019年4月12日閲覧。
  16. ^ Open Motors”. 2019年4月12日閲覧。
  17. ^ 世界初のオープンソース自動車「OSVehicle」”. ASCII.jp (2014年1月10日). 2019年4月12日閲覧。
  18. ^ Bruce Perens (1999年2月17日). “It's Time to Talk about Free Software Again”. 2018年3月1日閲覧。
  19. ^ Richard Stallman (2016年11月18日). “Why Open Source misses the point of Free Software”. 2018年2月9日閲覧。
  20. ^ Richard Stallman (2016年11月18日). “FLOSS and FOSS”. 2018年2月9日閲覧。


「オープンソース」の続きの解説一覧

オープンソース

出典:『Wiktionary』 (2021/08/09 10:29 UTC 版)

語源

英語 open source

名詞

オープンソース

  1. (情報技術) ソフトウェア広範な利用著作権保護の両立目的として、一定の条件の下、プログラムソースコード公開されていること、また、そのようなプログラム

「オープンソース」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オープンソースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オープンソースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2022
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリオープンソースの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオープンソース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのオープンソース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS