コンピュータプログラムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > コンピュータプログラムの意味・解説 

プログラム

別名:コンピュータプログラム
【英】program, computer program

プログラムとは、計算機動作をさせるため用意された処理手順指示する一連の命令集まりのことである。

プログラムは、その計算機動作具体的に指示する命令語の集まりであるといえる特定の命令語を具体的に並べたものは、どんな処理をするものであれ、プログラムに該当する他方特別な命令語に依存しない特定の問題を解く方式は、アルゴリズム呼ばれる

現在利用されている計算機は、ほぼ全てノイマン型コンピュータ呼ばれるアーキテクチャに基づいて設計されている。ノイマン型コンピュータは、アラン・チューリング発見した計算原理そのものに従って動作し番地付与され記憶装置記録された命令語を読み込み解釈実行する、という動作繰り返す。実行内容には、記憶装置からの読み込み書き込み含まれる記憶装置置かれる命令語の種類とその並びによって様々な動作をさせることができる。このような論理機械は、論理的に可能な計算全て実行できることが証明されており、万能チューリングマシンとも呼ばれる

プログラムを記述するために用意された命令体系は、プログラミング言語呼ばれるプログラミング言語人工言語であり、多種多様な種類開発されている。分類としては、例えば、特定のCPU命令そのものである機械語機械語レベル命令シンボリック表したアセンブリ言語、より人間寄りの(自然言語に近い)表現記述される高級言語などに大別することができる。あるいは、実行形態によって分類すれば、ソースコードそのつど解釈して実行するインタープリタ型言語と、コンパイルによってあらかじめネイティブマシン語変換しておくコンパイラ型言語などに分けることができる。

C言語のようなコンパイラ型言語は、モジュール単位コンパイルされ、オブジェクトファイル呼ばれる出力を得る。オブジェクトファイルは、リンクされることにより一つ実行ファイルとなる。実際の場面で用いられるプログラムは、複数のプログラムやモジュール連携して動作を行う場合があるそのようなもので、ローカルマシン内で時分割動作するものを多重プログラミング、平行プログラムなどと呼ぶまた、ネットワーク越しに複数プログラムが連携するような場合分散プログラムと呼ぶことがある

なお、プログラムを作成する作業プログラミング呼ばれプログラミングを行う者はプログラマ呼ばれている。プログラミングプログラマといった表現には、多分にプログラムの設計始ま一連の作業全般的にこなすというニュアンスがある。このようなニュアンスプログラマに対して他の誰かが案出したプログラムを単にデータとして入力する役割の者は、特にコーダー呼ばれる場合もある。


プログラム (コンピュータ)

(コンピュータプログラム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 03:47 UTC 版)

コンピュータプログラム英語: computer program)は、コンピュータに対する命令(処理)を記述したものである[1]プログラム内蔵方式のコンピュータのCPUには、CPUで実行するプログラムの命令が必要である[2]


注釈

  1. ^ コンピューティング
  2. ^ ENIACは運用開始後も改修が加えられているため、詳細な歴史を検討する場合はそのことに注意が要る。
  3. ^ また、前述のような初期のコンピュータにおいて、パッチパネルの配線によるプログラミングで一種のインタプリタのようなものを実装し、あたかもプログラム制御のように使えるようなものを作った、という逸話が日本にある[3]
  4. ^ いくつかのコンセプトの実証を目的としていた機械のため実用的ではなかったが、Manchester Small-Scale Experimental Machine という先行例がある。
  5. ^ しかし間違っている。
  6. ^ 国語学者水谷静夫による。

出典

  1. ^ Stair, Ralph M., et al. (2003). Principles of Information Systems, Sixth Edition. Thomson Learning, Inc.. pp. 132. ISBN 0-619-06489-7 
  2. ^ Silberschatz, Abraham (1994). Operating System Concepts, Fourth Edition. Addison-Wesley. pp. 58. ISBN 0-201-50480-4 
  3. ^ 「日本のソフトウェアの草創期」(『情報処理』第24巻第3号(1983年3月)) http://id.nii.ac.jp/1001/00006268/ (PDFの2枚目〜3枚目付近)


「プログラム (コンピュータ)」の続きの解説一覧

コンピュータプログラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 21:07 UTC 版)

詳細は「プログラム (コンピュータ)を参照 コンピュータプログラムは、コンピュータ何をどうすればよいか指示を出す現在のパーソナルコンピュータ等の一般的な構成では、その記憶装置のうちの補助記憶装置未使用時は格納されており、主記憶装置ロードされ実行される主記憶装置実行対象のプログラムを置く方式プログラム内蔵方式と言う)。

※この「コンピュータプログラム」の解説は、「コンピューティング」の解説の一部です。» 「コンピューティング」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「コンピュータプログラム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

コンピュータプログラムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンピュータプログラムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリプログラムの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプログラム (コンピュータ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコンピューティング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS