コピーレフトとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > OSS用語 > コピーレフトの意味・解説 

Copyleft

読み方:コピーレフト

ソフトウェアなどの著作物作者が、自身著作権保持したまま、その著作物の自由な利用配布改変公衆に対して許諾し、著作物を自由(フリー)に流通させることを可能にするため、FSFによって考案されたソフトウェアライセンス概念
Copyleftの概念は、GPLなどのライセンス契約書の中で定義されており、ソフトウェア文書などの著作者は、表示画面添付文書の中で著作物にこれらのライセンス適用する旨を宣言し、適用するライセンス全文一緒に著作物配布することで、自分著作物をCopyleftの状態に置くことができる。Copyleftの状態にある著作物は、それぞれのライセンス条件下で自由に利用、再配布改変ができるほか、その複製物改変による派生物もCopyleftの状態に置かれる。
「Copyleft」という単語は、Copyright著作権)の対極(右に対する左)という意味と、著作権を残す(left)という意味から作られた造語である。
関連見出し
Free Software Foundation
GNU General Public License
GNU Lesser General Public License
フリーソフトウェア
関連URL
コピーレフトって何?(http://www.gnu.org/copyleft/copyleft.ja.html)

コピーレフト

【英】copyleft

コピーレフトとは、フリーソフトウェア普及活動を行っているFSFFree Software Foundation)が推進する「GNUプロジェクト」の著作権に関する根本思想で、一度公開されたソフトウェアは、誰もが利用改変・再配布できるという考え方である。FSF創設者であるリチャード・ストールマンによって提供された。

コピーレフトの概念は、著作権保護を意味する「copyright」にかけた対概念である。FSF策定されたフリーソフトライセンス形式である「GPL」(GNU General Public License)が代表的なコピーレフトの表現となっている。

GPLライセンスでは、著作物改変や再配布を自由と認めており、GPL著作物二次著作物にも改変や再配布の自由が自動的認可される。ソフトウェアならソースコード全部公開なくてはならないソースコード改変・再配布繰り返しによって、フリーソフトウェア進化普及が図られている。GPL公開されたソフトウェア著作権元来著作権者にあるが、いちどGPL公開されたソフトウェアは、元の著作権者でも後からGPL利用禁止することはできない。なお、コピーレフトは二次著作物であっても公開されない」プログラム秘匿認めている。

ちなみにコピーレフトのライセンス体系としては、GPLの他にもBSDライセンスなどがある。BSDライセンス改変したソフトウェアコード非公開にして商用利用することも認める、非常に緩いライセンス形態である。

オープンソースのほかの用語一覧
GNU:  GIMP  gcc  jQuery  コピーレフト  LGPL
オープンソース:  AIGLX  オープンソース

コピーレフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/25 10:27 UTC 版)

コピーレフト: copyleft)とは、著作権: copyright)に対する考え方で、著作権を保持したまま、二次的著作物も含めて、すべての者が著作物を利用・再配布・改変できなければならないという考え方である[1]リチャード・ストールマンフリーソフトウェア運動の一貫として熱心に広めた考えである[2]コンピュータプログラムの特にバイナリに変換されることを前提としたソースコードについてのものであったが、その後、CC BY-SAなどを用いてソースコード以外の著作物にも適用しようという動きがある[3]




[ヘルプ]
  1. ^ a b Free Software Foundation (2018年1月1日). “What is Copyleft?”. 2018年2月9日閲覧。
  2. ^ a b Richard Stallman, Free Software, and Copyleft”. University of California, Santa Barbara. 2018年3月1日閲覧。
  3. ^ Attribution-ShareAlike 4.0 International (CC BY-SA 4.0)”. Creative Commons. Creative Commons. 2015年8月14日閲覧。
  4. ^ GNU Porject (2018年2月10日). “Various Licenses and Comments about Them”. 2018年2月9日閲覧。
  5. ^ Stallman, Richard (2008年1月21日). “About the GNU Project”. Free Software Foundation. 2008年8月23日閲覧。
  6. ^ Wang, Li-Chen (May 1976). “Palo Alto Tiny BASIC”. Dr. Dobb's Journal of Computer Calisthenics & Orthodontia, Running Light Without Overbyte 1 (5): 12–25.  (NB. Source code begins with the following six lines. "TINY BASIC FOR INTEL 8080; VERSION 1.0; BY LI-CHEN WANG; 10 JUNE, 1976; @COPYLEFT; ALL WRONGS RESERVED". The June date in the May issue is correct. The magazine was behind schedule, the June and July issues were combined to catch up.)
  7. ^ Rauskolb, Roger (December 1976). “Dr. Wang's Palo Alto Tiny BASIC”. Interface Age 2 (1): 92–108.  (NB. The source code begins with the following nine lines: "TINY BASIC FOR INTEL 8080; VERSION 2.0; BY LI-CHEN WANG; MODIFIED AND TRANSLATED TO INTEL MNEMONICS; BY ROGER RAUSKOLB; 10 OCTOBER, 1976 ; @COPYLEFT; ALL WRONGS RESERVED")
  8. ^ The essential freedoms”. OCL4Ed. 2018年3月1日閲覧。
  9. ^ http://catb.org/jargon/html/H/hack.html
  10. ^ 現行のQtはGPLv3と商用ライセンスなどとのマルチライセンス形式を採用している。


「コピーレフト」の続きの解説一覧

コピーレフト

出典:『Wiktionary』 (2011/11/07 13:44 UTC 版)

名詞

  1. 著作公権

関連語

語源



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コピーレフト」の関連用語

コピーレフトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コピーレフトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2019
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリコピーレフトの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコピーレフト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコピーレフト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS