フリーソフトとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > ソフト > フリーソフトの意味・解説 

フリーソフト

【英】:Free Software

無償配布されるソフトウェア一般を指す語。無料ソフト。フリーウェア
フリーソフトウェア」とは異なり厳密に定義付けされた語ではなく一般に次のような特徴を持つソフトウェアを「フリーソフト」と呼ぶことが多い。

対価として金銭求めないだけで、金銭ではない対価求められることもある。利用者として登録をすること、利用していることを何らかの形で表明すること、また、変わった形として、利用者が住んでいる国のハガキ開発者に送ることを対価として求める「ポストカードウェア」と呼ばれるものもあった。
一方継続して使用する場合開発者に対して金銭支払必要があるものは「シェアウェア」と呼ばれる
関連見出し
フリーソフトウェア
オープンソース
無償
商用
パブリックドメインソフトウェア

フリーソフトウェア

別名:フリーウェア,フリーソフト
【英】free software

フリーソフトウェアとは、無料で自由に配布改変利用することのできるソフトウェアのことである。

フリーソフトウェアの語は、特にGPL(The GNU General Public LicenseライセンスGPL派生であるBSDライセンスなどに基づいて提供されているソフトウェアを指すことが多い。この場合のフリーソフトウェアとは、ソースコード入手から改変、再配布などが自由に行えるソフトウェアを意味している。

GPLライセンスリチャード・ストールマンRichard Matthew Stallman)によって提唱された。このライセンス一般的なライセンスとは異なり著作権所有権利己的主張する(そして使用や再配布に対して金銭対価要求する)のではなくソースコードを自由に入手し、修正を施すことができる」ことを保証している。その修正したソースコードも、他の人が自由に入手使用することが保証されている。リーナス・トーバルズによって開発されたLinuxもこのライセンス体系によって公開されている。

フリーソフトウェアはソースコード公開しているが、ソースコード公開されているソフトウェア指して特に「オープンソースソフトウェア」と呼ぶことも多い。

あるいは、フリーソフトウェアと言った場合に、無償使用できるソフトウェアというほどの意味で用いられていることも多い。この場合には特に「フリーウェア」や「フリーソフト」と呼ばれることが一般的である。フリーウェア無償での利用著作権者によって保証されているものである無料利用できるソフトウェアと言えばパブリックドメインソフト」(PDS)という呼び名もある。この場合作者著作権放棄宣言している点が特徴である。

アプリケーションソフトのほかの用語一覧
年賀状ソフト:  年賀状ソフト
流通・配布:  オンラインソフト  パブリックドメインソフトウェア  フリーソフトウェア  メールウェア  シェアウェア  ドネーションウェア

フリーソフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/19 13:47 UTC 版)

フリーソフトとは「無料のソフトウェア」の意味でよく使われているが、和製英語である。




「フリーソフト」の続きの解説一覧



フリーソフトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フリーソフト」の関連用語

フリーソフトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フリーソフトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2019
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリフリーソフトウェアの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフリーソフト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS