対価とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 報酬 > 対価の意味・解説 

たい‐か【対価】


対価

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/15 01:48 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「対価」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「対価」を含むページの一覧/「対価」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「対価」が役に立つかも知れません。


対価

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 01:58 UTC 版)

専属料として毎月固定報酬支払う。専属とは別に出演料など出来高都度支払う。完全出来高制の場合は契約一方的見なさ無効になる場合が多い。印税収入分配の他、出演グッズの販売などにより得られ収入分配について規定することが多い。 固定給・完全歩合給如何に関わらず源泉徴収必要な事業報酬規定され支払金額10%源泉所得税天引きされ翌年確定申告精算することとなる。

※この「対価」の解説は、「専属マネジメント契約」の解説の一部です。» 「専属マネジメント契約」の概要を見る


対価

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 01:58 UTC 版)

専属料として毎月固定報酬支払う。専属とは別に出演料など出来高都度支払う。完全出来高制の場合は契約一方的見なさ無効になる場合が多い。印税収入分配の他、出演グッズの販売などにより得られ収入分配について規定することが多い。 固定給・完全歩合給如何に関わらず源泉徴収必要な事業報酬規定され支払金額10%源泉所得税天引きされ翌年確定申告精算することとなる。

※この「対価」の解説は、「専属マネジメント契約」の解説の一部です。» 「専属マネジメント契約」の概要を見る


対価

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/05 09:06 UTC 版)

完全子会社となる会社株主与えられる対価は、通常親会社株式であろうが、会社法では対価の柔軟化を定めた。すなわち、対価として、親会社証券社債新株予約権新株予約権付社債)だけでなく、他の会社株式等でも良い既存株主構成変えないために、または事前に子会社買い占められて突然親会社大株主になる者が現れる可能性などを考慮してか、最近では金銭を対価とする株式交換事例増えている。

※この「対価」の解説は、「株式交換」の解説の一部です。» 「株式交換」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

対価

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 23:58 UTC 版)

名詞

たいか

  1. ものや労力提供する替わりけ取るもの。

関連語

類義語

翻訳


「対価」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



対価と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

対価のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



対価のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの対価 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの専属マネジメント契約 (改訂履歴)、専属マネジメント契約 (改訂履歴)、株式交換 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの対価 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS