謝礼とは? わかりやすく解説

謝礼

読み方:しゃれい

感謝、あるいはお詫びの意味をこめて送られる金品

しゃ‐れい【謝礼】

読み方:しゃれい

[名](スル)感謝の気持ちを表すための言葉や金品。また、その金品を贈ること。「—を届ける」「講師に—する」「—金」


謝礼

作者松野

収載図書海霧の中で
出版社近代文芸社
刊行年月1996.11

収載図書島の人
出版社新風舎
刊行年月2005.1


謝礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/12 06:13 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「謝礼」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「謝礼」を含むページの一覧/「謝礼」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「謝礼」が役に立つかも知れません。

関連項目



謝礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 14:35 UTC 版)

収入」の記事における「謝礼」の解説

労働として定義付けられないサービス行為講演協力手伝いなど)によって生じる報酬がこれにあたる

※この「謝礼」の解説は、「収入」の解説の一部です。
「謝礼」を含む「収入」の記事については、「収入」の概要を参照ください。


謝礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 00:42 UTC 版)

情報提供者」の記事における「謝礼」の解説

情報提供者提供先捜査機関から「謝礼」を受けることがある対テロリズムの一環として全世界的に展開している米国務省外交保安部英語版)(DSS)による「正義への報酬プログラム」(Rewards for Justice Program)は有名な例である。 金額大き事例としては次が挙げられる2008年リヒテンシュタイン複数銀行欧米印の多数資産家脱税資金存在することが報じられた。事件端緒開いたのは、LGTのIT部門勤めていたハインリヒ・キーバー(ドイツ語版)なるインフォーマントであり、彼が口座電磁記録ドイツ連邦情報局BND)に渡したことから事件発覚。この情報に基づいて同年2月14日当時ドイツ郵便CEOクラウス・ツムヴィンケル100万ユーロもの脱税の疑い逮捕。さらにキーバー及びBNDから情報提供受けたアメリカ合衆国イギリスオーストラリアカナダフランスの税財務当局該当する資産家取り調べ行った。その他アイルランドフィンランドイタリア、オランダノルウェーギリシャスウェーデンチェコスペイン財務当局関心示したデンマーク政府はこのデータ窃盗よるものあるため日本の司法原則では排除法則該当する違法な証拠であるといえる当初は情報受諾固辞したその後態度翻したインド政府のみ、インド人資産家口座確認されているにもかかわらずドイツ政府情報提供申し出を拒絶している。キーバードイツ政府より情報提供見返りとして460ユーロ受け取っている。だがその金の一部には定率10%税金課せられた。事の詳細記事"2008年リヒテンシュタインにおける脱税スキャンダル英語版ドイツ語版)"を参照

※この「謝礼」の解説は、「情報提供者」の解説の一部です。
「謝礼」を含む「情報提供者」の記事については、「情報提供者」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「謝礼」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

謝礼

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 05:46 UTC 版)

名詞

 しゃれい

  1. 感謝示すための言葉金品また、その金品を贈ること。

発音(?)

しゃ↗れー

関連語

翻訳


「謝礼」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

謝礼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



謝礼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの謝礼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの収入 (改訂履歴)、情報提供者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの謝礼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS