dieとは? わかりやすく解説

ダイ【die】

読み方:だい

厚紙金属板などを打ち抜くための型。→ダイカット

パッケージ化される前のシリコンチップ小片


ダイ【die】

読み方:だい

死ぬこと。「—イン


die

(PHP 4, PHP 5)
die — exit() と同等

説明

この関数はexit() と同等です。

ダイ

【英】die

型のこと。ダイスとよぶときはおねじを切る工具
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることができます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」

D.I.E.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/09/08 22:07 UTC 版)

DIE(ダイ、本名:野澤 大二郎【のざわ だいじろう】1964年2月15日 - )は、東京都出身のキーボーディストスタジオ・ミュージシャン北区立赤羽台東小学校北区立赤羽台中学校東京都立板橋高等学校学習院大学出身。


  1. ^ あれから10年かぁ | DIE 公式BLOG”. DIE 公式BLOG. 2019年12月7日閲覧。
  2. ^ 映画『TELL ME hideと見た景色』”. 映画『TELL ME hideと見た景色』. 2022年6月29日閲覧。


「D.I.E.」の続きの解説一覧

DIE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/04/02 05:40 UTC 版)

Die

関連項目



DiE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/05 19:20 UTC 版)

DiE」(ディー アイ イー)、はBiSメジャー・デビュー3枚目のシングル2013年6月26日avex traxから発売された。




「DiE」の続きの解説一覧

die

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/06 10:11 UTC 版)

ダイ」の記事における「die」の解説

ウィクショナリー関連辞書項目あります。die 死 サイコロ 金型 シリコン(等)のウェハから、集積回路等に必要なサイズ矩形切り出した小片チップ)のこと。マイクロチップなどとも。DIPなどのパッケージ収められた後の製品中の部品としてもダイと呼ぶ。 - サイコロの意の英単語Die(サイコロ通常2つ使われるのでDice一般的)および動詞としての意味である「さいの目に切る、切り出す」に由来する半導体業界では、これを切り出すことをダイシング呼んでいる。ダイ大きさダイサイズという。ウェハの端では半端になるためダイを切り出せないから、ウェハの径とダイサイズの比が大きければ大きいほど、無駄が少なくなり経済的である(なお、わずかだバカできない要素として、ダイシング使用するカッタカットする幅とカッティング精度もある)。また、ウェハ中の面積あたりの不良確率一定であるとすると、ダイサイズ小さいほど個々ダイ不良に当たる確率が下がり歩留まり向上する

※この「die」の解説は、「ダイ」の解説の一部です。
「die」を含む「ダイ」の記事については、「ダイ」の概要を参照ください。


Die(ギター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/03 08:51 UTC 版)

La;Sadie's」の記事における「Die(ギター)」の解説

12月20日生まれ三重県出身血液型B型

※この「Die(ギター)」の解説は、「La;Sadie's」の解説の一部です。
「Die(ギター)」を含む「La;Sadie's」の記事については、「La;Sadie's」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「die」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「die」の関連用語

dieのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



dieのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
PHP Documentation GroupPHP Documentation Group
Copyright © 1997 - 2024 by the PHP Documentation Group.
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのD.I.E. (改訂履歴)、DIE (改訂履歴)、DiE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのダイ (改訂履歴)、La;Sadie's (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS