バカとは? わかりやすく解説

ばか【馬鹿/××迦】

読み方:ばか

[名・形動《(梵)moha音写無知の意。「馬鹿」は当て字

知能劣り愚かなこと。また、その人や、そのさま。人をののしっていうときにも用いる。あほう。「—なやつ」⇔利口。

社会的な常識にひどく欠けていること。また、その人。「役者—」「親—」

つまらないこと。無益なこと。また、そのさま。「—を言う」「—なまねはよせ」

度が過ぎること。程度が並はずれていること。また、そのさま。「—に風が強い」「—騒ぎ」「—正直」

用をなさないこと。機能失われること。また、そのさま。「蛇口が—で漏れる」→馬鹿になる2

[補説] 元来相手ののしる言葉であるが、相手対す思いやり親しみ愛情気持ち込めて用いることもある。「—だな。そんなに思いつめなくていいのに」など。また、「—! あきらめるな」のように、否定批判などの意で、感動詞的にも用いられる

[派生] ばかさ[名]

[用法] 馬鹿・阿呆(あほう)——「馬鹿」のほうが広い地域使われ、意味の範囲も広い。「馬鹿に暑い」「馬鹿正直」「このネジ馬鹿になっている」のような意は「阿呆」にはない。◇「馬鹿」は関東で、「阿呆」は関西多く使われる

[補説]  
2015年実施した「あなたの言葉辞書載せよう。2015キャンペーンでの「馬鹿」への投稿から選ばれた優秀作品。

考えることを放棄したさま。
MORIZOさん

自分の頭で考えることをしない者のこと。
もりぷーさん

変わろうとしない人のこと。
瑠加さん

言葉発し方で、けなすことにも愛情表現にもなる不思議な言葉
バレエ・メカニクさん

◆きれいで魅力的な女の人耳元でそっと甘くささやかれると、どんなことでも許してしまう言葉のこと。またはそれによって簡単にだまされてしまう男のこと。
はいちゃさん

一拍置いて呟く様に言うと、とんでもなく萌え」となる言葉
ケロッキーさん

愛情の裏返しの意味を持つ。連呼すればするほど「愛しい」という意味になる。素直になれない人が使用する
えるるさん

◆自ら、一次情報確かめることをせず、インターネット上情報や、テレビ伝聞、噂に基づいて他人見下し攻撃する人、またはそうした性質
larimarさん

関西人対する最高の侮辱言葉「アホ」との誤用注意
MGNさん

時にはわざとその素振りをすることで、うまくいく時がある。
といしさん


莫迦

読み方:バカ(baka)

知能働きがにぶいこと


薄荷

読み方:ハッカhakka), バカ(baka)

シソ科多年草園芸植物薬用植物


馬鹿

読み方:バカ(baka)

知能働きがにぶいこと


クロアナゴ

学名Conger japonicus 英名:Beach conger
地方名トウヘイトウヘエドエイクロベエカラスアサギベエスケトウスケ、バカ、レイスケアナゴウナギ 
脊椎動物門硬骨魚綱ウナギ目アナゴ科
色 形 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
クロアナゴは沿岸岩場転石底に生息していて、小魚などを食べて暮らしている。体の色暗褐色黒褐色で、測線に不鮮明な淡い色の点があるものもいる。夜行性なので夜釣りで釣ることが多く蒲焼き天ぷらなどで食べたりするが、マアナゴよりも大型おいしくない

分布:南日本朝鮮半島 大きさ:1.4m
漁法:延縄、底曳 食べ方:蒲焼き天ぷら

波可

読み方:バカ(baka)

ハッカ別称
シソ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Mentha arvensis var.piperascens


薄〓

読み方:バカ(baka)

ハッカ別称
シソ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Mentha arvensis var.piperascens


薄荷

読み方:ハッカhakka), バカ(baka)

シソ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Mentha arvensis var.piperascens


バカ

名前 Baca; Vaca

バカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/03 16:47 UTC 版)

バカ

表現・事物名

地名

人名

関連項目



バカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 09:42 UTC 版)

ハトのおよめさん」の記事における「バカ」解説

馬。客にラーメンを出す際に「おめでとうございます!」と叫んだり、豆売り場聞かれて「突き当たり突き破って……」と答えたりと、名前に違わぬ言動特徴。だが完全なる無能というわけではなく、ハト社長曰く時にバカパワー炸裂というべき成果上げる」らしい。現在はハトハトチャンカンパニー働いている(給料をもらう際も「おめでとうございます」と発言)。従兄弟「アホ」がいる。

※この「バカ」の解説は、「ハトのおよめさん」の解説の一部です。
「バカ」を含む「ハトのおよめさん」の記事については、「ハトのおよめさん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「バカ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

バカ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:49 UTC 版)

カタカナ表記


「バカ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バカ」の関連用語

バカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バカのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハトのおよめさん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのバカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS