阿房とは?

あ‐ほう〔‐ハウ〕【××呆/×房】

[名・形動愚かなこと。愚かな人。また、そのさま。人をののしるときにも用いる。あほ。「この—めが」「全く—な話だ」

[補説] 「阿呆」「阿房」は当て字

[派生] あほうさ[名]


あ‐ほう【阿呆・阿房 ハウ

1 〔名〕 (形動知能劣っているさま。また、そのような人、行動。おろか。たわけ。人をののしることばとしても用いられる。ばか。あほ。たわけ。

発心集(1216頃か)八「『彼のあはうの』と云ひてぞ終りにける」

談義本世間万病回春(1771)五「扨もあほふなおやじめかな」

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七「左向をした烏が阿呆と言った

2 〔副〕 無上に。むやみに。大変に

随筆裏見寒話(1753)付録「あほふ 物の至極の事譬へば、…見事、…美しいといふ」

[語誌](1)語源については、諸説あるが、江戸時代には、中国秦の始皇帝の造った「阿房宮」に結びつける説が一般的であった。そのせいか、漢字表記は「阿房」が多い。「阿呆」は近代になってから見られるが、これは、おろかの意の「呆」を音によってあてたものか。
(2)方言では、関東バカ(馬鹿)に対比させ関西アホと言われるように、アホ(ウ)は、関西中心に分布している。関西でもバカを使わないわけではないが、アホ(ウ)よりも、強いニュアンスとなることが多い。


阿房

読み方:アホウ(ahou)

愚かなさま


阿房

読み方:あんぽんたん

  1. ばか又はのろまのこと。阿房といふことの洒落反魂丹といふの名に擬す。「-の抜け殻」。
  2. 頓馬、馬鹿、阿呆に同じ。
  3. 間の抜けたのろまなものをいふ。万金丹宝丹にもぢつていつた語である。
  4. 宝暦の頃から流行した言葉で、阿呆薄馬鹿といふ意味に使はれてゐる阿房転訛したものかともいはれる。
  5. 智慧足りない馬鹿者のこと。⑵女に甘い男のこと。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「阿房」の関連用語

阿房のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



阿房のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS