鈍間とは?

のろ ま [0] 【鈍間・野呂松・野呂間】

( 名 ・形動
の意から〕
動作がにぶく、気がきかない・こと(さま)。そのような人にもいう。 「 -な男」
「のろま色」の略。 「杓子かして-にして返し柳多留
( 名 )
野呂松のろま人形」の略。


鈍間

読み方:ノロマ(noroma)

動作がにぶく、気がきかないこと


鈍間

読み方:のろま

  1. 近代世事談〕江戸和泉大夫芝居野良兵衛といふ者、頭平く色青黒きいやしげなる人形使ふ、之をのろま人形といふ、野良略語なり、又鎌斎左兵衛はかしこき人形を使ひ、相共に賢愚の体を狂言せしなり、それより鈍き者をのろまといへり。
  2. 痴鈍にして気の利かぬ人を罵りて云ふ語。略してのろと云ふ。
  3. 気の利かぬ人を嘲る語。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鈍間」の関連用語

鈍間のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鈍間のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS