雄とは? わかりやすく解説

お〔を〕【男/夫】

読み方:お

《「雄(お)」と同語源。「女(め)」に対する語》

おとこ。男子

吾が大国主汝(な)こそは—にいませば」〈記・上・歌謡〉

おっと。

「吾(あ)はもよ女(め)にしあれば、汝(な)を置(き)て—はなし」〈記・上・歌謡〉

(「雄」「牡」とも書く)他の語の上または下に付いて複合語をつくる。

男性、または動植物のおすを表す。「—牛」「—花」「益荒(ますら)—」

一対物のうち、大きいもの、または男性的と思われるほうのものを表す。「—岳」「—竹」

おおしい勇ましい意を表す。「—たけび」「—心」


おす〔をす〕【雄/×牡】

読み方:おす

動物の性別で精巣をもち、精子をつくるほう。また、植物雄花をつけるもの。お。⇔雌(めす)。

雄ねじ。またはコネクターなどの接続部品において、接続部が凸になっている側(ピン)。⇔雌。

「雄」に似た言葉

おん〔をん〕【雄】

読み方:おん

おす。お。⇔雌(めん)。

「—はいないのだが、どこかで子種もらって来たよ」〈志賀暗夜行路


ゆう【雄】

読み方:ゆう

常用漢字] [音]ユウ(漢) [訓]お おす

[一]ユウ

おす。「雄蕊(ゆうずい)・雄性雌雄

おおしい勇ましく強い。胆力知力すぐれた人。「雄姿雄壮雄弁英雄奸雄(かんゆう)・梟雄(きょうゆう)・群雄豪雄両雄老雄

規模大きい。「雄渾(ゆうこん)・雄大雄図雄飛雄編

[二]〈お〉「雄牛雄蕊(おしべ)」

[三]〈おす〉「雄犬

名のり]かず・かた・かつ・たか・たけ・たけし・のり・よし

難読雄叫(おたけ)び・雄鳥(おんどり)


ゆう【雄】

読み方:ゆう

生物のおす。おとこ。

強く勢いのあること。特にすぐれていること。また、その人。「政界の—」


同義/類義語:オス
英訳・(英)同義/類義語:male

有性生殖をする生物で、精子雄性配偶子)を作る個体

雄の画像 雄の画像
芸名
芸名フリガナゆう
性別男性
誕生日09/18
星座おとめ座
血液型O
ブログURLhttp://ameblo.jp/up-date-yuu/
プロフィール進化型エンターテイナーパフォーマンスグループ「Up-Date」のメンバー。今後の活躍が期待される
職種音楽

» タレントデータバンクはこちら

読み方:おん

  1. 検事。〔第二類 人物風俗
  2. 検事
  3. じけん(※「じけん」)の条を見よ。〔犯罪語〕
  4. 検事を云ふ。告訴する権利あるより。

分類 犯罪犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:オンドリ(ondori)

所在 徳島県那賀郡那賀町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
あくつ
おさき
ゆう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 20:59 UTC 版)

オス: Male)は、動物性別のうち、精巣を有し、精子をつくる側のこと。植物の場合は、雄花をつけるもの[1]対義語メス






「雄」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/07 05:31 UTC 版)

ヒレナガチョウチンアンコウ科」の記事における「雄」の解説

本科の雄これまでにヒレナガチョウチンアンコウ属の5個体自由生活期2、寄生個体3)の標本しか得られていない眼球および嗅覚器官大きく発達する胸鰭大きく体長40%に達する。腹鰭自由生活期の初期においてよく発達しているが、成長とともに消失する

※この「雄」の解説は、「ヒレナガチョウチンアンコウ科」の解説の一部です。
「雄」を含む「ヒレナガチョウチンアンコウ科」の記事については、「ヒレナガチョウチンアンコウ科」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/28 06:05 UTC 版)

ミツクリエナガチョウチンアンコウ科」の記事における「雄」の解説

チョウチンアンコウ類の矮雄一般に眼が小さくその代わりによく発達した嗅覚器官をもつ場合が多いが、ミツクリエナガチョウチンアンコウ科の雄大きなボール状の眼球をもつ一方嗅覚器微小である。吻の先端には担鰭骨接続する1対大きな歯を備え、雌に付着する際に用いられる前上顎骨退縮し、顎の歯を欠く。自由生活の雄皮膚滑らかで色素もたないが、寄生生活に入る多数突起現れ一様に黒色となる。 自由生活の雄は科全体で少なくとも175点の標本存在しいずれも全長2cm達しない。雌に付着した寄生雄は81例が知られ、そのサイズは0.8-14cmの範囲である。

※この「雄」の解説は、「ミツクリエナガチョウチンアンコウ科」の解説の一部です。
「雄」を含む「ミツクリエナガチョウチンアンコウ科」の記事については、「ミツクリエナガチョウチンアンコウ科」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 14:39 UTC 版)

オニアンコウ科」の記事における「雄」の解説

Acentrophryne 属を除く4属において、自由生活期(最大長8.6mm)および寄生生活期(最大長30mm)の雄確認されている。自由生活期のオニアンコウ属の体色は雌と同じく暗褐色あるいは黒色調であるが、他の属では色素欠き、Borophryne 属のみ寄生後に色素沈着生じる。 自由生活の雄はやや管状前向きの比較大きな眼をもつのに加え嗅覚器膨張し大きくなっている。すべての雄は顎ヒゲをもたず、Photocorynus 属および Haplophryne 属は顎の歯をもつ。寄生後の雄は精巣発達により腹部膨満する一方、眼・嗅覚器・歯は退縮する。

※この「雄」の解説は、「オニアンコウ科」の解説の一部です。
「雄」を含む「オニアンコウ科」の記事については、「オニアンコウ科」の概要を参照ください。


雄(おす)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 17:28 UTC 版)

ゲイ用語」の記事における「雄(おす)」の解説

男らしさ強調するために用い接頭辞。雄野郎・雄マラ雄汁・雄穴・雄マン・雄膣など、使用例様々である

※この「雄(おす)」の解説は、「ゲイ用語」の解説の一部です。
「雄(おす)」を含む「ゲイ用語」の記事については、「ゲイ用語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「雄」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 00:33 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. (おす)性別において、卵や胎児を産む能力有していないもの。
  2. ユウ強く技能秀でている存在専ら男性的な存在指して用いられる

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「雄」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



雄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

雄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2022 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヒレナガチョウチンアンコウ科 (改訂履歴)、ミツクリエナガチョウチンアンコウ科 (改訂履歴)、オニアンコウ科 (改訂履歴)、ゲイ用語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS