検事とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 役職 > 検事 > 検事の意味・解説 

けん‐じ【検事】

読み方:けんじ

検察官職階の一。検事長の下、副検事の上に位する

検察官旧称


検察官

(検事 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 02:47 UTC 版)

検察官けんさつかんは、検察権行使の権限主体である。


注釈

  1. ^ 沖縄の復帰に伴う法務省関係法令の適用の特別措置等に関する政令第2条により、沖縄の法令の規定により禁錮以上の刑に処せられた者も対象。刑法第27条により執行猶予を取り消されることなく猶予の期間を経過した時、第34条の2により、刑の執行を終えるか刑の執行の免除を得た後に罰金以上の刑に処せられないで10年を経過した時は、欠格事由の対象外となる。
  2. ^ ただし、検事総長については国家公務員法2条の特別職の指定がなく、国務大臣相当の待遇であるものの一般職という事になっている。
  3. ^ 東京高等検察庁検事長のみ大臣政務官よりも高く副大臣よりも低い待遇であり、その他の高等検察庁の検事長は大臣政務官に相当する待遇である。
  4. ^ 本項に記した待遇は、俸給(給与の本給)の額の比較に基づく。次長検事及び検事長について「大臣政務官級」とあるが、大臣政務官は認証官でなく、給与以外の側面から見れば次長検事及び検事長は副大臣級とみなすことも間違いではない。

出典

  1. ^ 日本評論社(編)「現代の検察―日本検察の実態と理論」『法学セミナー増刊 総合特集シリーズ』第16号、日本評論社、1981年8月、 88-95頁、 NCID AN00327008。“『捜査における検察の役割―警察と検察の関係』(井戸田侃・記事登録ID「2369125」)”
  2. ^ a b 平野 1958
  3. ^ 平良木登規男 『捜査法 第2版』成文堂、2000年4月。ISBN 978-4792315214全国書誌番号:20074736 
  4. ^ 藤木英雄、松本時夫、土本武司 『刑事訴訟法入門 第3版』有斐閣〈有斐閣双書〉、2000年3月。ISBN 978-4641112025全国書誌番号:20054908。"初版(1976年刊行)書誌情報→『国会図書館サーチ』より"。 
  5. ^ 石丸俊彦仙波厚川上拓一服部悟 『刑事訴訟の実務(上)』新日本法規出版、2011年3月。ISBN 978-4788273887全国書誌番号:21928781 
  6. ^ 平良木登規男 『刑事訴訟法 I』成文堂、2009年10月。ISBN 978-4792318482全国書誌番号:21673230 
  7. ^ 最高裁判所第一小法廷判決 昭和27年6月5日 集刑 第65号73頁、昭和26(あ)825、『酒税法違反』「検察官なる名称は官名か」。
  8. ^ a b 第201回国会 衆議院 予算委員会 第5号 令和2年2月3日 森まさこ法務大臣の答弁
  9. ^ 昭和56年4月28日衆議院内閣委員会における斧誠之助人事院事務総局任用局長の答弁 および 第201回国会 衆議院 予算委員会 第11号 令和2年2月12日 の松尾恵美子人事院事務総局給与局長の答弁
  10. ^ 第201回国会 衆議院 予算委員会 第11号 令和2年2月の総理大臣答弁
  11. ^ 朝日新聞「法相『法解釈は省庁で』 検事長定年延長、野党は猛反発」 (2020年2月21日)
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n 諸外国の司法制度概要 1 (PDF)”. 首相官邸. 2017年3月7日閲覧。
  13. ^ a b c 諸外国の司法制度概要 2 (PDF)”. 首相官邸. 2018年3月7日閲覧。
  14. ^ 井戸田侃 『公訴権濫用論』学陽書房〈法学選書〉、1978年11月。ISBN 978-4313430167全国書誌番号:78033162 
  15. ^ 指宿信 『刑事手続打切り論の展開―ポスト公訴権濫用論のゆくえ』日本評論社、2010年3月。ISBN 978-4535517493全国書誌番号:21746765 
  16. ^ 寺崎嘉博 『訴訟条件論の再構成―公訴権濫用論の再生のために』成文堂、1994年5月。ISBN 978-4792313357全国書誌番号:94060741 
  17. ^ 佐々木史朗「刑事裁判の当面する課題―検察官よ、法廷にかえれ」『判例タイムズ』第14巻第13号、判例タイムズ社、1963年11月1日、 2375-2383頁、 ISSN 0438-5896NAID 40003203372NCID AN00326956。“記事登録ID「749523」
  18. ^ 日本刑法学会(編) 『改正刑事訴訟法―解説と批判―〈刑法雑誌 別冊〉』有斐閣、1953年11月、248頁。ISBN 4-641-62361-9NCID BN06649424。"中武著の論文より"。 
  19. ^ 日本評論社(編)「現代の検察―日本検察の実態と理論」『法学セミナー増刊 総合特集シリーズ』第16号、日本評論社、1981年8月、 329頁、 NCID AN00327008。“『日本の検察・基礎16講』(記事登録ID「2369159」)より「第16講・公判専従論(浅田和茂)」”
  20. ^ 検察制度改革私案 - NHK視点・論点』2010年11月18日付け《2017年11月6日閲覧;現在はウェブアーカイブサイトarchive.is」内に残存》


「検察官」の続きの解説一覧

検事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 14:10 UTC 版)

検察官」の記事における「検事」解説

検察官職階一つであり、検事一級と検事二級とに分かれる。検事一級資格は法第19条、検事二級資格は法第18条それぞれ規定されている。

※この「検事」の解説は、「検察官」の解説の一部です。
「検事」を含む「検察官」の記事については、「検察官」の概要を参照ください。


検事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 22:54 UTC 版)

若狭勝」の記事における「検事」解説

1983年4月、検事に任官同期任官郷原信郎がいる)。初任東京地検検事。以後東京地検特捜部検事、同副部長横浜地検刑事部長東京地検公安部長などを歴任した担当した事件としては、『噂の眞相』誌での和久峻三及び西川りゅうじんスキャンダル掲載関わる名誉毀損事件や、ミッチー・サッチー騒動において浅香光代による野村沙知代公職選挙法違反虚偽事実公表罪)の告発受けた捜査特捜部所属時代ゼネコン汚職事件などがあり、日歯連事件捜査では特捜部班長として携わった2009年には小向美奈子覚醒剤取締法違反犯した際の捜査指揮している。 酒好きかつ甘党で、公安部長時代泥酔して携帯電話一時紛失したこともあるが、悪用される前に回収できた。また後述する政治家引退時にアイスクリームプリンやけ食いしていたところ、『名医のTHE太鼓判!出演時に余命7年宣告され食生活改善した一時試した炭水化物抜きダイエットは「頭の働き悪くなった」と回想し食生活で適度を心掛けている。

※この「検事」の解説は、「若狭勝」の解説の一部です。
「検事」を含む「若狭勝」の記事については、「若狭勝」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「検事」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「検事」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



検事と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検事のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



検事のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの検察官 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの検察官 (改訂履歴)、若狭勝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS