破壊活動防止法とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 法令 > 日本の法律 > 破壊活動防止法の意味・解説 

はかいかつどう‐ぼうしほう〔ハクワイクワツドウバウシハフ〕【破壊活動防止法】


破壊活動防止法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/07 03:34 UTC 版)

破壊活動防止法(はかいかつどうぼうしほう、昭和27年7月21日法律第240号、英語: Subversive Activities Prevention Act[1])は、暴力主義破壊活動を行った団体に対し、規制措置を定めると共に、その活動に関する刑罰を定めた日本法律。所管官庁は、法務省である。特別刑法の一種。全45条。略称は破防法[2]




  1. ^ 日本法令外国語訳データベースシステム; 日本法令外国語訳推進会議 (2011年9月8日). “日本法令外国語訳データベースシステム-破壊活動防止法”. 法務省. p. 1. 2017年6月14日閲覧。
  2. ^ 破防法とはコトバンク
  3. ^ 荻野富士夫 『戦後治安体制の確立』 岩波書店 p.232
  4. ^ 第013回国会 本会議 第32号”. kokkai.ndl.go.jp. 2018年12月20日閲覧。
  5. ^ 第013回国会 本会議 第59号”. kokkai.ndl.go.jp. 2018年12月20日閲覧。
  6. ^ a b 破防法成立にさいしての声明(日本労働年鑑 第26集 1954年版)”. 法政大学大原社会問題研究所 (1953年11月20日). 2010年4月24日閲覧。
  7. ^ 破壊活動防止法の制定(日本労働年鑑 第26集 1954年版)”. 法政大学大原社会問題研究所 (1953年11月20日). 2010年4月24日閲覧。
  8. ^ 第013回国会 本会議 第61号”. kokkai.ndl.go.jp. 2018年12月24日閲覧。
  9. ^ 第013回国会 本会議 第65号”. kokkai.ndl.go.jp. 2018年12月24日閲覧。
  10. ^ ジョン・ダワ―(著) 大窪愿二(訳) 『吉田茂とその時代』 中公文庫 p.122~123
  11. ^ 現・公安調査庁
  12. ^ 荻野富士夫 『戦後治安体制の確立』 岩波書店 p.285~287
  13. ^ 国会議事録 第71回国会 参議院 法務委員会 第3号 昭和48年2月27日
  14. ^ 破壊活動防止法にみる団体規制と結社の自由(鳥居 喜代和) - 立命館法学
  15. ^ 参議院内閣委員会 1967年7月20日
  16. ^ a b c d e f ただし、人事院規則の定める場合を除く。現在の人事院規則では例外は規定されていない。
  17. ^ ただし、最高裁判所規則の定める場合を除く。現在の最高裁判所規則では例外は規定されていない。
  18. ^ ただし、失職については防衛省令の定める場合を除く。現在の防衛省令では例外は規定されていない。
  19. ^ ただし、条例で定める場合を除く。
  20. ^ ただし、設立団体の条例で定める場合を除く。
  21. ^ ただし、日本に特別の功労がある外国人の場合、国会の承認を経て、法務大臣が帰化を許可することは可能。


「破壊活動防止法」の続きの解説一覧



破壊活動防止法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「破壊活動防止法」の関連用語

破壊活動防止法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



破壊活動防止法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの破壊活動防止法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS