共同被告同志に告ぐる書とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 共同被告同志に告ぐる書の意味・解説 

共同被告同志に告ぐる書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/26 23:46 UTC 版)

共同被告同志に告ぐる書(きょうどうひこくどうしにつぐるしょ)とは、1933年6月10日日本共産党幹部の佐野学鍋山貞親が公表した左翼労働運動の方針に関する転向宣言。俗に「佐野・鍋山転向声明」・「転向声明」という。




  1. ^ https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/179561/1/bkr00009_001b.pdf 一国社会主義から民主社会主義へ : 佐野学・鍋山貞親の 戦時と戦後
  2. ^ 石神井会議の時でも、君主制廃止の問題には手をつけずあっさり審議から除いてしまった。1932年9月全協中央委員会に於いても君主制廃止のスローガンは僅から一票の差で採用と決し、これと同時に中央委員会は全部辞職したと云う。その他過去に於ける我々の会合に於いても、この問題には誰もが強いて触れようとはしなかったのである。『共同被告同志に告ぐる書』
  3. ^ 佐野学ら当時の左翼が頻繁に使う"左翼労働者運動"という用語は、現在では"社会主義革命"と呼ばれることが多い
  4. ^ 弾圧に屈せざる真摯な同志の勇気と熱情にも拘らず、党自身の方向が歪み、ジャーナリズムの喝采を受けても肝腎の労働者大衆の関心から離れ、欠くべからざるプロレタリア的自己批判は放擲され、純真の青年同志や労働者党員は大衆的闘争の中に訓練せられない。『共同被告同志に告ぐる書』
  5. ^ 『共同被告同士に告ぐる書』


「共同被告同志に告ぐる書」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「共同被告同志に告ぐる書」の関連用語

共同被告同志に告ぐる書のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



共同被告同志に告ぐる書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの共同被告同志に告ぐる書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS