しかととは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 名字辞典 > しかとの意味・解説 

しかと [0]


しか と [2][1]と・聢

はっきりしているさま。確かであるさま。 -そうか 心得
物事を完全に行うさま。しっかりと。かたく。 刀を-握る 八重にも十重にも折たる儘帯の間へ-納め/緑簑談 南翠
すき間のないさま。びっしりと。 その国のなにがしそれがしと名のつて、廻廊に-並みゐたり/太平記 3


鹿戸

名字 読み方
鹿戸しかと
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

鹿戸

読み方
鹿戸しかと

しかと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/20 09:49 UTC 版)

しかとシカトとは、特定の対象(主に人[1])を無視すること、つまり冷遇することや居ないものとして扱うことを指す言葉[2][3][4]。元々はヤクザ隠語だったが、一般の人間にも使用されている。




  1. ^ たとえば「信号をしかとする」といった用い方はされない。
  2. ^ 無視されてる?常に疎外感を感じている人、その原因はあなた自身に。さあ克服しよう。 (2014年10月17日)” (日本語). エキサイトニュース. 2019年6月20日閲覧。
  3. ^ 高史, 鈴置. “習近平の「シカト」に朴槿恵は耐えられるか:日経ビジネス電子版,日経ビジネス電子版” (日本語). 日経ビジネス電子版. 2019年6月20日閲覧。
  4. ^ 半島の約束を守らない人々とどう付き合うか?” (日本語). FNN.jpプライムオンライン. 2019年6月20日閲覧。
  5. ^ 広辞苑第六版 「しかと」
  6. ^ なんで無視することを「シカトする」って言うの? (2019年5月16日) - エキサイトニュース(2/3)” (日本語). エキサイトニュース. 2019年6月20日閲覧。


「しかと」の続きの解説一覧

  • 画数:14
  • 訓読み:しかと、 しか
  • ハングル:정
  • 対応する英語:certainly, (kokuji)
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「しかと」の関連用語

しかとのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



しかとのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2020 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのしかと (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS