スモークハラスメントとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > ハラスメント > スモークハラスメントの意味・解説 

スモハラ

別名:スモークハラスメント

喫煙者非喫煙者に対して喫煙強制したり、受動喫煙させたりして迷惑をかける行為。スモークハラスメントの略称。

スモハラはハラスメント行為1つで、受けた側が嫌な思いをしたと感じ時点でハランスメントが成立する。主に、役職年齢などの強い立場の人の、弱い立場の人に対す行為該当する。

例えば、職場において上司部下に対して煙草勧める行為は、立場同意せざるを得ない状況にあることが多く部下同意する旨を伝えたとしても、本心煙草を吸いたくないと思えばスモハラに該当する。また、上司部下喫煙してよいかを尋ね行為もスモハラに該当することがある

ちなみに健康増進法の第25条では、管理者受動喫煙防止のための措置講じるよう努めなければならない規定している。

関連サイト
健康増進法 - e-Gov


スモークハラスメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/15 14:29 UTC 版)

スモークハラスメント和製英語: smoke harassment)とは、職場などにおいて自己意思に反して喫煙者が非喫煙者に対して喫煙することを強制したり、たばこにさらされるなど、いわゆる「喫煙に関する嫌がらせ行為」を意味する日本語造語(和製英語)である。してスモハラともいう。 日本作家山本由美子によって1993年(平成5年)に提唱され、徐々に普及した。






「スモークハラスメント」の続きの解説一覧



スモークハラスメントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スモークハラスメント」の関連用語

スモークハラスメントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スモークハラスメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスモークハラスメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS