ハーム・リダクションとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 国際保健用語 > ハーム・リダクションの意味・解説 

ハーム・リダクション

【英】:Harm Reduction

ある行動原因となっている健康被害行動変容などにより予防または軽減させることをハーム・リダクションと呼んでいる。特にエイズ対策では、注射薬使用者(IDU: Injection Drug User)が注射器や針を共有することによるHIV感染を、注射器交換経口薬物への薬物代替によって予防する対策として取り上げられることが多い。これに相当する日本語見当たらず、通常「ハーム・リダクション」とそのままカタカナ使用している。
ハーム・リダクションは、この対策自体薬物使用抑制するのでも逆に奨励するものでもない。注射器や針の共有によるHIV感染予防するための現実的対策であり、法規制相反するものでもない。むしろ、違法性強調してIDUへの取り締まり強化するのみでは、IDU地下組織にますます入り込みエイズ対策難しくなるとも言われている。ハーム・リダクションでは、カウンセリング通じて自発的カウンセリングHIV検査」(Voluntary Counseling and Testing; VCT)との連携、また最近ではハーム・リダクションを通じて薬剤依存症治療へのアクセス期待されている。
プログラムIDUへの社会的心理的な不安に留意しながらIDUサービスへのアクセス配慮して実施する必要がある。(垣本和宏)

参考URL資料:ハーム・リダクションと注射薬使用:HIV/AIDSの時代に. 古藤 吾郎、嶋根 卓也、吉田 智子三砂 ちづる. 国際保健医療 21(3)p185-195. 2006
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jaih/21/3/_cont...

ハーム・リダクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/29 01:49 UTC 版)

ハームリダクション(harm reduction)とは、個人が、健康被害や危険をもたらす行動習慣(合法・違法を問わない)をただちにやめることができないとき、その行動にともなう害や危険をできるかぎり少なくすることを目的としてとられる、公衆衛生上の実践、方略、指針、政策を指す。ハームミニマイゼーション(harm minimization)とも呼ばれることもある。日本語では、「被害低減」の訳語をあてることができるが、「ハームリダクション」の語をそのまま外来語表現として用いることが多い。[1]




「ハーム・リダクション」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ハーム・リダクション」の関連用語

ハーム・リダクションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハーム・リダクションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2018.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハーム・リダクション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS