IDUとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > IDUの意味・解説 

5‐ヨード‐2′‐デオキシウリジン

分子式C9H11IN2O5
その他の名称:イズレア、エマニル、イズリジン、ストキシル、デンドリド、イズオクロス、イデキスール、オフタルマジン、ヘルプレックス、イドキシウリジン、IDU、5IUDR、Emanil、Idexur、Idulea、Stoxil、Dendrid、Herplex、Iduridin、NSC-39661、Idu Oculos、Idoxuridine、Ophthalmadine、2'-Deoxy-5-iodouridine、1-(2-Deoxy-β-D-ribofuranosyl)-5-iodouracil、イドクスウリジン、5-Iodo-1-(2-deoxy-β-D-ribofuranosyl)uracil、5-ヨードデオキシウリジン、Synmiol、5-Iodouracil deoxyriboside、ヘルペシル、5-ヨードウラシルデオキシリボシド、ヘルピズ、イズケル、シンミオール、ケレシド、Herpesil、Iododeoxyuridine、ヨードデオキシウリジン、Herpidu、Iducher、Idoxuridin、Kerecid、IUDR、IDUR、5-Iododeoxyuridine、IdUrd、ヨードクスウリジン、ヨードキシウリジン、5-Iodo-5-demethylthymidine、1-(2-Deoxy-β-D-ribofuranosyl)-5-iodopyrimidine-2,4(1H,3H)-dione、5-Iodo-2'-deoxyuridine
体系名:1-(2-デオキシ-β-D-erythro-ペントフラノシル)-5-ヨードピリミジン-2,4(1H,3H)-ジオン、5-ヨード-2'-デオキシウリジン、5-ヨード-1-(2-デオキシ-β-D-リボフラノシル)ウラシル、1-(2-デオキシ-β-D-リボフラノシル)-5-ヨードウラシル、2'-デオキシ-5-ヨードウリジン、5-ヨード-5-デメチルチミジン、1-(2-デオキシ-β-D-リボフラノシル)-5-ヨードピリミジン-2,4(1H,3H)-ジオン


IDU

IDU, Injecting Drug Use, Injection drug user

【概要】 乱用薬物中毒のうち覚醒剤(アンフェタミンメタンフェタミン)とアヘンアルカイド(モルヒネコデイン)は静脈注射使用されることがある。他に経口、煙、粘膜塗布など。常習により様々な中枢神経交感神経への作用がある。  静注場合は針や注射器共用によって、血液によって感染するウイルスの伝播が起こる。このため外国では針・注射器交換プログラムや、メタドンへの移行促進することによって新規感染者の減少を図る努力が行われた。薬物使用下の防護のない性行為増えることはこれらのプログラムでは防止できない

《参照》 薬物乱用


IDU

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/07 05:50 UTC 版)

IDU




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「IDU」の関連用語

IDUのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



IDUのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2019, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIDU (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS