1Hとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 1Hの意味・解説 

水素

(1H から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/11 03:48 UTC 版)

水素(すいそ、: hydrogenium: hydrogène: hydrogen)は、原子番号 1 、原子量 1.00794[1]非金属元素である。元素記号H。ただし、一般的には「水素」と言っても、水素の単体である水素分子(水素ガス) H2 を指していることが多い。




  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 桜井 弘「水素」『元素111の新知識』講談社、1997年、30-34頁。ISBN 4-06-257192-7
  2. ^ a b c d e f g h i j 「水素」『12996の化学商品』化学工業日報、1996年、233-234頁。ISBN 4-87326-204-6
  3. ^ Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds (PDF) (2004年3月24日時点のアーカイブ), in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press.
  4. ^ Palmer, D. (1997年9月13日). “What is the known percentage of hydrogen in the Universe and where is it?”. NASA. 2010年5月8日閲覧。
  5. ^ Anders, Edward; Nicolas Grevesse (1989). “Abundances of the Elements-Meteoritic and Solar”. Geochimica et Cosmochimica Acta 53: 197. 
  6. ^ クリエイティブ・スイート 『宇宙の秘密』 PHP研究所、2009年、22頁。ISBN 978-4-569-67352-3 
  7. ^ 西尾正則. “宇宙科学入門第7回資料 (PDF)”. 鹿児島大学理学部. 2010年5月9日閲覧。
  8. ^ a b 「惑星の顔を決める大気流出」『見えてきた太陽系の起源と進化』日経サイエンス〈別冊 日経サイエンス〉、2009年、134-142頁。ISBN 978-4-532-51167-8
  9. ^ a b 「【重水素】」『12996の化学商品』『化学工業日報』、1996年、234-235頁。ISBN 4-87326-204-6
  10. ^ a b c d e f g h i J.D.Lee「3.元素の一般的性質 水素」『リー 無機化学』浜口博、菅野等訳、東京化学同人、1982年、119-123頁。ISBN 4-8079-0185-0
  11. ^ G. Audi et al. (2003). “The Nubase evaluation of nuclear and decay properties”. Nuclear Physics A (Elsevier) 729 (1): 27. doi:10.1016/j.nuclphysa.2003.11.001. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0375947403018074?via%3Dihub. 
  12. ^ a b c d e f g h 東北大学金属材料研究所「8.燃料電池と水素貯蔵材料」『金属材料の最前線』講談社、2009年、241-259頁。ISBN 978-4-06-257643-7
  13. ^ Weir, S. T.; Mitchell, A. C.; Nellis, W. J. (1996). "Metallization of Fluid Molecular Hydrogen at 140 GPa (1.4 Mbar)". Phys. Rev. Lett. 76: 1860–1863. doi:10.1103/PhysRevLett.76.1860
  14. ^ W・J・ネリス 「金属水素を作る」(日経サイエンスのページ)
  15. ^ Ashcroft, N.W. (1968). “Metallic Hydrogen: A High-Temperature Superconductor?”. Physical Review Letters 21 (26): 1748. Bibcode1968PhRvL..21.1748A. doi:10.1103/PhysRevLett.21.1748. 
  16. ^ 木星”. 福岡教育大学金光研究室. 2010年5月9日閲覧。
  17. ^ ニュートン別冊周期表第2冊 付録周期表』ニュートンプレス、2010年。ISBN 978-4-315-51876-4
  18. ^ IUPAC Nomenclature of Organic Chemistry /Recommendations 1979 and Recommendations 1993 by ACD Lab. Inc.)
  19. ^ a b c d J.D.Lee「3.元素の一般的性質 水素化物」『リー 無機化学』浜口 博、菅野 等訳、東京化学同人、1982年、123-126頁。ISBN 4-8079-0185-0
  20. ^ Hydride - PubChem Public Chemical Database”. The PubChem Project. USA: National Center for Biotechnology Information. 2016年5月19日閲覧。
  21. ^ METAL HYDRIDES, WATER-REACTIVE, N.O.S. (version 2.6 ed.), Alternate Chemical Names: Cameo Chemicals, https://cameochemicals.noaa.gov/chemical/3592 2016年5月19日閲覧。 
  22. ^ “Hydrogen anion”, NIST Standard Reference Database 69: NIST Chemistry WebBook (The National Institute of Standards and Technology (NIST)), http://webbook.nist.gov/cgi/inchi/InChI%3D1S/H/q-1 2016年5月19日閲覧。 
  23. ^ 学術用語の日本語と英語の対応, LSDB, http://togodb.dbcls.jp/scientific_term_ja_vs_en/show/24121 
  24. ^ 用語解説, (注2)ヒドリドイオン: 科学技術振興機構(JST), http://www.jst.go.jp/pr/announce/20070427/yougo.html 2017年7月25日閲覧。 
  25. ^ ヒドリドイオン, コトバンク, https://kotobank.jp/word/%E3%83%92%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%89%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3-1692867 2016年5月19日閲覧。 
  26. ^ ハロゲンに近い性質を持つため、1周期系列と17族の位置に変更すべきというもの。
  27. ^ 玉尾皓平、桜井弘、福山秀敏『完全図解周期表 - 自然界のしくみを理解する第1歩』ニュートンプレス〈ニュートンムック - サイエンステキストシリーズ〉、2006年。ISBN 978-4315517897
  28. ^ 経済産業省生産動態統計年報 化学工業統計編
  29. ^ ニュートン別冊周期表第2冊 付録周期表』ニュートンプレス、2010年、86-87頁。ISBN 978-4-315-51876-4
  30. ^ 水素を生かす(上)初のセルフ式ステーション日本経済新聞』朝刊2019年1月6日(サイエンス面)2019年2月24日閲覧。
  31. ^ 既存添加物名簿収載品目リスト(日本食品化学研究振興財団、平成26年2月6日更新)2016年6月30日閲覧。
  32. ^ Agency Response Letter GRAS Notice No. 520 FDA, November 28, 2014.
  33. ^ 「水の活性化と機能水-表面処理における各種対策について」『鍍金の世界』41(4)[2008.4]、52〜56頁。
  34. ^ 黒部洋(栗田工業株式会社)「機能水の製造方法および洗浄効果 オプト・半導体デバイスにおけるウェットプロセスの技術トレンド(薬品・機能水編)」『マテリアルステージ』7(10)[2008.1]、40〜43頁。
  35. ^ 「水素を発電燃料に 千代田化工など、東南アから輸入」『日本経済新聞』電子版(2017年7月27日)2018年5月11日閲覧
  36. ^ 古川一夫 (2015年3月2日). “水素社会構築に向け、新たな研究開発を開始”. 2015年7月11日閲覧。
  37. ^ a b 李強、田中良晴、田中博司、三羽信比古「水素医学研究概況及び関連文献のビブリオメトリックス解析」『大阪物療大学紀要』第3巻、2015年3月、 31-40頁、 NAID 110009914847 二次資料
  38. ^ a b c d Ichihara M, Sobue S, Ito M, Ito M, Hirayama M, Ohno K (2015). “Beneficial biological effects and the underlying mechanisms of molecular hydrogen - comprehensive review of 321 original articles”. Med Gas Res 5: 12. doi:10.1186/s13618-015-0035-1. PMC: 4610055. PMID 26483953. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4610055/.  二次資料
  39. ^ Dole M, Wilson FR, Fife WP. (1975). “Hyperbaric hydrogen therapy: a possible treatment for cancer”. Science 190 (4250): 152-4. PMID 1166304. 
  40. ^ a b 大澤郁朗「水素分子の疾患予防・治療効果」『日本透析医学会雑誌』第28巻第2号、2013年、 261-267頁。
  41. ^ Nicolson, Garth L.; de Mattos, Gonzalo Ferreira; Settineri, Robert; Costa, Carlos; Ellithorpe, Rita; Rosenblatt, Steven; La Valle, James; Jimenez, Antonio et al. (2016). “Clinical Effects of Hydrogen Administration: From Animal and Human Diseases to Exercise Medicine”. International Journal of Clinical Medicine 07 (01): 32–76. doi:10.4236/ijcm.2016.71005. ISSN 2158-284X. http://file.scirp.org/Html/5-2101253_62945.htm.  二次資料
  42. ^ a b 佐野元昭「水素ガス吸入療法による心肺停止蘇生後臓器障害抑制」『Organ Biology』第23巻第2号、2016年、 117-120頁、 doi:10.11378/organbio.23.117
  43. ^ 先進医療 B 実施計画等評価表(番号 B066)2016年7月14日
  44. ^ “Feasibility and Safety of Hydrogen Gas Inhalation for Post-Cardiac Arrest Syndrome - First-in-Human Pilot Study”. Circ. J. 80 (8): 1870–3. (2016). doi:10.1253/circj.CJ-16-0127. PMID 27334126. 
  45. ^ 心停止の患者 水素で脳ダメージ軽減 臨床研究開始へ”. NHK科学文化部ブログ (2016年2月20日). 2017年4月1日閲覧。
  46. ^ 入江潤一郎、伊藤裕、「腸管環境と心血管病」『心臓』2012年 44巻 12号 p.1498-1503, doi:10.11281/shinzo.44.1498




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「1H」に関係したコラム

  • FXのピボットの計算方法と使い方

    ピボット(PIVOT)は、前日の為替レートをもとに当日の為替レートを予測するFXのテクニカル指標です。主にデイトレード向きの手法で用いられています。ピボットで求めるのは、基準となるPIVOT値と、サポ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1H」の関連用語

1Hのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



1Hのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS