家庭内暴力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > 行動 > 家庭内暴力の意味・解説 

かていない‐ぼうりょく【家庭内暴力】

読み方:かていないぼうりょく

家庭内暴力行為。主に、子供が親にふるう暴力。→ディー‐ブイDV


家庭内暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/07 04:16 UTC 版)

家庭内暴力(かていないぼうりょく)は、家庭内で起こる、家族に対する暴力的な行為や言動のことである。


注釈

  1. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典』では「夫婦間や親子間など,家庭内の親密な関係性にある人の間においてふるわれる暴力。」と広義の意味で説明し、『ニッポニカ』では、後者の意味(狭義)に用いられることが多い[1]、としている。
  2. ^ 親からの体罰児童虐待に対して「逆向き」という意味。

出典

  1. ^ a b c d e f 家庭内暴力”. 日本大百科全書. 小学館. 2016年4月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 家庭内暴力についての話”. 北海道警察. 2016年4月22日閲覧。
  3. ^ マイペディア[要ページ番号]
  4. ^ a b かていないぼうりょく【家庭内暴力】”. 世界大百科事典 第2版. 平凡社. 2016年4月22日閲覧。
  5. ^ a b 家庭内暴力”. 朝日新聞掲載「キーワード」. 朝日新聞社. 2016年4月22日閲覧。
  6. ^ a b c かていないぼうりょく”. 家庭医学館. 小学館. 2016年4月22日閲覧。
  7. ^ 第4節 家庭と学校における非行”. 犯罪白書. 法務省 (2013年). 2016年4月22日閲覧。
  8. ^ "平成27年中における少年の補導及び保護の概況"警察庁(2016年)2016年12月16日閲覧。
  9. ^ 家庭内暴力”. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. 2016年4月22日閲覧。


「家庭内暴力」の続きの解説一覧

家庭内暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 10:13 UTC 版)

ルーマニアの犯罪」の記事における「家庭内暴力」の解説

2010年のユーロバロメータによる女性に対する暴力調査では、ルーマニア人回答者39%がDVを「非常に多い」と答え45%が「多い」、8%が「多くはない」と回答した。「全くない」と答えたのは8%で、残りの8%は「わからない/無回答であったルーマニアでは、被害者非難考え方浸透している。2013年調査では、回答者の30.9%が、「女性自分の責任で暴力を受けることがある」としている。2010年のユーロバロメータの調査によれば回答者58%が女性に対する暴力原因として「女性挑発的な行動」があると答えた2016年ルーマニアは、「女性に対する暴力及び家庭内暴力の防止撲滅に関する欧州議会協定」(イスタンブール協定)を批准した

※この「家庭内暴力」の解説は、「ルーマニアの犯罪」の解説の一部です。
「家庭内暴力」を含む「ルーマニアの犯罪」の記事については、「ルーマニアの犯罪」の概要を参照ください。


家庭内暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/24 06:44 UTC 版)

ジュディス・バーシ」の記事における「家庭内暴力」の解説

ジュディス子供だけど、俺が今まで見た中で銀行にたくさん貯金があった。こっちがおかしくなるぜ。いつかあのチビガキを痛めつけてやる」と、ジュディス父親言っていた バーシ一家の隣人 娘が有名になるにつれてアルコール依存症だった父親職業としていた配管工解雇され口汚く嫉妬深くなり、被害妄想募らせるようになったアルコール依存症悪化し彼は3度飲酒運転捕まっている。1986年12月母親は夫に顔を殴られ首を絞められたと警察に通報した。物的証拠見つからなかったため、それ以来夫を告発することはなくなった。この通報の後、父親飲酒をやめたが、妻子への暴力はやめなかった。父親は「二度とうちに帰らないだったら、お前ののどを切り裂いてやる」とナイフ手に娘を脅したりハンガリーにいる妻の親類亡くなったという電報を隠すこともあった。 ジュディスはかっとなった父親フライパンポット投げつけられ鼻血出したことを親友話した度重なる虐待から、ジュディス太りだし、自分のまつげや飼い猫のひげを抜くといった奇行目立ようになった。『天国から来たわんちゃん チャーリーお話』の歌唱オーディション中エージェントの前で泣き出したため、母親は彼女を児童心理学者の元へ連れて行った結果身体的精神的虐待認められ児童保護サービス通報された。 夫と離婚する準備行いジュディス連れてロサンゼルス市内のパノラマシティにアパート借りて夫から逃げるとジュディス母親ケースワーカー伝えたため、調査中止された。 母親友人たちは彼女の逃亡計画実行すべきだ忠告したが、母親住み慣れた家や財産失いたくないため、計画断念した父親潔癖症になったので母親追い出すべく家の掃除をやめた結果、家は豚小屋揶揄されるほど汚くなっていった一家殺人事件から数週間前、母親隣人に、夫にとられる前に娘の連邦還付金12,000$分の小切手換金する旨を話した

※この「家庭内暴力」の解説は、「ジュディス・バーシ」の解説の一部です。
「家庭内暴力」を含む「ジュディス・バーシ」の記事については、「ジュディス・バーシ」の概要を参照ください。


家庭内暴力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 22:51 UTC 版)

父親の権利運動」の記事における「家庭内暴力」の解説

父親の権利運動メンバー達は、「ある女性達は、離婚親権争いにおいて有利な立場獲得し父親子供会うこと阻止するために、家庭内暴力、性的虐待児童虐待が無いのに有るという偽りの申立行っている。」と主張している。そして、「弁護士は、そういう申立をするように女性達アドバイスしている。」と述べている。 彼らは、次のように述べている。「家庭内暴力や児童虐待偽りの申立は、子供親権決め聴聞が、勝つか負けるの仕組みになっていることにより促されるのだ。男性は、警察裁判所により、無実推定されているのではなく始めから有罪推定されている。暴力振るわれたと主張する女性弁護士支持者は、社会において家庭内暴力の頻度は、偽りの暴力申立頻度より多いので、家庭裁判所訴訟手続きでは、たいてい家庭内暴力があるとの申立をすると言っている。また家庭内暴力は、別居離婚きっかけとして始まったり、エスカレートすることがある主張している。」。 Stephen Baskerville は、「子供虐待起きた場合に、加虐者は父親ではないことが多い。なぜなら、児童虐待は、父親子供から引き離され後に発生することが多いからである。」と述べている。またBaskerville は、「家庭内暴力や児童虐待は、犯罪行為として法のデュー・プロセス適正手続きに従って判断されなければならない。そして、この問題プログラム政府資金援助する場合には、そうした適正手続きを経なければならない。」と述べている。

※この「家庭内暴力」の解説は、「父親の権利運動」の解説の一部です。
「家庭内暴力」を含む「父親の権利運動」の記事については、「父親の権利運動」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「家庭内暴力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「家庭内暴力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



家庭内暴力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「家庭内暴力」の関連用語

家庭内暴力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



家庭内暴力のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家庭内暴力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのルーマニアの犯罪 (改訂履歴)、ジュディス・バーシ (改訂履歴)、父親の権利運動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS