被虐待症候群とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 被虐待症候群の意味・解説 

被虐待症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/12 04:53 UTC 版)

被虐待症候群(ひぎゃくたいしょうこうぐん、Battered person syndrome , BPS)は、虐待被害者の症状として頻繁に紹介されるもので、あまりに虐待が継続・日常化した場合、被害者が抵抗する意欲を失うばかりか、虐待をごく自然な行為として甘んじて受けるようになってしまう状態のこと。






「被虐待症候群」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「被虐待症候群」の関連用語

被虐待症候群のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



被虐待症候群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの被虐待症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS