暴力団排除条例とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 暴力団排除条例の意味・解説 

暴力団排除条例

読み方:ぼうりょくだんはいじょじょうれい
別名:暴排条例

暴力団およびその影響力を排除することを目的とする一連の条例総称都道府県などの地方公共団体によって施行されている。

各自治体の暴力団排除条例の内容それぞれ異なるが、共通する大まかな趣旨としては、暴力団との交際につながる具体的な行為禁止し、事業者や一般人と暴力団との関わり原則的断ち切る、といった内容となっている。条例違反した場合事業者にも勧告および罰則が科される例もある。

暴力団排除条例の名称は、典型的には「神奈川県暴力団排除条例」「宮崎県暴力団排除条例」といった名称がつけられている。中には鹿児島県暴力団排除活動推進に関する条例」のような名称の場合もある。

暴力団排除条例は、2011年4月までに30余り都道府県施行されており、2011年11月に「東京都暴力団排除条例」および「沖縄県暴力団排除条例」が施行されることで、全都道府県が暴力団排除条例を持つことになる。

暴力団排除条例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/11 00:14 UTC 版)

暴力団排除条例(ぼうりょくだんはいじょじょうれい)とは、地方公共団体条例である。通称暴排条例[1]


  1. ^ 暴力団排除条例をめぐり「脅しや詐欺」が続出。不安を煽り信頼を強調して金銭を要求、公的団体を名乗る手口に要注意!日経電子版、2012年2月16日、2013年8月28日観覧
  2. ^ 暴対法の定義では「暴力団の活動の拠点となっている施設又は施設の区画された部分」であり、条例もそれにならっている。
  3. ^ 山口組総本部を捜索 初の暴排条例違反容疑 朝日新聞 2011年10月21日
  4. ^ 露店の用心棒代禁止、兵庫県公安委が組合に勧告 読売新聞 2011年12月16日
  5. ^ 2012/02/16 産経新聞「身辺警戒員」警戒時の装着バッジ公開 警察庁
  6. ^ 【山口組組長 一問一答】(上)全国で暴排条例施行「異様な時代が来た」(下)芸能界との関係「恩恵受けること一つもない」 - 産経新聞、2011年10月1日
  7. ^ 「暴力団排除条例の廃止を求め、暴力団対策法に反対する共同声明」ザ・ニュース、2012年1月24日
  8. ^ 暴力団対策法に反対する共同声明・記者会見
  9. ^ ドキュメント 決断「暴力団“離脱” その先に何が」”. NHK総合. 2014年8月14日閲覧。
  10. ^ ノーナレ「元ヤクザ うどん店はじめます」”. NHK総合. 2017年8月22日閲覧。


「暴力団排除条例」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「暴力団排除条例」の関連用語

暴力団排除条例のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



暴力団排除条例のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暴力団排除条例 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS