ハラスメントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ハラスメントの意味・解説 

ハラスメント

英語:harassment

ハラスメントとは、弱い立場相手嫌がらせをする行為という意味のこと。英語ではharassment表記されるharassment直訳は、嫌がらせ迷惑行為を行うことだ。ハラスメントの定義は、加害者故意の有無に関係なく被害者不利益を被り苦痛を感じるような全ての言動とされている日本ではハラスメントを防止する法律として、パワハラ防止法がある。パワハラ防止法は、職場いじめを防ぐために作られた法律で、2020年6月から施行された。

ハラスメントの種類様々である職場いじめパワハラ以外に有名なものとしてセクシャルハラスメント挙げられるだろう。セクシャルハラスメントは、性的な嫌がらせのことである。セクシャルハラスメントには、対価型セクハラ環境型セクハラ2つ分類される対価型セクハラは、立場弱い者に対し昇進などの利益を与える代わりにデート強要するなど被害者好まないことを受け入れさせる行為を指す。環境型セクハラは、対価与えず卑猥な言葉投げかけるなど嫌がらせ行為繰り返し環境悪化させる行為意味する

セクハラなどを外部などに訴えた場合、さらにそのことについて不利益な地位追いやるなど嫌がらせすることを、セカンドハラスメントという。そのほかにも、大学教授学生部下に行うアカデミックハラスメントや、上下関係とは関係なく不愉快な言動により心理的圧迫与えモラルハラスメントなどもある。厚生労働省はハラスメント対策として事業主パワハラ防止義務課したり妊娠・出産育休などの際にセクハラが行われないよう行政指導していく方針打ち出している。

ハラスメント【harassment】

読み方:はらすめんと

嫌がらせ。いじめ。「セクシュアル―」「パワー―」

[補説] 英語では苦しめること、悩ませること、迷惑の意。


ハラスメント

ハラスメント(harassment)とは「いじめ」「嫌がらせ」と訳される言葉です。広義には人権侵害」を意味し性別年齢職業宗教社会的出自人種、民族国籍身体的特徴セクシュアリティなどの属性、あるいは広く人格に関する言動などによって、相手不快感不利益を与え、その尊厳傷つけることを言います近年職場における「ハラスメント」が急増し人事管理上、深刻な問題となってます。

嫌がらせ

(ハラスメント から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/15 11:11 UTC 版)

嫌がらせ(いやがらせ)とは、相手を不快にさせたり不利益を与えたりするなど、肉体的・精神的な苦痛を与え、人間としての尊厳を侵害する行為の総称である[1][2]ハラスメント: Harassment)とも呼ばれる。




「嫌がらせ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハラスメント」の関連用語

ハラスメントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハラスメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの嫌がらせ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS