宮崎学とは?

宮崎学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/01 22:33 UTC 版)

宮崎 学(みやざき まなぶ、1945年10月25日 - )は、日本評論家ノンフィクション作家小説家京都府京都市伏見区深草福稲高松町生まれ[1]


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 宮崎学『突破者〔上〕―戦後史の陰を駆け抜けた50年―』
  2. ^ 『反・市民講座』リトルモア2000p44参照
  3. ^ 『反・市民講座』リトルモア2000p22宮崎学インタビュー参照
  4. ^ 『近代の奈落』幻冬社p478参照
  5. ^ ヤクザと日本―近代の無頼』に「(父は)貧しい農家の次男坊であり…」とある
  6. ^ 『ヤクザと日本―近代の無頼』62-63頁
  7. ^ 『近代の奈落』幻冬舎アウトロー文庫pp450-451
  8. ^ 『突破者』P81
  9. ^ 鹿島茂松原隆一郎福田和也『本日の論点〈1〉』(飛鳥新社2006年)p.185。
  10. ^ 『突破者』p90
  11. ^ 『突破者』p187
  12. ^ 『突破者』pp187-188
  13. ^ 『突破者』p304
  14. ^ 『突破者』p324-325参照。宮崎学は万年を題材とした『不逞者』『万年東一』を著している。
  15. ^ 「特集2: 私がキツネ目の男だった!!グリコ・森永事件の総括対論ー宮崎学vs朝倉喬司」、『噂の真相』1985年10月号。
  16. ^ 『突破者それから』p96参照
  17. ^ 『突破者』p232参照
  18. ^ 『「反・市民」講座』リトルモア2000p16宮崎学インタビュー参照
  19. ^ 『反・市民講座』収録
  20. ^ 『「公安調査庁スパイ工作集」』 社会評論社編集部編、社会評論社、2001年8月20日ISBN 4-916117-46-8
  21. ^ 『叛乱者グラフティ』2002、朝日新聞社pp219-232
  22. ^ 月刊「創」編集部「公安調査庁「工作日誌」暴露の衝撃と波紋」、『月刊「創」』2001年10月号、創出版。
  23. ^ マリード[同和行政オブザーバー]132号、2004年5月28日「宮崎氏と解放出版社、真っ向から争う方針」
  24. ^ 国家公安委員長に狙いを定めた
  25. ^ まったく呆れる
  26. ^ フォーラム神保町=「『新選組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」~1.18緊急シンポジウム開催~=青木理魚住昭大谷昭宏・岡田基志・木村三浩郷原信郎佐藤優鈴木宗男田原総一朗平野貞夫・宮崎学. File:01 国民不在の権力ゲーム. Infoseek 内憂外患編集部.. http://opinion.infoseek.co.jp/article/721 2010年1月27日閲覧。 
  27. ^ 暴力団扱う雑誌取扱中止 宮崎学さん「憲法違反」と提訴 朝日新聞
  28. ^ 宮崎学さんの賠償請求棄却 福岡県警の暴力団雑誌撤去めぐる訴訟産経ニュース 2012年6月13日
  29. ^ 『近代やくざ肯定論』2007 筑摩書房P360
  30. ^ 『突破者』最終章「葬られてたまるか」参照
  31. ^ 『近代の奈落』幻冬舎アウトロー文庫P470
  32. ^ 『近代の奈落』p462
  33. ^ 『近代ヤクザ肯定論ー山口組の90年』p395
  34. ^ 『近代やくざ肯定論』PP 378-379
  35. ^ a b c d 橋下徹バッシング報道から再び部落差別を考える(7)、小林健治
  36. ^ 宮崎学”. 西部邁ゼミナール 放送アーカイブ. 2017年3月4日閲覧。


「宮崎学」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「宮崎学」の関連用語

宮崎学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タイヤ

祖母傾国定公園

ネバレンシス

アトロパープレア

KTクリプトン球クリアE11

docomo PRIME series SH-06A

普通ポンプ車

発会記念





宮崎学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮崎学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS