佐高信とは? わかりやすく解説

佐高信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/09/18 17:06 UTC 版)

佐高 信(さたか まこと、1945年1月19日 - )は、日本評論家東北公益文科大学客員教授。元「週刊金曜日」編集委員。山形県酒田市出身。


注釈

  1. ^ a b c d 日垣隆『敢闘言』単行本補記。一方の日垣は「辛口評論家の正体」として、「戦後無責任主義の権化たる反動的評論家」「本人も訳がわからぬ理屈を垂れ流すほどの退歩的非文化人」と批判している(日垣隆『偽善系Ⅱ 正義の味方に御用心!』 初出は「諸君!」2000年10月号「辛口評論家の正体」)。
  2. ^ 正しくは千代田区千代田1番1号(住居表示)、または千代田区千代田1番地(地番)

出典

  1. ^ 先住民族アイヌの権利回復を求める団体・個人署名の要請
  2. ^ 評論家・佐高信による厳しくも暖かい人間讃歌! 近代日本の始まりから現在まで、一人の人間として時代と格闘した人々を描いた評伝、人物論の集大成。
  3. ^ a b AERA編集部・編『現代の肖像』(朝日ソノラマ
  4. ^ 「週刊文春」2019年6月27日号
  5. ^ 2005年9月4日放送。
  6. ^ マガジン9とは?
  7. ^ “忖度政治やめさせる” 佐高信氏が吉良よし子候補を応援
  8. ^ 生放送! とことん共産党/首相に庶民の切迫感見えぬ 政府のコロナ対応を批判
  9. ^ 週刊現代」2018年12月1日号 p157
  10. ^ 毎日新聞」2009年4月28日付
  11. ^ 『北朝鮮で兄は死んだ』(2009年、七つ森書館)p22
  12. ^ 「産経新聞」書評欄・日垣隆『偽善系2』評
  13. ^ 「噂の眞相」1999年5月号
  14. ^ 「日本昆虫協会」は「昆虫愛好会」ではありません。
  15. ^ 『時代を読む』(1997年、光文社文庫)
  16. ^ 「週刊金曜日」第322号(2000年7月7日)
  17. ^ 「週刊金曜日」第327号(2000年8月11日)
  18. ^ 「産経新聞」2005年10月24日付
  19. ^ 「宝島30」1993年9月号
  20. ^ a b 「社会新報」2020年5月13日号



佐高信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 22:07 UTC 版)

孫崎享」の記事における「佐高信」の解説

左派立場からは佐高信が、「サンデー毎日2012年11月11日号の連載コラム政経外科」で『戦後史の正体』の書評著し同書について「いささかならず有害」「60年安保闘争アメリカ謀略というのは当時市民運動侮辱している」などと痛烈に批判している。

※この「佐高信」の解説は、「孫崎享」の解説の一部です。
「佐高信」を含む「孫崎享」の記事については、「孫崎享」の概要を参照ください。


佐高信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 03:16 UTC 版)

田中康夫」の記事における「佐高信」の解説

田中とは考え方近く互い著書にしばしば名前が登場していたが、2014年現在社民党支持的な立場取った渡邉美樹無批判である佐高にやや批判的になっている。

※この「佐高信」の解説は、「田中康夫」の解説の一部です。
「佐高信」を含む「田中康夫」の記事については、「田中康夫」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「佐高信」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「佐高信」の関連用語

佐高信のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



佐高信のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの佐高信 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの孫崎享 (改訂履歴)、田中康夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS