池田大作とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 詩人 > 日本の詩人 > 池田大作の意味・解説 

池田大作

以下の映画池田大作関連しています。
 


池田大作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 10:12 UTC 版)

池田 大作(いけだ だいさく、1928年1月2日 - )は、日本宗教家作家宗教法人創価学会の名誉会長、SGI(創価学会インタナショナル)会長。




  1. ^ a b c d e f g h i j 古川利明 『シンジケートとしての創価学会=公明党』(第三書館 1999年11月20日) ISBN 978-4-8074-9924-3
  2. ^ a b 新「創価学会」を斬る【第7回】(『週刊新潮』2003年12月18日号)
  3. ^ a b 『月刊ペン』1976年5月号(月刊ペン社)
  4. ^ a b c 小口偉一(編)、1956年、『宗教と信仰の心理学』、河出書房〈新心理学講座4〉
  5. ^ 溝口敦 『池田大作 権力者の構造』(三一新書(1972年3月)、講談社(2005年9月) ISBN 978-4-380-72004-8 / ISBN 978-4062569620
  6. ^ 週刊宝石』(1996年4月号)
  7. ^ 「協友会」は東大出身の経済学者が主導していた20名ほどの青年グループであり、文化芸術政治経済哲学などを研究していた。
  8. ^ a b 『財界』(財界研究所 1967年8月1日号)
  9. ^ 加盟業者への社会保険の指導と業界内の連絡などの仕事を任される。
  10. ^ 当時の『聖教新聞』の名刺広告に「大蔵商事」の幹部としての肩書きが載っている。『週刊新潮』平成15年(2003年)12月18日号
  11. ^ a b 古川利明 『システムとしての創価学会=公明党』(第三書館 1999年10月25日) ISBN 978-4-8074-9922-9
  12. ^ 大白蓮華2010年4月号P32「会長就任50周年記念企画 永遠に師と勝利を共に」
  13. ^ a b c d e f 前原政之『池田大作 行動と軌跡』(中央公論社、2006年4月)
  14. ^ 公明党と自民党の反対により、実現には至らなかった
  15. ^ 週刊実話』 1970年5月18日号
  16. ^ 『 聖教新聞』 1975年(昭和50年)1月4日付
  17. ^ a b 原島嵩 『池田大作先生への手紙―私の自己批判をこめて』(晩声社 1980年8月)
  18. ^ 『聖教新聞』昭和58年(1983年)6月10日付
  19. ^ 佐藤優 『創価学会と平和主義』p.96(朝日新書 2014年10月30日) ISBN 978-4-02-273582-9
  20. ^ 第129回国会 衆議院 予算委員会 第8号 平成6年(1994年)5月24日(議事録
  21. ^ a b 朝日新聞アエラ編集部 『創価学会解剖』(朝日新聞社 2000年1月1日) ISBN 978-4-02-261286-1
  22. ^ 公明党幹部はこの来日は、日中間の政治問題となっている「首相の靖国神社参拝問題」に釘を刺す狙いがあるとの見方を示した。
  23. ^ 温家宝首相が創価学会の池田大作名誉会長と会談捏造記事asahi.com 2007年4月12日20時51分)[リンク切れ]
  24. ^ a b 『聖教新聞』2008年5月9日付記事
  25. ^ 週刊新潮2010年9月22日号
  26. ^ 『聖教新聞』2012年12月9日付
  27. ^ 『聖教新聞』2016年6月27日付
  28. ^ 『聖教新聞』2019年10月3日付
  29. ^ 財団法人「東洋哲学研究所」
  30. ^ [1][リンク切れ]
  31. ^ 『池田大作なき後の創価学会―巨大教団が迎える危機の研究』 宝島社、2007年、P189
  32. ^ 北海道創価学会「池田大作第第会長と北海道」北海道SOKA net[リンク切れ]
  33. ^ 聖教新聞2009.3.28 大阪・高槻市が民主音楽協会創立者・池田先生に「国際文化交流貢献賞」
  34. ^ 1967年10月13日の会談
  35. ^ ラマチャンドラン博士生誕百周年記念国家委員会との日印共同シンポジウム”. 財団法人東洋哲学研究所. 2015年10月31日閲覧。
  36. ^ 池田大作氏もノーベル平和賞候補 CNNが報道 産経新聞 2015年10月9日 2016年3月24日閲覧
  37. ^ 「聖教新聞」2004/12/05
  38. ^ 『聖教新聞』2007年4月13日付
  39. ^ 『毎日新聞』(2001年9月25日付)でのインタビュー
  40. ^ 韓国SGI機関紙『和光新聞』(2005年4月8日号)コラム「来光」
  41. ^ 韓国SGI機関紙『和光新聞』(2005年4月22日 633号) コラム「来光」
  42. ^ 韓国SGI機関紙『和光新聞』(2005年4月15日号)コラム「来光」
  43. ^ 韓国SGI機関紙『和光新聞』(2005年5月20日号)コラム「来光」
  44. ^ 佐藤優 『創価学会と平和主義』p.91-94(朝日新書 2014年10月30日) ISBN 978-4-02-273582-9
  45. ^ 第136回国会 衆議院予算委員会 会議録 第22号
  46. ^ 「所感恩師の二十三回忌に思う」(『聖教新聞』昭和55年(1980年)4月2日付)
  47. ^ 『地涌(じゆ)からの通信 - 日蓮正宗中枢の傲慢と戦う〈1〉』 はまの出版、1991年3月 ISBN 4893611232
  48. ^ 『暁闇 - 二枚舌・山崎正友と宗門問題』 報恩社、2002年12月 ISBN 4902059002
  49. ^ (毎日新聞東京夕刊「オウム真理教『93年11月にサリン使った』化学班の森脇佳子被告が供述」1995.06.23, p. 17 から引用:「これまでの調べで、教団が池田大作・創価学会名誉会長暗殺未遂のほかにも、大川隆法・幸福の科学代表ら数人の襲撃を計画していたことも判明した。」)。小林よしのりもポアの対象であった
  50. ^ 『聖教新聞』(2001年3月11日付)
  51. ^ 大臣のほんね 冬柴鐵三国土交通大臣(後編)政府広報オンライン[リンク切れ]
  52. ^ 第129回国会 衆議院 予算委員会 第2号 平成6年(1994年)2月21日(議事録
  53. ^ 諸君!』 2005年6月号
  54. ^ Jumalul National 1984年1月10日号
  55. ^ 週刊新潮』 2007年4月12日号
  56. ^ 山崎正友 『闇の帝王、池田大作をあばく』(三一書房 1981年12月)
  57. ^ 『朝日新聞』の連載「秘話・・・55年体制のはざまで」1998年8月26日〜9月18日
  58. ^ 矢野絢也 『二重権力・闇の流れ―平成動乱を読む、政界仕掛人・矢野絢也回想録』(文藝春秋 1994年8月)
  59. ^ 『月刊Asahi』1991年4月号
  60. ^ 石田次男 『内外一致の妙法 この在るべからざるもの』(縁友会 1995年)
  61. ^ 大橋敏雄 『吹けば飛ぶ男の奮戦記--古参代議士が見た創価学会』(人間の科学社 1900年1月15日)ISBN 978-4-8226-0000-6
  62. ^ a b c d e 『宝石』1995年5月号126ページ
  63. ^ 高瀬広居 『人間革命を目指す池田大作・その思想と生き方』(有紀書房 1965年)
  64. ^ 『聖教新聞』 2005年6月19日付


「池田大作」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「池田大作」の関連用語

池田大作のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



池田大作のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの池田大作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS