ノーベル平和賞とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ノーベル平和賞の意味・解説 

ノーベル‐へいわしょう〔‐ヘイワシヤウ〕【ノーベル平和賞】

読み方:のーべるへいわしょう

ノーベル賞部門の一。国際平和人命人権擁護環境保護などについて功績のあった人または団体贈られる賞。1901年第1回受賞者デュナンパシー。→ノーベル賞


ノーベル平和賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 07:48 UTC 版)

ノーベル平和賞ノーベルへいわしょうノルウェー語: Nobels fredspris)は、ノーベル賞の一部門で、アルフレッド・ノーベル遺言によって創設された5部門のうちの一つ[1][2]


注釈

  1. ^ 広瀬は根拠を示すために、まず当事者のイスラエル、会場の山荘を提供したen:Orkla Group、その実質的な支配者であるen:Nobel Industriesハンブローズ銀行ヴァレンベリ家、そしてロスチャイルドを家系図と役員兼任関係で纏め上げた[12]
  2. ^ ロバート・ベーデン・パウエルに決定していたが、第二次世界大戦勃発により賞自体が取り消された。
  3. ^ 遺贈
  4. ^ 受賞辞退

出典

  1. ^ a b ノーベル賞の国際政治学 -ノーベル平和賞の歴史的発展と選考過程-,吉武信彦,高崎経済大学地域政策学会,地域政策研究,vol.13-4,pp.23-40,2011-02
  2. ^ a b c d ノーベル平和賞、在ノルウェー日本国大使館
  3. ^ ノーベル賞のメダル”. アワードプレス. 2017年10月4日閲覧。
  4. ^ 2016年は誰が手にした? ノーベル平和賞なんていらない理由” (日本語). ITmedia ビジネスオンライン (2016年11月17日). 2020年11月16日閲覧。
  5. ^ a b 金大中・オバマ・スーチー…米紙が選ぶ「疑わしいノーベル平和賞」(朝鮮日報日本語版)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年11月16日閲覧。 “ NYTは同日「疑わしいノーベル平和賞受賞者の増加」と題する記事で「ノーベル平和賞は過去30年間で最低でも6回、受賞前あるいは受賞後の言動に価値がない、場合によってはばかげていると見なされる人物を選んだ」と報じた。”
  6. ^ なぜノーベル平和賞の受賞者は、その後に世界の「失望」を招くのか” (日本語). Newsweek日本版 (2017年10月4日). 2020年11月16日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h Facts on the Nobel Peace Prize - ノーベル賞公式サイト(英語)
  8. ^ 武田知弘 『なぜヒトラーはノーベル平和賞候補になったのか』ビジネス社、2019年10月15日、65頁。ISBN 978-4-8284-2136-0 
  9. ^ The Nobel Prize Amounts - ノーベル賞公式サイト(英語)
  10. ^ なぜノーベル平和賞の受賞者は、その後に世界の「失望」を招くのか”. アワードプレス. 2017年10月4日閲覧。
  11. ^ “今回はマララさん…「ノーベル平和賞は論争を呼ぶ賞」”. 中央日報. (2014年10月13日). http://japanese.joins.com/article/214/191214.html 2014年10月13日閲覧。 
  12. ^ 『地球のゆくえ』 集英社 1994年 系図8 一九九三年中東和平秘密会談の内幕
  13. ^ “スーチー氏のノーベル平和賞は剥奪せず 選考委員会”. CNN (CNN.co.jp). (2018年8月30日). https://www.cnn.co.jp/world/35124851.html 
  14. ^ ノーベル平和賞はしばしば政治的に使われていた ロケットニュース24
  15. ^ Federation of Social Workers (IFSW) – IFSW supported nomination of Irena Sendler for Nobel Peace Prize. IFSW. 2010年12月10日閲覧
  16. ^ “オバマ大統領へのノーベル平和賞授与に批判-「早まった聖人化」”. ブルームバーグ. (2009年10月10日). http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=a1Yq5eJ2DR7U 2011年1月29日閲覧。 
  17. ^ クリストファー・ヒッチェンズ (2009年12月22日). “あまりに軽いオバマのサプライズ受賞”. ニューズウィーク. http://newsweekjapan.jp/stories/2009/12/post-849.php 2011年1月29日閲覧。 
  18. ^ “Obama:Nobel Peace Prize is call to action”. CNN. (2009年10月9日). http://articles.cnn.com/2009-10-09/world/nobel.peace.prize_1_norwegian-nobel-committee-international-diplomacy-and-cooperation-nuclear-weapons?_s=PM:WORLD 
  19. ^ “アフガン病院誤爆 国連、「戦争犯罪の可能性も」”. CNN (CNN.co.jp). (2015年10月5日). http://www.cnn.co.jp/world/35071433.html 2016年4月26日閲覧。 
  20. ^ 『中国新華社「平和賞の名声損なう」と批判論評』 産経新聞2012年10月13日
  21. ^ 『授賞は「悲劇的過ち」チェコ大統領」と批判論評』産経新聞2012年10月13日
  22. ^ “「政治的」また批判の声 実績より期待感後押し”. 産経新聞. (2012年10月13日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/121013/erp12101300480003-n1.htm 
  23. ^ “イラン国会、「西側は、ノーベル平和賞を政治的に利用」”. イラン・イスラム共和国放送. (2012年10月13日). http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/32455-%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E5%9B%BD%E4%BC%9A%E3%80%81%E3%80%8C%E8%A5%BF%E5%81%B4%E3%81%AF%E3%80%81%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E5%B9%B3%E5%92%8C%E8%B3%9E%E3%82%92%E6%94%BF%E6%B2%BB%E7%9A%84%E3%81%AB%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%80%8D 
  24. ^ 「若過ぎる」と懸念も=マララさん、一躍人権のヒロインに―ノーベル平和賞 時事通信2014年10月10日
  25. ^ エチオピア軍が北部州政府と「戦争突入」 ノーベル平和賞の首相が命令”. AFP (2020年11月6日). 2020年11月26日閲覧。
  26. ^ エチオピア首相、北部勢力への「最終」攻勢を命令”. AFP (2020年11月27日). 2020年11月26日閲覧。
  27. ^ http://nobelprize.org/nobel_prizes/peace/articles/gandhi/index.html
  28. ^ The Nobel Peace Prize 2014 - Press Release”. Nobelprize.org (2014年10月10日). 2021年4月29日閲覧。


「ノーベル平和賞」の続きの解説一覧

ノーベル平和賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 18:40 UTC 版)

ジャスミン革命」の記事における「ノーベル平和賞」の解説

2015年のノーベル平和賞にチュニジア国民対話カルテットTunisian National Dialogue Quartet)が選ばれた詳細は「チュニジア国民対話カルテットを参照

※この「ノーベル平和賞」の解説は、「ジャスミン革命」の解説の一部です。
「ノーベル平和賞」を含む「ジャスミン革命」の記事については、「ジャスミン革命」の概要を参照ください。


ノーベル平和賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/17 14:41 UTC 版)

列国議会同盟」の記事における「ノーベル平和賞」の解説

列国議会同盟歴代首脳中、以下の8人がノーベル平和賞を受賞している。 フレデリック・パシーフランス1901年受賞シャルル・アルベール・ゴバスイス1902年) ウィリアム・ランダル・クリーマー英国1903年フレデリック・バイエルデンマーク1908年) オーギュスト・マリ・フランソワ・ベールナールト(ベルギー1909年アンリ・ラ・フォンテーヌベルギー1913年クリスティアン・ランゲノルウェー1921年フェルディナン・ビュイソンフランス1927年

※この「ノーベル平和賞」の解説は、「列国議会同盟」の解説の一部です。
「ノーベル平和賞」を含む「列国議会同盟」の記事については、「列国議会同盟」の概要を参照ください。


ノーベル平和賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 05:52 UTC 版)

ワンガリ・マータイ」の記事における「ノーベル平和賞」の解説

ノルウェー・ノーベル委員会は、2004年度ノーベル平和賞受賞者を発表する席で次のようにコメントした。「マータイは、ケニア圧政的な政権に対し果敢に立ち上がり、彼女のユニークな運動政治的抑圧に対して国内、また国際的に注意を引くのに貢献した彼女は民主的権利への運動の中で多くの人々にとってインスピレーションとなり、また特に女性の地位向上促すの勇気与えた」。 ノーベル平和賞受賞報告を受けて席上で、マータイは、エイズウイルス陰謀説のうちの一つである「HIVウイルス生体工学産物であり、アフリカにおいて西洋科学者によって、黒人懲らしめるために大量破壊兵器としてばら撒かれた」との主張に対して賛成するようなコメントをした。その後マータイ自らの見解を、2004年10月10日TIMEマガジンヨーロッパ版にて明らかにした。 授賞式スピーチではこれまでの活動振り返と同時にアフリカ同胞に対し紛争貧困減らし生活の質向上させるため共に努力することを呼びかけ、またアウンサンスーチー軟禁解除訴えた

※この「ノーベル平和賞」の解説は、「ワンガリ・マータイ」の解説の一部です。
「ノーベル平和賞」を含む「ワンガリ・マータイ」の記事については、「ワンガリ・マータイ」の概要を参照ください。


ノーベル平和賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/15 04:26 UTC 版)

チュニジア国民対話カルテット」の記事における「ノーベル平和賞」の解説

2015年10月9日ノルウェー・ノーベル委員会は、4団体活動に対してノーベル平和賞を贈ることを決めた同委員会は、授賞に際して次のようにコメントした。 「チュニジアは、深刻な政治経済安全保障上の問題に直面していますノルウェー・ノーベル委員会は、今年の賞が、チュニジア民主主義守ること貢献し中東北アフリカ及び世界他の地域の平和及び民主主義広げようとするすべての人びとを勇気づけることを期待します何より、この賞には、大きな困難に直面するなかで他国模範となる国民の絆(fraternity友愛)を紡いできた、チュニジア人びとへのエール込められているのです」。 Tunisia faces significant political, economic and security challenges. The Norwegian Nobel Committee hopes that this year's prize will contribute towards safeguarding democracy in Tunisia and be an inspiration to all those who seek to promote peace and democracy in the Middle East, North Africa and the rest of the world. More than anything, the prize is intended as an encouragement to the Tunisian people, who despite major challenges have laid the groundwork for a national fraternity which the Committee hopes will serve as an example to be followed by other countries. なお、2015年ノーベル平和賞受賞者は、全世界273の候補者から選ばれた他の最終候補者以下のとおりアンゲラ・メルケル ドイツ首相欧州難民危機多くの難民ドイツ受け入れジョン・ケリー 米国国務長官モハンマド・ジャヴァード・ザリーフ イラン外務大臣イラン協議最終合意フランシスコ(ローマ教皇)米国キューバ国交回復:“キューバの雪解け”) フアン・マヌエル・サントス コロンビア大統領とティモチェンコ コロンビア革命軍FARC司令官コロンビア和平交渉デニス・ムクウェゲコンゴ産婦人科医コンゴ内戦での女性保護活動

※この「ノーベル平和賞」の解説は、「チュニジア国民対話カルテット」の解説の一部です。
「ノーベル平和賞」を含む「チュニジア国民対話カルテット」の記事については、「チュニジア国民対話カルテット」の概要を参照ください。


ノーベル平和賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 17:36 UTC 版)

核兵器廃絶国際キャンペーン」の記事における「ノーベル平和賞」の解説

2017年にノーベル平和賞を受賞した同年12月10日オスロでの授賞式では、事務局長ベアトリス・フィンと、組織一員広島市出身被爆者でもあるサーロー節子が、演説行った長年にわたって核兵器廃絶訴えていた被爆者らなどが受賞祝福した一方でエコノミスト誌のように、実効性の面から受賞妥当性疑問を抱く声もある。

※この「ノーベル平和賞」の解説は、「核兵器廃絶国際キャンペーン」の解説の一部です。
「ノーベル平和賞」を含む「核兵器廃絶国際キャンペーン」の記事については、「核兵器廃絶国際キャンペーン」の概要を参照ください。


ノーベル平和賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 04:01 UTC 版)

グラミン銀行」の記事における「ノーベル平和賞」の解説

グラミン銀行バングラデシュ独立記念日をはじめとする多くの賞を受賞しているが、最も大きな業績2006年10月13日にあったグラミン銀行創設者ムハマド・ユヌス2006年のノーベル平和賞が与えられた受賞理由は「底辺からの経済的および社会的発展創造に対する努力」である。グラミン銀行は、世界中で次々に生まれてきたマイクロクレジット分野多くの組織アイデア事業モデルの源になっている代表としてモサマト・タスリマ・ベグム(1992年銀行からヤギを買うための約20ドル借りその後成功して取締役1人となった)がオスロ市庁舎で賞を受け取ったグラミン銀行は、ノーベル平和賞を受賞した最初の企業となったノルウェー・ノーベル委員会議長のオーレ・ダンボルト・ミョース教授は、グラミン銀行ムハマド・ユヌスに賞を与えることによって、イスラム世界との対話に関して女性見方に関して、そして、貧困との戦いに関して注意を向けることを望むと言及している。ノーベル賞発表は、バングラデシュ熱狂とともに祝われた 。一部批評家は、賞が新自由主義支持していると主張した

※この「ノーベル平和賞」の解説は、「グラミン銀行」の解説の一部です。
「ノーベル平和賞」を含む「グラミン銀行」の記事については、「グラミン銀行」の概要を参照ください。


ノーベル平和賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 15:52 UTC 版)

レ・ドゥク・ト」の記事における「ノーベル平和賞」の解説

レ・ドゥク・トヘンリー・キッシンジャーは、共に『パリ協定停戦米国ベトナムからの撤退 — 』での交渉における尽力理由に、1973年のノーベル平和賞を受賞した。しかし、レは『ベトナムにまだ平和が訪れていない』と述べて、賞を辞退した。レはノーベル平和賞を辞退したただ一人人物であり、ノーベル文学賞辞退したジャン=ポール・サルトル以降ノーベル賞辞退した2番目の人物である。

※この「ノーベル平和賞」の解説は、「レ・ドゥク・ト」の解説の一部です。
「ノーベル平和賞」を含む「レ・ドゥク・ト」の記事については、「レ・ドゥク・ト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ノーベル平和賞」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ノーベル平和賞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ノーベル平和賞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ノーベル平和賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノーベル平和賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジャスミン革命 (改訂履歴)、列国議会同盟 (改訂履歴)、ワンガリ・マータイ (改訂履歴)、チュニジア国民対話カルテット (改訂履歴)、核兵器廃絶国際キャンペーン (改訂履歴)、グラミン銀行 (改訂履歴)、レ・ドゥク・ト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS