授賞とは? わかりやすく解説

じゅ‐しょう〔‐シヤウ〕【授賞】

読み方:じゅしょう

[名](スル)賞を授与すること。「優秀作品に—する」「—式」⇔受賞


授賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 08:20 UTC 版)

ボブ・シェパード」の記事における「授賞」の解説

シェパードは、セント・ジョーンズ大学スポーツ殿堂、ロングアイランドスポーツの殿堂、ニューヨークスポーツの殿堂選出された。更にセント・ジョンーズ大学教育学)とフォーダム大学修辞学)から名誉博士号授与され2007年には大学卒業生授与できる最高の賞であるセント・ジョーンズ名誉勲章受賞した母校セント・ジョーンズ大学毎年、最も権威のある賞の1つとしてシェパード・トロフィーを最も優秀な学生アスリート授与している。更に、2015年シェパード敬意表してセント・ジョーンズ大学のジャック・カイザー・スタジアムのプレスボックスにシェパードの名を冠した全米スポーツパブリックアドレスアナウンサー協会は、毎年ボブ・シェパードPAアナウンサー・オブ・ザ・イヤー」を授与している 。 1998年シェパード全米野球記者協会生涯功労賞相当するウィリアム・J・スローカム賞」を、ヤンキースから「ヤンキース誇り」賞を授与された 。 シェパードは、ワールドシリーズリングとスーパーボウル・リング両方授与され2人のうちの1人である。もう1人は、オークランドレイダースオークランド・アスレチックス長くラジオ中継の「プレイ・バイ・プレイ」を担当したビル・キングである。2人自身年齢について秘密主義者であることで有名であるという共通点がある 。

※この「授賞」の解説は、「ボブ・シェパード」の解説の一部です。
「授賞」を含む「ボブ・シェパード」の記事については、「ボブ・シェパード」の概要を参照ください。


授賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 08:15 UTC 版)

ウォルト・リニアック」の記事における「授賞」の解説

2004年に、同窓生並外れた業績社会への貢献称えるネイティック高校栄誉の殿堂選出された 。 2010年6月リニアックは、高校在学中多くスポーツ功績認められ、ネイティック高校スポーツ殿堂創設委員選出された 。

※この「授賞」の解説は、「ウォルト・リニアック」の解説の一部です。
「授賞」を含む「ウォルト・リニアック」の記事については、「ウォルト・リニアック」の概要を参照ください。


授賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 00:37 UTC 版)

イジー・クラトフヴィル」の記事における「授賞」の解説

1991年トム・ストッパード賞を受賞1996年エゴン・ホストフスキー賞。 1998年カレル・チャペック賞。 1999年ヤロスラフ・サイフェルト賞。 2020年、マグネジナ・リテラ賞(散文部門)。

※この「授賞」の解説は、「イジー・クラトフヴィル」の解説の一部です。
「授賞」を含む「イジー・クラトフヴィル」の記事については、「イジー・クラトフヴィル」の概要を参照ください。


授賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 06:30 UTC 版)

マイケル・フリードマン」の記事における「授賞」の解説

フリードマン1982年数学誌《微分幾何学ジャーナル》(Journal of Differential Geometry)に『四次元多様体トポロジー』(The topology of four-dimensional manifolds)と題する論文発表し四次元におけるポアンカレ予想の証明実現単連結4次元位相多様体の完全な分類与えた。これにより1986年フィールズ賞ヴェブレン賞1987年にはロナルド・レーガン大統領よりアメリカ国家科学賞授与された。 彼はこれらの他にも1984年天才賞(Genius Award)とも呼ばれるマッカーサー・フェローズ・プログラム(MacArthur Fellows Program)に名を残し、また全米科学アカデミーアメリカ芸術科学アカデミー会員にも選出された。

※この「授賞」の解説は、「マイケル・フリードマン」の解説の一部です。
「授賞」を含む「マイケル・フリードマン」の記事については、「マイケル・フリードマン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「授賞」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

授賞

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 05:55 UTC 版)

名詞

 じゅしょう

  1. 授けること。

発音(?)

じゅ↗しょー

関連語

翻訳

  • 英語: award a prize
  • 中国語:  (繁): 授獎/ (簡): 授奖,  (繁): 發獎/ (簡): 发奖,  (繁): 頒賜/ (簡): 颁赐

動詞

活用

サ行変格活用
授賞-する

「授賞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「授賞」の関連用語

1
授賞し 活用形辞書
98% |||||

2
授賞せよ 活用形辞書
98% |||||

3
授賞しろ 活用形辞書
90% |||||

4
授賞できる 活用形辞書
90% |||||

5
授賞さす 活用形辞書
78% |||||

6
授賞させる 活用形辞書
78% |||||

7
授賞され 活用形辞書
78% |||||

8
授賞される 活用形辞書
78% |||||

9
授賞しうる 活用形辞書
78% |||||

10
授賞しそう 活用形辞書
78% |||||

授賞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



授賞のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのボブ・シェパード (改訂履歴)、ウォルト・リニアック (改訂履歴)、イジー・クラトフヴィル (改訂履歴)、マイケル・フリードマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの授賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS