マザー・テレサとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 哲学者 > 思想家 > マザー・テレサの意味・解説 

特定非営利活動法人マザーテレサ

行政入力情報

団体名 特定非営利活動法人マザーテレサ
所轄 京都市
主たる事務所所在地 京都市下京区新町通七条下る東塩小路町593 トラスコクリスタルビル9階
従たる事務所所在地
代表者氏名 野村 繕雄
法人設立認証年月日 2002/12/05 
定款記載され目的
この法人は、介護必要とするに対しては、適正かつ十分な医療・福祉保健サービス提供し、もって快適かつ健康で文化的な生活を営むことに寄与することを、又、就学前児童に対しては、必要か十分で安全な保育環境提供し子供の健全育成並びに男女共同参画社会実現寄与することを、そして、障害者に対しては、就学及び就労機会拡大社会に対する啓蒙ハンディキャップ改善解消等の事業を通じてバリアフリー社会実現並びに各人可能な限り自立した生活の営み寄与することを、それぞれ目的とする。 
活動分野
保健・医療福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術・文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

マザー・テレサ

原題:Madre Teresa
製作国:イタリア
製作年:2003
配給:東芝エンタテインメント
スタッフ
監督:Fabrizio Costa ファブリツィオ・コスタ
製作:Luca Bernabei ルカ・ベルナベイ

Pete Maggi ピート・マッギー
製作総指揮:Anselmo Parrinello アンセルモ・パッリネッロ

Michael Cowan マイケル・コーワン

Pietro Dioni ピエトロ・ディオーニ

Jason Piette ジェイソン・ピエット
脚本:Francesco Scardamaglia フランチェスコ・スカルダマグリア

Massimo Cerofolini マッシモ・チェロフォリーニ
撮影:Giovanni Galasso ジョヴァンニ・ガラッソ
音楽:Guy Farley ガイ・ファーレイ
衣装(デザイン):Fulvia Amendola フルヴィア・アメンドリア
キャスト(役名
Olivia Hussey オリヴィア・ハッセー (Mother Teresa
Sebastiano Somma セバスティアーノ・ソマ (Father Serrano
Laura Morante ラウラ・モランテ (Mother Cenacle)
Michael Mendl ミハエル・メンドル  (Van Exem)
Ingrid Rubio イングリッド・ルビオ (Virginia/Agnese)
Emily Hamilton エミリー・ハミルトン (Anna
解説
貧困飢えに苦しむ人々のため、87年生涯捧げた伝説修道女マザー・テレサの人生映画化テレサ演じるのは、「ロミオとジュリエット」で世界魅了したオリヴィア・ハッセー監督イタリアでTV中心に活躍するファブリツィオ・コスタ
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
1946年インドカルカッタカトリック女子校教鞭とっていたマザー・テレサ(オリビア・ハッセー)は、イスラム教徒ヒンズー教徒抗争巻き込まれ負傷した者を校内入れて手当したことから修道院長ラウラ・モランテ)と対立ダージリンへの転任命令を受ける。その途上で行き倒れになった男と出会い、「私は渇くと言う彼の言葉の中に神の声見出す命令背いてカルカッタ舞い戻った彼女は、「私の居場所修道院の中でありません。最も貧しい人々ところですと言って修道会院外活動許可を求める得られ回答は、「院外活動をしたいなら一市民戻れ」というものだったが、マザー・テレサの熱意汲んだエクセム神父ミハエル・メンドル)の口添えによって、決定バチカンの手ゆだねられることになった。「これが神の望みであれば、必ず実現する」。そう信じるマザー・テレサは、バトナ医療薬学実地訓練受けながら、バチカンからの返事をじっと待ち続けた。やがてバチカンから送られてきたのは、院外活動許可伝え手紙だった。晴れて町へ出ることを許されたマザー・テレサは、新し修道服である白い木綿のサリーに身を包み貧困にあえぐ人々が住むストリートでの活動開始した子供たちに配る食糧手に入れるため、市場物乞い同然のことをするマザー・テレサの姿に、眉をひそめる修道院長。しかし、いっぽうには、彼女の活動応援する者たちもいた。ヴァージニア(イングリッド・ルビア)をはじめとするかつての教え子たちだ。彼女たちボランティアの手借りながら、マザー・テレサは、病人孤児世話をするための施設こつこつと作り上げていく。4年後。修道会属しながらの活動限界感じたマザー・テレサは、新し教団神の愛の宣教者会”を作りたいとエクセム神父申し出る。それに応じてバチカンからやって来たのが、セラーノ神父(セバスティアーノ・ソンマ)だった。カルカッタ到着した彼は、さっそくマザー・テレサに会おうとするが、当の彼女の前には、すぐに解決しなければならない難問山積みの状態だった。寺院改装して開設した“死を待つ者の家”に対する地元住民の猛抗議孤児院違法性主張し閉鎖求め役所命令そのひとつひとつに、誠意情熱立ち向かっていくマザー・テレサ。しかし、それを知らないセラーノ神父は、なかなか自分に会おうとしない彼女を尊大な人間だと思いこみバチカン否定的な報告送ろうとする。が、実際彼の前に現れたマザー・テレサは、尊大さかけらもない人物だった。「私は、神が手に持つペンにすぎないのです」と語るマザー・テレサの無私無欲姿勢に、深い感銘を受けるセラーノ神父彼は自らもその地にとどまり、マザー・テレサのかたわらで同じ道歩もう決意する1965年教団活動がますます活発になっていくなかで、マザー・テレサはハンセン病患者のための“平和の村”を建設する計画に着手する。これに対しては、「マザーのせいでカルカッタに不幸と貧困レッテル貼られてしまった」と、インド国内から多くの批判の声あがったが、それが大々的に報じられたことにより、世界各国から多くの寄付金が寄せられるようになった。「神が望めば資金集まる。神が望まなければあきらめる」と、いつものように粘り強く精力的に資金の調達計画の推進走り回るマザー・テレサ。書類不備によって建設計画頓挫しかけたとき、彼女はバチカン乗り込み教皇直談判することもした。その努力実り建設はようやく再開にこぎ着けたものの、完成まで道のりには予想外の困難がつきまとうのだった

マザー・テレサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/26 06:22 UTC 版)

マザー・テレサ(Mother Teresa, 1910年8月26日 - 1997年9月5日)、あるいはコルカタの聖テレサ(Saint Teresa of Calcutta)は、カトリック教会修道女にして修道会神の愛の宣教者会」の創立者。またカトリック教会の聖人である。本名はアルーマニア語でアグネサ/アンティゴナ・ゴンジャ・ボヤジ(Agnesa/Antigona Gongea Boiagi)、アルバニア語でアニェゼ/アグネス・ゴンジャ・ボヤジウ(Anjezë/Agnès Gonxha Bojaxhiu)。


  1. ^ Mother Teresa - Questions and answers”. ノーベル財団. 2019年6月15日閲覧。"Question: マザー・テレサは、どうして1979年のノーベル平和賞を受賞したの?"に対するAnswer(英文)を意訳。
  2. ^ A fost Maica Tereza aromâncă?”. Romania Libera. 2012年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月15日閲覧。
  3. ^ やなぎやけいこ 『マザー・テレサ キリストの渇きを癒すために』ドン・ボスコ社、1990年4月、13頁。ISBN 4886260462 
  4. ^ マザー・テレサ”. 宗教法人 カトリック中央協議会. 2019年6月15日閲覧。
  5. ^ 中井 2011, p. 158-160.
  6. ^ 中井 2011, p. 42-53.
  7. ^ 中井 2011, p. 104-106.
  8. ^ 中井 2011, p. 88-90.
  9. ^ a b c マザー・テレサの生涯”. ワールドバリュー株式会社. 2013年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月15日閲覧。
  10. ^ 「言葉でたどるマザーテレサの生涯」『カトリック生活』2016年9月号、ドン・ボスコ社、1-7頁。
  11. ^ a b “Biography”. Mother Teresa of Calcutta Center. https://www.motherteresa.org/biography.html 2021年2月28日閲覧。 
  12. ^ 特集”. Laudate. 女子パウロ会. 2019年6月15日閲覧。
  13. ^ 「マザーテレサ 貧しい人に仕えた生涯」『カトリック生活』1997年11月号、ドン・ボスコ社、17-21頁。
  14. ^ 「貧しき人々の母 マザーテレサ帰天」『カトリック生活』1997年11月号、ドン・ボスコ社、11頁。
  15. ^ “サイババ氏に数十万人が最後の別れ、インド南部で国葬”. ロイター. (2011年4月27日). https://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-20844320110427 
  16. ^ “この9月、マザーテレサが帰天後、わずか19年で「列聖」される”. カトリック仁川教会. (2016年8月). http://www.nigawa.catholic.ne.jp/wp-content/uploads/2016/08/2cf7cbd7977d4210b7221be9375cc5a2.pdf 2021年2月28日閲覧。 
  17. ^ 井上卓弥「福者、聖人に列する正式手続き開始へ 教皇庁」『毎日新聞』2001年8月17日。
  18. ^ Beatification Mother Teresa of Calcutta, 19 October 2003”. 2019年6月15日閲覧。
  19. ^ マザー・テレサが「聖人」認定へ ローマ法王が承認”. 朝日新聞 (2015年12月19日). 2016年1月29日閲覧。
  20. ^ 宮下日出男. “マザー・テレサ「聖人」に認定 バチカンで列聖式…「コルカタの聖女」偉業讃える”. 産経ニュース. 2016年9月4日閲覧。
  21. ^ 垂水雄二訳『神は妄想である』早川書房、2007年、427頁
  22. ^ マザー・テレサは聖人ではなかった”. ハフポスト. 2019年6月15日閲覧。
  23. ^ マザー・テレサ映画祭”. 2019年6月15日閲覧。


「マザー・テレサ」の続きの解説一覧

「マザー・テレサ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マザー・テレサ」の関連用語

マザー・テレサのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マザー・テレサのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2022 the Cabinet Office All Rights Reserved
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマザー・テレサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS