七条とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > すじ > 七条の意味・解説 

しち‐じょう〔‐デウ〕【七条】

七つの項目。また、7番目の箇条

七つのすじ。

七条の袈裟(けさ)」の略。


しちじょう〔シチデウ〕【七条】

平安京条坊の一。また、東西通じ大路の名。七条大路


しち‐じょう ‥デウ 【七条】

〔名〕

七つのすじ。また、七つ箇条七つの項目。

続日本紀慶雲三年706二月庚寅「又制七条事」〔旧唐書‐傅仁均伝〕

② 糸、琴糸などの、七つのすじ。転じて琴のこともいう。

菅家後集903頃)感吏部弾琴「栄啓後身吏部王。七条糸上百愁忘」〔薛能‐秋夜聴任即中琴詩〕

七つ通りまた、北側から数え七つめの大通り。特に、京都の七条大路をいう。

続日本後紀承和七年840六月癸丑「改本居、貫左京七条二坊

宇治拾遺(1221頃)一一「さて、やりもてゆきて、七条の末にやり出だしたれば、京よりはまさりて、入水の聖拝まんとて、川原の石よりもおほく、人つどひたり」〔王褒日出東南隅行〕

④ 「しちじょう(七条)の袈裟」の略。

御伽草子三人法師室町末)「衣の破れたるに、七条をかけて、看経ありしが、道行にやせて、色黒み、そのさま衰へてあれども」〔有部百一羯磨


しちじょう シチデウ 【七条】

姓氏一つ藤原北家道隆の六世孫信隆が、京都七条の地に邸を構え、その地名そのまま家名となって、七条家の祖となった。信隆の女で後鳥羽天皇生母であった殖子は、七条院と称せられている。このほかに、七条将軍と号した九条流藤原頼経を祖とする七条氏、江戸時代水無瀬流七条氏等がある。


七条

読み方:シチジョウ(shichijou)

所在 北海道江別市


七条

読み方:シチジョウ(shichijou)

所在 北海道深川市


七条

読み方:シチジョウ(shichijou)

所在 奈良県奈良市


七條

読み方:シチジョウ(shichijou)

所在 徳島県板野郡上板町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

七条

読み方:シチジョウ(shichijou)

所在 京都府(京阪電気鉄道本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒067-0017  北海道江別市7条
〒074-0007  北海道深川市七条
〒078-2107  北海道雨竜郡秩父別町7条
〒630-8053  奈良県奈良市七条
〒771-1302  徳島県板野郡上板町七條

七條

名字 読み方
七條しちじょう
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

七條

読み方
七條しちじゅう
七條しちじょう
七條なじょう
七條ひちじょう

七条

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 15:27 UTC 版)

七条七條、しちじょう、ななじょう)




「七条」の続きの解説一覧



七条と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「七条」の関連用語

七条のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



七条のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2022 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの七条 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS