徳島県とは? わかりやすく解説

とくしま‐けん【徳島県】

読み方:とくしまけん

徳島[一]


徳島県

読み方:トクシマケン(tokushimaken)

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

徳島県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/11 13:45 UTC 版)

徳島県(とくしまけん)は、日本四国地方に位置する県庁所在地徳島市


注釈

  1. ^ 鳴門市が兵庫県南あわじ市と海上を隔てて隣接
  2. ^ 徳島市と小松島市が和歌山県和歌山市と海上を隔てて隣接
  3. ^ 徳島県の想定した「とくしま人口ビジョン(2020年策定版)」によると、徳島県の人口は2025年に70万を下回ると想定されていた。
  4. ^ 統計期間:2001年 - 2010年
  5. ^ 2001年観測停止。統計期間:1981年 - 2000年
  6. ^ 2009年観測停止。統計期間:1981年 - 2000年
  7. ^ 2009年観測開始。
  8. ^ サヌカイトで作られたナイフ形石器
  9. ^ 高野は、任期途中の2023年6月に辞職。同年10月に参議院議員補欠選挙が行われ、無所属の広田一が当選。
  10. ^ 2023年徳島県知事選挙に出馬するため、三木は2023年1月に辞職。北海道出身の田中昌史繰り上げ当選
  11. ^ 沖縄県には普通鉄道の電化区間はないが、戦前には路面電車沖縄電気が存在した。また現存する沖縄都市モノレール線(ゆいレール)は電気運転である。
  12. ^ 1916年に開業した阿波電気軌道(現在の高徳線・鳴門線、および廃止された鍛冶屋原線)は電化を企図していたが、資金不足により実現しなかった。
  13. ^ 佐古-徳島間は一見複線に見えるが、実際は高徳線と徳島線の単線並列区間である。全区間単線宮崎県のみ。
  14. ^ 福井県では2018年9月8日より福井駅および敦賀駅で運用が開始、同15日に新疋田駅から牛ノ谷駅までの間の残りの駅でチャージ機含め稼働開始となった。愛媛県では伊予鉄道松山市駅に2014年まで存在していた。
  15. ^ 徳島駅から池谷・阿波川島・阿南の各駅間

出典

  1. ^ [1]
  2. ^ 徳島県の推計人口 戦後初の70万人割れ|NHK 徳島のニュース”. NHK (2023年4月28日). 2023年9月21日閲覧。
  3. ^ 三越徳島、13日正式オープン そごう撤退のビル核テナント:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2022年4月5日). 2023年1月14日閲覧。
  4. ^ 成紀, 秋吉 (2020年1月4日). “徳島県が日本初の「百貨店ゼロ県」に 行き場失う上顧客”. WWDJAPAN. 2023年1月14日閲覧。
  5. ^ 高知県海洋局HPより
  6. ^ 中核市とは何ですか。徳島市
  7. ^ a b 市町村民経済計算推計結果 | 徳島県
  8. ^ “受難”再び…地図から消された「あの2県」”. 読売新聞 (2018年8月22日). 2018年8月25日閲覧。
  9. ^ 歴代徳島県知事列伝 : 自徳島藩知事蜂須賀茂韶至公選第九代知事武市恭信福田憲熈 原田印刷出版, 2007.8
  10. ^ 「吉野川の改修工事ようやく完工式」『大阪毎日新聞』1926年5月7日四国版(大正ニュース事典編纂委員会 『大正ニュース事典第7巻 大正14年-大正15年』本編p.513 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  11. ^ 徳島新聞 週刊阿波っ子タイムズ 第155号 2016年12月18日 5面 親子の時間 きょうは何の日?
  12. ^ 「風速実に六十五メートル、室戸で観測」『大阪毎日新聞』1934年9月26日(『昭和ニュース事典編纂委員会 昭和ニュース事典第4巻 昭和8年-昭和9年』本編p.235 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  13. ^ 徳島新聞 週刊阿波っ子タイムズ 第161号 2017年1月29日 5面 親子の時間 きょうは何の日?
  14. ^ 徳島新聞 週刊阿波っ子タイムズ 第89号 2015年9月13日 5面 親子の時間 きょうは何の日?
  15. ^ 徳島新聞 週刊阿波っ子タイムズ 第88号 2015年9月6日 5面 親子の時間 きょうは何の日?
  16. ^ 徳島新聞 週刊阿波っ子タイムズ 第160号 2017年1月22日 5面 親子の時間 きょうは何の日?
  17. ^ 徳島新聞 週刊阿波っ子タイムズ 第159号 2017年1月15日 9面 親子の時間 きょうは何の日?
  18. ^ 徳島県の推計人口、70万人割れ ほぼ1世紀ぶり”. 日本経済新聞 (2023年4月28日). 2023年11月28日閲覧。
  19. ^ 社長の「輩出率」 徳島県が6年連続トップ 沖縄県の企業は社長の9割が“地元出身””. 東京商工リサーチ (2023年10月20日). 2023年10月31日閲覧。
  20. ^ 徳島県における区域外(県外)波受信対策について 総務省ホームページ 2015年2月12日閲覧。 (PDF)
  21. ^ ケーブルテレビの普及状況 四国総合通信局
  22. ^ モービルハム 1986年1月号 電波実験社
  23. ^ 徳島県の交流自治体
  24. ^ 独ニーダー州交流10周年 県訪問団23日出発”. 徳島新聞 (2017年4月17日). 2018年5月5日閲覧。



徳島県

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 18:30 UTC 版)

固有名詞

とくしまけん

  1. 四国地方東部にあり、陸上では香川県愛媛県高知県と、海上では兵庫県和歌山県隣接する地方自治体県庁所在地徳島市

関連語


「徳島県」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「徳島県」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

徳島県のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
徳島県の温泉情報

徳島県の温泉地から温泉宿を探す




徳島県のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳島県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの徳島県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS