カヌーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > カヌー > カヌーの意味・解説 

カヌー【canoe】

読み方:かぬー

舵(かじ)や竜骨のない小舟木の幹をくりぬいた丸木舟や、枠組獣皮樹皮張ったものなどがある。競技用のカヌーは後者原型

カヌーの画像

カヌー

作者ダグラス・ダン

収載図書ひそやか
出版社白水社
刊行年月1992.5
シリーズ名新しイギリス小説

収載図書ひそやか
出版社白水社
刊行年月1996.9
シリーズ名白水Uブックス


カヌー

概要と歴史

カヌーは、何千年もの昔から人々移動手段として、また狩猟道具として発達してきた浮かべ小さな乗り物です。最も古いカヌーは6千年ほど前のユーフラテス川近くにあるシュメール人王墓から発見されています。

スポーツとしての近代カヌーは、19世紀イギリス芽生え1866年イギリステームズ川初めレースが行われました1924年国際カヌー連盟(I.C.F)が設立され第1回世界選手権大会1930年オリンピック正式種目として採用されたのは1936年第11回ベルリン大会でした。

日本のカヌー競技は、1940年開催予定されていた東京オリンピック準備のため、ベルリンからカヤック艇を持ち帰ったのが始まりです。1938年日本カヌー協会設立されましたが、第2次世界大戦激化に伴いその活動自然に消滅し東京オリンピックとともに幻と化しました

戦後国際カヌー連盟から離脱していた日本の復帰認められ1960年に再び日本カヌー協会復活しました。1964年第18回オリンピック東京大会フラットウォーターレーシング静水面で行う)が正式競技として採用された事から、国内におけるカヌー競技普及強化両面で大きく躍進したといえます

日本カヌー協会は、東京オリンピック開催後日本体育協会加盟し1980年社団法人日本カヌー連盟へと法人化されましたまた、1982年島根国民体育大会から正式競技として実施されています。


特徴と競技種目

カヌーの種類には、北方イヌイット(エスキモー)が狩をするために作った舟が原型といわれるカヤック(K)と、カナダ原住民が木をくり抜い作った舟が原型といわれるカナディアン(C)あります

カヤックは、漕者が艇の進行方向向かって座りパドル両端にある水かきブレード)で左右交互にをかきながら艇を進め、舵(レーシングのみ)は足で操作して方向整えますカナディアンは、漕者が立膝姿勢で、片側にブレード付いたパドルで艇の片側だけをかきながら、同時に方向操作して進みます

ボートとカヌーの違いは、ボートではオールが艇に取付けてあるのに対して、カヌーのパドル固定されていないことです。また、ボート後ろ向きに進みますが、カヌーは全て前向きに進みます

カヌー競技は、1972年ミュンヘンオリンピックに、河川激流で行うスラロームが種目に入ったこともあり現在ではフラットウォータースラロームワイルドウォーターツーリングカヌーポロ、ドラゴンカヌーとカヌー全種目が急激に普及してます。もともとカヌーは、人類の歴史とともに人々の生活の中で親しまれ来たものであり、豊かな庶民的要素をもっていることから、特に欧米各国での普及目覚しく一般大衆スポーツとして盛んに行われてます。

日本でも近年、レクリエーションカヌーの領域までその裾野大きく広げ自然と調和したクリーンなスポーツしてますます普及発展することが期待されています。



カヌー

 日本ではいろいろなタイプフネまとめてカヌーと呼んでいるが、CANOEというと、シングル・パトルで漕ぐフネだけをさす。これに対してダブル・パトルで漕ぐフネカヤックと呼ぶ

カヌー

名前 Kanu

カヌー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 03:19 UTC 版)

カヌー(Canoe)とは、カリブに先住したアラワク族インディアンの言葉で、カリブ海周辺の小型舟艇の名称である。それから転じて、世界各地の伝統的な舟艇を指して使われる用法が一般化しているが、明確な定義は無い。なお、現代の英語において「カヌー」と呼ばれうる船舶は、地域により「カヌー」「カノア」「カノ」「ワカ」「ワア」「ヴァカ」など様々な名で呼ばれている。


  1. ^ 日本パラリンピック委員会は「カヌー」の名称を使用している。
  2. ^ カヌースプリント 日本カヌー連盟
  3. ^ 競技紹介 Canoe/カヌー”. 日本パラリンピック委員会. 2021年8月24日閲覧。



カヌー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 11:47 UTC 版)

フレンドシップ・ゲームズ」の記事における「カヌー」の解説

フレンドシップ・ゲームズにおけるカヌー競技英語版ホスト国の東ドイツソ連が、12種目のうちそれぞれ6種目金メダルを獲得した。

※この「カヌー」の解説は、「フレンドシップ・ゲームズ」の解説の一部です。
「カヌー」を含む「フレンドシップ・ゲームズ」の記事については、「フレンドシップ・ゲームズ」の概要を参照ください。


カヌー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 09:42 UTC 版)

2020年東京オリンピックのセネガル選手団」の記事における「カヌー」の解説

下の選手出場資格獲得している。 ジャンピエール・ブリス男子スラロームカナディアンシングル)

※この「カヌー」の解説は、「2020年東京オリンピックのセネガル選手団」の解説の一部です。
「カヌー」を含む「2020年東京オリンピックのセネガル選手団」の記事については、「2020年東京オリンピックのセネガル選手団」の概要を参照ください。


カヌー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 14:58 UTC 版)

タシュケント」の記事における「カヌー」の解説

カヌー競技カヤック一人乗り500mスプリント前世界王者オリンピック銅メダリストのミカエル・コルガノフ(英語版)もまたタシュケント出身である。

※この「カヌー」の解説は、「タシュケント」の解説の一部です。
「カヌー」を含む「タシュケント」の記事については、「タシュケント」の概要を参照ください。


カヌー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 21:51 UTC 版)

2020年東京オリンピックのウズベキスタン選手団」の記事における「カヌー」の解説

下の選手出場資格獲得している。 ディルノザ・ラフマトワ(女子スプリントカナディアンシングル200m) ニルファル・ゾキロワ(女子スプリントカナディアンシングル200m) ディルノザ・ラフマトワ、ニルファル・ゾキロワ(女子スプリントカナディアンペア500m

※この「カヌー」の解説は、「2020年東京オリンピックのウズベキスタン選手団」の解説の一部です。
「カヌー」を含む「2020年東京オリンピックのウズベキスタン選手団」の記事については、「2020年東京オリンピックのウズベキスタン選手団」の概要を参照ください。


カヌー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 09:16 UTC 版)

佐藤秀明 (写真家)」の記事における「カヌー」の解説

1970年以降カヌーイスト野田知佑と共に世界中旅した日本中の川をカヌーで下りながら取材を行う。 海外取材オーストラリアニュージーランドタヒチギリシャ、トルコ カヌーで下った海外の川:ローヌ川(フランス・スイス)、ユーコン川(カナダ・アラスカ)、テスリン川(カナダ)、ノアタック川(アラスカ)、コバック川(アラスカ野田知佑愛犬ガクをカヌーに乗せて旅をしていた。ガクとのカヌー旅行記題材にした映画ガクの冒険』(1990年公開 監督椎名誠)では撮影監督務めた

※この「カヌー」の解説は、「佐藤秀明 (写真家)」の解説の一部です。
「カヌー」を含む「佐藤秀明 (写真家)」の記事については、「佐藤秀明 (写真家)」の概要を参照ください。


カヌー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 23:13 UTC 版)

2008年北京オリンピックのギリシャ選手団」の記事における「カヌー」の解説

男子で2名が延べ3種目に出場女子で1名が出場している。

※この「カヌー」の解説は、「2008年北京オリンピックのギリシャ選手団」の解説の一部です。
「カヌー」を含む「2008年北京オリンピックのギリシャ選手団」の記事については、「2008年北京オリンピックのギリシャ選手団」の概要を参照ください。


カヌー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 02:57 UTC 版)

2012年ロンドンオリンピックのロシア選手団」の記事における「カヌー」の解説

男子金メダル1個、銅メダル2個を獲得した

※この「カヌー」の解説は、「2012年ロンドンオリンピックのロシア選手団」の解説の一部です。
「カヌー」を含む「2012年ロンドンオリンピックのロシア選手団」の記事については、「2012年ロンドンオリンピックのロシア選手団」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「カヌー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

カヌー

出典:『Wiktionary』 (2021/07/28 12:08 UTC 版)

名詞

カヌー

  1. 竜骨がなく、骨組み毛皮獣皮樹皮張った小舟木の幹をくりぬいた丸木舟などの総称
  2. 1.模して作られた競技用のカヌーまたはそれを用いた競技

語源

翻訳

参照


「カヌー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




カヌーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カヌーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カヌーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2022 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ヒロウッデンカヌーショップヒロウッデンカヌーショップ
Copyright(C)1997-2022.Hironori Nagase
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカヌー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフレンドシップ・ゲームズ (改訂履歴)、2020年東京オリンピックのセネガル選手団 (改訂履歴)、タシュケント (改訂履歴)、2020年東京オリンピックのウズベキスタン選手団 (改訂履歴)、佐藤秀明 (写真家) (改訂履歴)、2008年北京オリンピックのギリシャ選手団 (改訂履歴)、2012年ロンドンオリンピックのロシア選手団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカヌー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS