しんせんとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > 分泌腺 > しんせんの意味・解説 

しん せん [0] 【伸線】

針金

しん せん [1] 【心線】

〔「線」とも書く〕
電線・コード・ケーブルなどの中心部にある導線

しん せん [0] 【神仙・神僊

神通力をもった人。神や仙人
日本十二律の一。西洋音楽ハ音中国十二律無射(ぶえき)に相当する。

しん せん [0] 【神泉】

霊妙であるとされる泉。神がいるという泉。
神社境内にある泉。神苑にある泉。
神泉苑しんせんえん」の略。

しん せん [0] 【神饌

神祇(じんぎ)供える飲食物総称稲・米・酒・餅・魚・鳥蔬菜(そさい)果実塩・水など。供物。みけ。

しん せん [0][1] 【唇腺】


しん せん [0] 【浸染】

( 名 ) スル
〔「しんぜん」とも〕
液体がしみこんでそまること。
だんだんに物事浸透すること。 「漢語漸く世俗に-し/日本開化小史 卯吉
繊維製品染料溶液に浸して染め染色法。ひたし染め

しん せん [0] 【針線・鍼線】

はりといと。

しん せん [0] 【深浅】

深いことと浅いこと。深さ。 「海の-」
色の濃いことと薄いこと。

しん せん [0] 【進戦】

( 名 ) スル
進撃すること。 「先づ都城克復し日を期して-するに決し/佳人之奇遇 散士

神饌(しんせん)

古語では「みけ」といい、「御饌」又は「御食」の字をあてることもある。神に供える飲食物総称

神饌

読み方:しんせん

神に供える食物のことです。素材そのまま供える生饌調理したもの供える熟饌などがあります最初は神饌として米の初穂捧げていたことから、神の恵み感謝捧げるときに初物捧げる習慣ができたといわれています。一般的に神棚へは米、、塩を神饌として毎朝供えます。当社では特殊神饌としてブト・マガリとよばれるものが伝来しています。

真泉

読み方
真泉しんせん

森泉

読み方
森泉しんせん

新堰

読み方
新堰しんせん

しんせん

出典:『Wiktionary』 (2008/12/07 06:10 UTC 版)






しんせんと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

しんせんに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「しんせん」の関連用語

しんせんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

烏丸線10系車両

脇割り

クイーンアラベスク・タイガープレコ L260

久留女木の棚田

栗毛

ジュエリー用ゲス

タンデム

アクセルクリッパー





しんせんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
岡山県神社庁岡山県神社庁
since 2017 (C)Okayamaken Jinjacho
住吉大社住吉大社
Copyright (C) 2017 sumiyoshitaisha. All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのしんせん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS