飲食物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 食べ物 > 飲食物の意味・解説 

いんしょく‐ぶつ【飲食物】

読み方:いんしょくぶつ

飲み物食べ物。「体を温める—」


食品

(飲食物 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/05 10:18 UTC 版)

食品(しょくひん)またはフード: food[1])とは、人が食べるために直接使用できる、食用可能な状態のもの[2]人間が日常的に食物として摂取するものの総称である[3]食物(しょくもつ)、食料品(しょくりょうひん)とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ 法改正前の食品衛生法第4条では、「この法律で食品とは、すべての飲食物をいう。ただし、医薬品医療機器等法(昭和35年法律第145号)に規定する医薬品及び医薬部外品は、これを含まない。」と規定していた[5]

出典

  1. ^ 他言語では、: alimentum : Lebensmittelなど。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 小学館『日本大百科全書』「食品」河野友美 執筆。
  3. ^ 広辞苑第6版
  4. ^ 用語解説(食品ロス参照)”. 京都府. 2020年6月1日閲覧。
  5. ^ 食品衛生法(昭和二十二年十二月二十四日法律第二百三十三号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2009年11月30日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i 健康食品調査(米国)”. 日本貿易振興機構ロサンゼルス事務所農林水産・食品調査課. 2020年6月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 資料 1-1. コーデックス食品分類システム(Food Category System: FCS)”. 農林水産省. 2020年6月1日閲覧。
  8. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 29–31.
  9. ^ 食品保健研究会(編) 1989, p. 29.
  10. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 29–30.
  11. ^ 食品保健研究会(編) 1989, p. 30.
  12. ^ a b 食品保健研究会(編) 1989, p. 31.
  13. ^ a b 「好きになる栄養学 第3版」p3 麻見直美・塚原典子 講談社 2020年2月18日第1刷発行
  14. ^ 「好きになる栄養学 第3版」p29-30 麻見直美・塚原典子 講談社 2020年2月18日第1刷発行
  15. ^ 「世界の食用植物文化図鑑 起源・歴史・分布・栽培・料理」p24-25 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷
  16. ^ 「好きになる栄養学 第3版」p16-17 麻見直美・塚原典子 講談社 2020年2月18日第1刷発行
  17. ^ 「食料の世界地図」p86-87 エリック・ミルストーン、ティム・ラング著 中山里美・高田直也訳 大賀圭治監訳 丸善 平成17年10月30日発行
  18. ^ 「世界の食用植物文化図鑑 起源・歴史・分布・栽培・料理」p26 バーバラ・サンティッチ、ジェフ・ブライアント著 山本紀夫監訳 柊風舎 2010年1月20日第1刷
  19. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 91–92.
  20. ^ a b c d e f 食品保健研究会(編) 1989, p. 92.
  21. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 92–93.
  22. ^ a b c d e f g h i 食品保健研究会(編) 1989, p. 93.
  23. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 93–94.
  24. ^ a b c d e f 食品保健研究会(編) 1989, p. 94.
  25. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 94–95.
  26. ^ a b c d e f g h i j 食品保健研究会(編) 1989, p. 95.
  27. ^ 食品保健研究会(編) 1989, pp. 95–96.
  28. ^ a b 「火と人間」p4 磯田浩 法政大学出版局 2004年(平成16年)4月20日初版第1刷
  29. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p119 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年(平成24年)5月30日初版第1刷
  30. ^ 「新訂 食用作物」p3 国分牧衛 養賢堂 2010年(平成22年)8月10日第1版
  31. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p110 - 111 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年(平成24年)5月30日初版第1刷
  32. ^ 南直人『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、56 - 58頁。ISBN 4-0625-8123-X 
  33. ^ 南直人『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、98頁。ISBN 4-0625-8123-X 
  34. ^ 南直人『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、195 - 200頁。ISBN 4-0625-8123-X 
  35. ^ 南直人『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、209 - 212頁。ISBN 4-0625-8123-X 
  36. ^ a b 「食料の世界地図」p78-81 エリック・ミルストーン、ティム・ラング著 中山里美・高田直也訳 大賀圭治監訳 丸善 平成17年10月30日発行
  37. ^ 「食 90億人が食べていくために」(サイエンス・パレット025)p144-145 John Krebs著 伊藤佑子・伊藤俊洋訳 丸善出版 平成27年6月25日発行
  38. ^ 「食料の世界地図」p12-13 エリック・ミルストーン、ティム・ラング著 中山里美・高田直也訳 大賀圭治監訳 丸善 平成17年10月30日発行
  39. ^ https://www.unicef.or.jp/news/2020/0173.html 「世界の飢餓人口 増加続く 2030年の「飢餓ゼロ」達成困難のおそれ ユニセフなど、国連5機関が新報告書」公益財団法人 日本ユニセフ協会 2020年7月13日 2021年2月5日閲覧
  40. ^ [1] 鎌倉市 2021年7月1日閲覧
  41. ^ 「食文化としての昆虫食」p43 野中健一 (「文化昆虫学事始め」所収 三橋淳小西正泰編 創森社 2014年(平成26年)8月20日第1刷)
  42. ^ 「イスラエルのユダヤ料理」p110 鴨志田聡子(「イスラエルを知るための62章 第2版」所収 立山良司編著 明石書店 2018年(平成30年)6月30日第2版第1刷)
  43. ^ 『イスラームと食』p370 山根聡(「インド文化事典」所収)インド文化事典製作委員会編 丸善出版 2018年(平成30年)1月30日発行
  44. ^ 「食と健康 インドの浄・不浄観と社会」p107 - 109 松尾瑞穂(「世界の食に学ぶ 国際化の比較食文化論」所収 河合利光編 時潮社 2011年(平成23年)11月25日第1版第1刷
  45. ^ 『イスラームと食』p370 山根聡(「インド文化事典」所収)インド文化事典製作委員会編 丸善出版 2018年(平成30年)1月30日発行
  46. ^ 『アルコール』p384 池亀彩(「インド文化事典」所収)インド文化事典製作委員会編 丸善出版 2018年(平成30年)1月30日発行
  47. ^ 「世界の食文化百科事典」p304-305 野林厚志編 丸善出版 令和3年1月30日発行
  48. ^ 「世界の食文化百科事典」p386-387 野林厚志編 丸善出版 令和3年1月30日発行
  49. ^ 「食 90億人が食べていくために」(サイエンス・パレット025)p90-91 John Krebs著 伊藤佑子・伊藤俊洋訳 丸善出版 平成27年6月25日発行
  50. ^ 「新・食文化入門」p30 - 34 森枝卓士南直人編 弘文堂 2004年(平成16年)10月15日初版1刷発行
  51. ^ 「食文化の多様性と標準化」p79 岩間信之(「グローバリゼーション 縮小する世界」所収 矢ヶ﨑典隆山下清海加賀美雅弘編 朝倉書店 2018年(平成30年)3月5日初版第1刷)
  52. ^ 「食で読み解くヨーロッパ 地理研究の現場から」p120-124 加賀美雅弘 朝倉書店 2019年4月10日初版第1刷
  53. ^ 「世界をよみとく暦の不思議」p131-139 中牧弘允 イースト・プレス 2019年1月20日初版第1刷発行
  54. ^ 「新版 キーワードで読みとく現代農業と食料・環境」p218-219 「農業と経済」編集委員会監修 小池恒男・新山陽子・秋津元輝編 昭和堂 2017年3月31日新版第1刷発行
  55. ^ 「新版 キーワードで読みとく現代農業と食料・環境」p14-15 「農業と経済」編集委員会監修 小池恒男・新山陽子・秋津元輝編 昭和堂 2017年3月31日新版第1刷発行
  56. ^ 「食料の世界地図」p82-83 エリック・ミルストーン、ティム・ラング著 大賀圭治監訳 中山里美・高田直也訳 丸善 平成17年10月30日発行
  57. ^ a b 「食べ物と健康 食品の安全」(健康・栄養科学シリーズ)p13 有薗幸司編 独立行政法人国立健康・栄養研究所監修 南江堂 2013年(平成25年)4月1日第1刷
  58. ^ 「食べ物と健康 食品の安全」(健康・栄養科学シリーズ)p8 - 9 有薗幸司編 独立行政法人国立健康・栄養研究所監修 南江堂 2013年(平成25年)4月1日第1刷



飲食物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 17:24 UTC 版)

彩雲国物語の用語」の記事における「飲食物」の解説

(ちゃ) 用語は急須茶漉し湯呑み茶筒など日本茶道のものが多い。地方では直接茶碗茶葉白湯入れて茶托無しで飲む。花茶(はなちゃ) 後宮出た梅茶うめちゃ) 霄瑤璇はこれと饅頭を好む。 緑茶りょくちゃ後宮出た他、櫂瑜出している。 龍泉茶りゅうせんちゃ) 疲れを取るお茶官吏紅秀麗達に差し入れた甘露茶(かんろちゃ) 茶州銘茶白湯を注ぐと花が開く。秀麗金華目指す道すがら目印為に買い占めた秀麗大事な人達に淹れる聞いて、朔洵は淹れてもらいたがったが叶わずじまいだった現実甘露茶違って甘く、幼い秀麗三度の飯より夢中になっていた。 彼山銀針(かざんぎんしん) 最高級茶葉のひとつ。モデル君山銀針か。 柚子茶(ゆずちゃ) 鄭悠舜柚子茶の素を作っていた。劉志美好物で、紅黎深も悠舜に淹れてもらいたがっていた。 父茶(ちちちゃ) 紅邵可淹れる茶葉種々の漢方薬加えて淹れているので非常に苦い。毒性はないはずだが、知らず飲んだ人間失神させ、味を知る娘が裸足逃げ出すほどの破壊力を持つ(秀麗いわく「(疲れた状態で)父さまお茶なんか飲んだ体力値ゼロ一気昇天」)。これを飲めるのは、本人である邵可、味になじんでいる劉輝、この上なく兄を敬愛している黎深、邵可を愛している珠翠の4名のみ。 茅炎白酒ちえんはくしゅ) 国一番の高濃度酒で白州帰山地方製造されている。一口でどんな大男意識ぶっ飛ぶほどの強い酒。工部の管尚書との飲み比べのときに秀麗巨大な酒盃入れた大量茅炎白酒飲み干し朝廷内で伝説になった茶州での奇病事件手術の際、消毒用アルコールとしても使われた。 アニメ版では秀麗年齢考慮されてか、飲み比べ描かれていない饅頭まんじゅう生地中に餡を詰めて蒸したもの。本編数十年前藍州では河伯犯罪者女子供生贄捧げる習わしがあった。当時御史だった旺季がそれを見て代わりに食べていた饅頭を川に流したところ、見事に波が治まった以来現地では人形饅頭を流す様になった。現在では白い饅頭見て分かる形の様子皇毅が関わった案件にも類似例がある。諸葛亮饅頭まんとう)の逸話元にしている。 恋人たちの贈り物 老舗菓子屋人気商品杏仁豆腐似た甘味ほんのり甘酸っぱい杏子などの果物が沢山乗っており、可愛らしい見た目をしている。思い人一緒に食べれば思い通じると評判で、予約当初1ヶ月その後半年待ちになった

※この「飲食物」の解説は、「彩雲国物語の用語」の解説の一部です。
「飲食物」を含む「彩雲国物語の用語」の記事については、「彩雲国物語の用語」の概要を参照ください。


飲食物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 07:41 UTC 版)

自然放射線」の記事における「飲食物」の解説

人が日ごろ口にする食物にも極微量の放射性核種含まれているために、常に体内被曝しているといえる。この被曝量市川文献では、年間ほぼ250 μSv(= 0.25 mSv)である、『放射線利用基礎知識』では年間0.29 mSv(= 290 μSv)程度とされている。 主な内部被曝源としてはカリウム40炭素14のような天然存在する放射性同位体がある。体重60kgの人体にも、カリウム40で4,000ベクレル炭素14で2,500ベクレル天然放射線物質があると言われている。 食品種類によって放射性物質の量は異なりバナナジャガイモインゲン豆ナッツヒマワリの種は自然放射能をやや多く持っている。最も自然放射能が多いのはブラジルナッツで、1kgあたり244.2ベクレルもあるが毎日食べて人体影響の無いレベルにすぎない

※この「飲食物」の解説は、「自然放射線」の解説の一部です。
「飲食物」を含む「自然放射線」の記事については、「自然放射線」の概要を参照ください。


飲食物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 04:45 UTC 版)

コスプレ系飲食店」の記事における「飲食物」の解説

提供される飲食物は飲食店提供されるメニュー基本としているが、以下のような特徴がある。 商品に「萌え」又はアニメ・ゲーム世界想起させる名前を付けている。 デザート系ケーキパフェなど)のメニュー。 量が少ない。 フード系ではオムライス前面出され、ケチャップ・ソースなどにより装飾を施す。ソースなどでトッピング施し遊び要素盛り込む。 器の盛り付け装飾アニメアスキーアートなどのキャラクター用いる。 店員がオリジナルカクテルを持っている上記以外にも、飲食物の味の改善や、新規性より店舗コンセプト店員キャラクター性補強するなどの性質がある。よりも高級志向グルメ指向有する店舗もあり両極化傾向にある。 コスプレ系飲食店中でも喫茶店場合調理専門店員置かずメイドコスプレ店員)をキッチン担当とする店舗キッチン専任スタッフ調理する店舗がある。コスプレ喫茶では料理一つサービス提供ツールとして機能している。キッチンホール男装ギャルソン配置する店舗もある。

※この「飲食物」の解説は、「コスプレ系飲食店」の解説の一部です。
「飲食物」を含む「コスプレ系飲食店」の記事については、「コスプレ系飲食店」の概要を参照ください。


飲食物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/22 06:07 UTC 版)

ギャルカフェ」の記事における「飲食物」の解説

提供される飲食物は、カフェバーメニュー類似しているが、お店コンセプトあわせてギャルにちなんドリンクフードイベントあわせて提供される

※この「飲食物」の解説は、「ギャルカフェ」の解説の一部です。
「飲食物」を含む「ギャルカフェ」の記事については、「ギャルカフェ」の概要を参照ください。


飲食物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 15:09 UTC 版)

テーブルトークRPGの道具」の記事における「飲食物」の解説

TRPGにおいてお菓子中心とした飲食特別な意味を持つことがあるプレイ中の飲食仲間たちゲームを楽しむにあたって味覚楽しませた会話弾ませるなど娯楽としての要素膨らませることができる。深沢美潮の新フォーチュン・クエストリプレイにおいては必要なもの”としてお菓子飲み物明記されている。またソード・ワールドRPGリプレイ盗賊達の狂詩曲』では、セッション中にジュースを買いに行く、カップヌードル食べたい、などのキャラクターではないプレイヤーとしての発言記録されている。

※この「飲食物」の解説は、「テーブルトークRPGの道具」の解説の一部です。
「飲食物」を含む「テーブルトークRPGの道具」の記事については、「テーブルトークRPGの道具」の概要を参照ください。


飲食物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 15:19 UTC 版)

旅行者下痢」の記事における「飲食物」の解説

十分な衛生管理が行われている施設提供されている飲食物のみとして、街頭販売される飲食物の摂取避けるべきとされる推奨されるものとして、「加熱調理され湯気上がっている熱い食物」、「皮をむいて食べ果物」「密封されボトル提供され

※この「飲食物」の解説は、「旅行者下痢」の解説の一部です。
「飲食物」を含む「旅行者下痢」の記事については、「旅行者下痢」の概要を参照ください。


飲食物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 02:26 UTC 版)

中川亜紀子」の記事における「飲食物」の解説

日本茶紅茶コーヒーが好きである。飲みながらリラックスする時間を贅沢だと感じる。レモン絞ったトマトジュースはたまらない。上京して初め食べたネギトロ丼は思い出の味である。ネギをたっぷり入れた水炊き鍋が好きである。乳製品好きだが、牛乳そのままは苦手である。酒宴の席の、場の雰囲気が好きで、酒はかなり強い。得意料理ハンバーグ

※この「飲食物」の解説は、「中川亜紀子」の解説の一部です。
「飲食物」を含む「中川亜紀子」の記事については、「中川亜紀子」の概要を参照ください。


飲食物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 02:07 UTC 版)

世界一の一覧」の記事における「飲食物」の解説

記録史上世界最大の卵 - 重さ2589gのダチョウの卵 2008年スウェーデン動物園飼育されていたダチョウ産んだ一個生物学的に世界最大細胞卵細胞)でもある。 記録史上世界最大の鶏卵長径9.415cm、短径約6cm、重さ198gの鶏卵 2007年3月3日中国江蘇省江都市呉橋鎮(中国語版万寿村発見され一個にその可能性がある。なお、ギネス世界記録に「世界最大の鶏卵」として記載されているものは、長径7.9cm、短径6.4cm、重さ176gであり、上記のものより22g軽い。また、日本最大記録とされているのは、2011年平成23年2月23日長野県安曇野市にある小松場の有明山農場にて岡崎おうはん種が産んだ重量192gであり、証拠映像があるこの一個は、ギネス世界記録の上行っている。 世界一アルコール度数の高い酒 - 『エストニアアルコール度数98度。 ※旧ソビエト連邦時代製造されていた酒だが、現在は製造されていない。 現在製造されている中で世界一なのは、ポーランドウォッカスピリタスアルコール度数96度。 世界一アルコール度数の高いビール - 『スネークヴェノム』アルコール度数:67.5% スコットランド酒造メーカー造られているビールそれまでは『アルマゲドンアルコール度数60度)』が世界一だった。 20世紀中に世界で最も売れたクッキー - 『ナビスコオレオ』:1912年発売開始以来4900億個以上を販売したギネス世界記録認定世界一臭い発酵食 - 『シュールストレミング世界一辛い唐辛子 - 『キャロライナ・リーパーキャロライナ死神)』

※この「飲食物」の解説は、「世界一の一覧」の解説の一部です。
「飲食物」を含む「世界一の一覧」の記事については、「世界一の一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「飲食物」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「飲食物」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



飲食物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「飲食物」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||





9
98% |||||

10
98% |||||

飲食物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



飲食物のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの食品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの彩雲国物語の用語 (改訂履歴)、自然放射線 (改訂履歴)、コスプレ系飲食店 (改訂履歴)、ギャルカフェ (改訂履歴)、テーブルトークRPGの道具 (改訂履歴)、旅行者下痢 (改訂履歴)、中川亜紀子 (改訂履歴)、世界一の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS