日本茶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 飲料 > 緑茶 > 日本茶の意味・解説 

にほん‐ちゃ【日本茶】

読み方:にほんちゃ

日本つくられる。特に、緑茶をいう。


日本茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/10 05:36 UTC 版)

日本茶(にほんちゃ)とは、日常の会話で用いられる用語で、「日本のお茶」つまり「日本で作られたお茶」あるいは「日本でよく飲まれる種類のお茶」といった意味合いの言葉である。緑茶はチャノキを発酵させずに作った不発酵茶の総称であり、日本茶=緑茶ではない。また、植物学的な分類として定義された言葉ではない。


注釈

  1. ^ 令和2年(2020年)の統計では1,300トン差。
  2. ^ 電柱の天辺に下へ向けた扇風機が取り付けてある。
  3. ^ 大手企業だけでなく、ご当地茶葉のペットボトルも多くなっている。
  4. ^ 紅茶等を除く。
  5. ^ それ以前に、長崎を通して、営々とオランダに緑茶が輸出され、ヨーロッパ各国やイギリスなどにも渡った歴史があった。しかし、ヨーロッパでは、緑茶と硬水の相性が悪かったために、後に登場した紅茶によって衰退。
  6. ^ 東日本では静岡県に次ぐ。
  7. ^ 市場占有率0.1%未満。
  8. ^ 宮崎地区で茶栽培を行っている農家は存在する。
  9. ^ 平成23年(2011年)の統計。
  10. ^ 源流は高知の碁石茶。
  11. ^ 日本酒用語。
  12. ^ 「お茶を入れる」という。
  13. ^ いわゆる「お冷」。
  14. ^ 価格1000円。

出典

  1. ^ a b c “作物統計調査 令和2年産茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量 -全国の荒茶生産量は、前年産に比べ15%減少-” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 農林水産省大臣官房統計部, (2021年2月19日), オリジナルの2021年3月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210313061934/https://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-9.pdf 2021年3月14日閲覧。 
  2. ^ “静岡茶首位陥落の危機 秋冬番も大幅減産、2位鹿児島肉薄”. 静岡新聞. (2021年3月13日). オリジナルの2021年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210315055526/https://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/829431.html?news=872784 2021年3月15日閲覧。 
  3. ^ a b c “お茶王国・静岡、土俵際 鹿児島が猛追”. 朝日新聞. (2021年2月28日). オリジナルの2021年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210315062245/https://www.asahi.com/articles/ASP2W71VQP2RUTPB002.html 2021年3月15日閲覧。 
  4. ^ a b c “静岡県 茶生産量、薄氷の日本一 鹿児島、1300トン差に迫る”. 静岡新聞. (2021年2月20日). オリジナルの2021年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210314175839/https://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/863289.html 2021年3月14日閲覧。 
  5. ^ “本県 茶産出額1位陥落 リーフ消費拡大急務 19年生葉 逆転許す”. 静岡新聞. (2021年3月13日). オリジナルの2021年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210315053417/https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/872718.html?news=872784 2021年3月15日閲覧。 
  6. ^ a b c d “「日本一の茶処」揺らぐ静岡…鹿児島が猛追「いつ抜かれてもおかしくない」”. 読売新聞. (2021年2月21日). オリジナルの2021年3月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210315060610/https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210221-OYT1T50063/ 2021年3月15日閲覧。 
  7. ^ a b “鹿児島、茶産出額全国1位に 19年252億円、初めて静岡抜く”. 南日本新聞. (2021年3月16日). オリジナルの2021年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210317055414/https://373news.com/_news/?storyid=134233 2021年3月17日閲覧。 
  8. ^ “静岡県 茶産出額1位陥落 史上初、鹿児島県に譲る”. 静岡新聞. (2021年3月13日). オリジナルの2021年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210314174013/https://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/870204.html 2021年3月14日閲覧。 
  9. ^ 公益社団法人日本茶葉中央会 & NPO法人日本茶インストラクター協会(監修) 2015, pp. 164–166.
  10. ^ 波多野公介 1996, pp. 47–49.
  11. ^ 茶ガイド-全国茶生産団体連合会・全国茶主産府県農協連連絡協議会
  12. ^ 産物紹介「けせん茶」”. 気仙の営農. JAおおふなと. 2015年6月2日閲覧。
  13. ^ 仙台市博物館市史編さん室『せんだい市史通信』第31号。
  14. ^ 矢部園茶舗 | YABE-EN.com
  15. ^ 桃生のお茶・漬物”. 河南桃生商工会. 2015年6月2日閲覧。
  16. ^ “北上川背に新茶キラキラ 石巻”. 47NEWS. http://www.47news.jp/CI/200705/CI-20070522-6594348.html 2015年6月2日閲覧。  [リンク切れ]
  17. ^ 矢部園茶舗「伊達茶」仙台-伊丹便の機内ドリンクに アイベックスが復興支援 - 河北新報
  18. ^ 東北の銘茶「宮城の富谷茶」をまちおこしの軸に 若い世代にPR - 産経新聞
  19. ^ 「富谷茶」江戸時代から復活へ 2020年の開宿400年に向けて始動 - 河北新報
  20. ^ 「富谷茶」復活、技術で加速 日本製紙グループ会社、市と協定 - 河北新報
  21. ^ 梶原茂兎悦「北限の茶園 (PDF) 」 『茶の湯文化学会会報』第24号、茶の湯文化学会、2000年3月23日、 1-3頁、2015年12月6日閲覧。
  22. ^ 桧山茶を伝え・残す 桧山茶フェスティバルについて”. 2015年6月2日閲覧。
  23. ^ “「北限の檜山茶」絶やさず”. 北羽新報. (2014年7月16日). http://www.hokuu.co.jp/2014kiji7/16-20.html 2015年6月2日閲覧。 
  24. ^ 〝北限のお茶〟檜山茶を守り伝えるため山の斜面を茶畑にしたい。城跡、松並木がお茶づくりを引き立てます。 - FAN AKITA(ファンあきた)
  25. ^ 松ヶ岡開墾場”. 山形県. 2015年6月2日閲覧。
  26. ^ “開墾場に若葉輝く 市民が茶摘み楽しむ”. 荘内日報. (2014年6月1日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2014:06:01:5998 2015年6月2日閲覧。 
  27. ^ せちばる茶の歴史
  28. ^ 平成19年度産茶生産量(農林水産省統計) (PDF)
  29. ^ 津志田藤二郎 2003, p. [要ページ番号].
  30. ^ 綱島理友 『猫めしのサジかげん』朝日新聞出版、1996年7月。ISBN 978-4-02-256977-6  [要ページ番号]
  31. ^ “「瓶 お~いお茶 玉露 」”. 伊藤園プレスリリース. https://www.itoen.co.jp/news/detail/id=24497 2017年8月10日閲覧。 
  32. ^ “「瓶 お~いお茶 氷水出玉露」”. 伊藤園プレスリリース. https://www.itoen.co.jp/news/detail/id=24663 2017年8月10日閲覧。 
  33. ^ “2000倍の価値を認めさせた、30万円の緑茶ボトル”. 日経ビジネスオンライン. http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/020900110/021300003/ 2017年8月10日閲覧。 
  34. ^ a b c d 和束町茶業年表 和束町役場
  35. ^ 茶業の不振と紅茶生産(明治中期の茶業) 和束町役場
  36. ^ a b c 日本茶輸出の略史 和束町役場
  37. ^ “和食ブーム 緑茶と日本酒の輸出額最高 16年”. 毎日新聞ニュースサイト(2017年1月30日). https://mainichi.jp/articles/20170131/k00/00m/020/099000c 2017年8月19日閲覧。 
  38. ^ スタイリッシュに日本!茶茶茶/コーヒー店さながらの専門店続々「和+洋」で女性ファン増やす『日経MJ』2017年8月7日トレンド面



日本茶

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:10 UTC 版)

名詞

  にほんちゃ

  1. 緑茶

関連語


「日本茶」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



日本茶と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

日本茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの日本茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS