ばたばた茶とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ばたばた茶の意味・解説 

ばたばた茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/18 01:47 UTC 版)

ばたばた茶(ばたばたちゃ)は、バタバタ茶とも書き、富山県下新川郡朝日町で生産される(後発酵茶、黒茶)。富山県北部と新潟県糸魚川地域で飲まれている。


  1. ^ a b 『大石貞男著作集1 日本茶業発達史』農山漁村文化協会、2004年。ISBN 4-540-03162-7 p.59-63
  2. ^ 松下智『日本茶の伝来』淡交社、1979年、pp.102-106
  3. ^ 日本茶の図鑑 日本茶業中央会 2014.6 ISBN 978-4-8399-4813-9 p.45
  4. ^ 『大石貞男著作集1 日本茶業発達史』農山漁村文化協会、2004年(初出は1983年)。ISBN 4-540-03162-7 p.60


「ばたばた茶」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ばたばた茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ばたばた茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのばたばた茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS