香合とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 容器 > 香合の意味・解説 

こう ごう かうがふ [0] 【香合・香盒

香を入れるふた)つきの容器木地漆器陶磁器などがある。香箱

香合

読み方:コウアワセ(kouawase)

合物六種の香の種類かぎわけてその名をあてる遊戯


香合

読み方コウゴウ

香を入れる蓋付き容器練香入れの陶磁器名物には青磁交趾赤絵染付、祥端など、和物には楽焼志野織部黄瀬戸伊賀信楽などがある。

香合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 03:38 UTC 版)

香合(こうごう)とは、を収納する蓋付きの小さな容器茶道具の一種であり、また仏具の一種でもある。香蓋とも書かれるが当て字。また合子(ごうす、ごうし)ともいう。






「香合」の続きの解説一覧



香合と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「香合」の関連用語

香合のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



香合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2020 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの香合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS