工夫茶とは? わかりやすく解説

工夫茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/15 10:16 UTC 版)

中国の茶の文化」の記事における「工夫茶」の解説

詳細は「en:Gongfu tea ceremonyを参照 「工夫茶」は中国人気のあるいれ方である。見た目良くし、味をまろやかにするとして100–150ml(4-5 fl.oz.)しか入らない宜興泥」でできた小さな急須使用する。この急須によるいれ方は個人楽しむ他、客をもてなすこともできる中国地域によってのいれ方や道具が違う。例え台湾式工夫茶ではピンセットのようなものや茶こし使用するなどさらに手間がかかるこの手順は烏龍茶をいれるのに適しているが、プーアル茶発酵茶をいれる際に用いられる

※この「工夫茶」の解説は、「中国の茶の文化」の解説の一部です。
「工夫茶」を含む「中国の茶の文化」の記事については、「中国の茶の文化」の概要を参照ください。


工夫茶(茶芸)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 09:55 UTC 版)

中国茶」の記事における「工夫茶(茶芸)」の解説

工夫茶(功夫)(zh:工夫茶)は茶芸のひとつで、現在、最も普及している茶芸である。もともと明から清代福建省生まれ半発酵茶である烏龍茶淹れる手法として発達してきた。そのため、烏龍茶青茶)以外を淹れるのには適さないが、現在では烏龍茶外でも工夫茶の手順で淹れる者が多い。紅茶である正山小種英徳紅茶産地では工夫茶として飲まれている。工夫茶の基本的な手順以下のとおり。なお、工夫茶では香り楽しむことを優先するため、沸騰した湯を用いることが多い。ただし、泡が出るほどに熱した湯は酸素不足淹れるのには適さないとされる。 元々はものぐさな文人が、水差し墨ばさみ道具乾かすためのすのこ、筆をほぐすための楊枝など、手身近にあった書道道具お茶淹れようとしたのが始まり、という説がある。 茶壷急須)、茶杯小さな湯呑み)、茶海大ぶりの器)、聞香杯細長い器)などの茶器茶盤もしくは茶船)に並べ熱湯注いで茶器全体暖める。各茶器の湯は使用寸前に捨てる。 茶壷茶葉入れ、高い位置から熱湯茶壷から溢れるほどまで注ぐ。 茶杓竹べら)を用いて茶壷浮かんだ泡を取り除いてから、茶壷ゆっくりと蓋をする温度を一定に保つため、再度茶壷に湯をかける。 茶葉充分に蒸らしたら、濃度一定に保つために茶海最後の一滴まで注ぐ。 茶海から聞香杯を注ぐ(聞香杯を使うのは台湾風習)。 聞香杯から茶杯移し聞香杯残った香り楽しむ。 茶杯から飲み残り香楽しむ。 二煎目以降は蒸らし時間延ばして淹れる。よい茶葉であれば開ききるまで淹れることが可能。 烏龍茶淹れる場合でも「最初に注いだ湯をすぐに出す」と洗をする場合もある。反対に茶葉の持つ最初の香り逃さないようにとの配慮から洗行わない場合もある。

※この「工夫茶(茶芸)」の解説は、「中国茶」の解説の一部です。
「工夫茶(茶芸)」を含む「中国茶」の記事については、「中国茶」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「工夫茶」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「工夫茶」の関連用語

工夫茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



工夫茶のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中国の茶の文化 (改訂履歴)、中国茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS