鴛鴦茶とは? わかりやすく解説

鴛鴦茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/25 00:30 UTC 版)

鴛鴦茶(えんおうちゃ、広東語:ユンヨンチャー)は、香港で一般的な飲み物で、紅茶コーヒーを混ぜ合わせたもの。広東語では「鴛鴦」(ユンヨン)と略すことが多い[1][2]。日本語ではコーヒー紅茶と呼ばれる場合もある。多くは、砂糖無糖練乳をたっぷり加えて飲むため、「鴛鴦奶茶」(えんおうだいちゃ、広東語:ユンヨンナーイチャー)とも呼ばれる(奶は乳の意)[3][4]


  1. ^ 張勵妍、倪列懐 編、『港式廣州話辭典』p174、萬里書店、1999年、香港、ISBN 962-14-1457-1
  2. ^ a b 鄭定欧 編、『香港粤語詞典』p251、江蘇教育出版社、1997年、南京、ISBN 7-5343-2942-6
  3. ^ 歐陽應霽、『香港味道2 不脱絲襪的奶茶』p99、萬里機構・飲食天地出版社、香港、ISBN 978-962-14-3512-5
  4. ^ 犀文咨詢 編、『人气茶餐厅美食精选』p8、中国紡績出版社、北京、ISBN 978-7-5064-6888-6
  5. ^ 工藤孝文、元デブ医者が教える おいしく飲んでみるみるやせる 緑茶コーヒーダイエット、2018年、日本実業出版社
  6. ^ 「1日3回食前に飲むだけ!やせ物資が相乗効果を発揮する緑茶コーヒーダイエット」『壮快』2018年12月号pp162-163、廣済堂
  7. ^ 白宛如 編、『廣州方言詞典』p358、江蘇教育出版社、1998年、南京南京、ISBN 7-5343-3434-9


「鴛鴦茶」の続きの解説一覧

鴛鴦茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/15 21:39 UTC 版)

香港式ミルクティー」の記事における「鴛鴦茶」の解説

香港式ミルクティーコーヒー加えると鴛鴦茶(えんようちゃ)となる。香港式ミルクティー以上に香港独特の飲み物である。 なお、香港には、コーヒーにも、木綿ろ過袋でこした「ストッキング・コーヒー」(絲襪咖啡、シーマッ・ガーフェー)と呼ばれるものもある。

※この「鴛鴦茶」の解説は、「香港式ミルクティー」の解説の一部です。
「鴛鴦茶」を含む「香港式ミルクティー」の記事については、「香港式ミルクティー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鴛鴦茶」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

鴛鴦茶のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鴛鴦茶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鴛鴦茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの香港式ミルクティー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS